ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 季話§菜虫化蝶〜七十二候〜啓蟄

<<   作成日時 : 2013/03/15 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

啓蟄の末候“菜虫化蝶(なむしちょうとなる)”である。

というわけで、我が家前の辛夷並木が水曜日あたりからほころび始め
てしまった。大雑把に平年より一週間くらいは早いだろうか。という
ことは桜の開花も早まって、ひょっとしたら春彼岸の中日頃には開花
するんではなかろうか。

などと書いたが、その舌の根も乾かない昨日の朝方、我が家のあたり
で数分ほどだが雪がはらはらと舞ったのだった。まさに、冬の抵抗。

三寒四温とはよく言ったもので、この時期はまさに冬と春が入れ替え
戦の鬩ぎあいをしているのである。日曜日のように夏日の午前がある
かと思えば、午後には一気に10度も下がるという、眼に見えない空の
上で壮絶な争いが行われているのだろう。

そんな天気模様にもかかわらず、今週初めに開きだした我が家近辺の
辛夷は、いくつかが綿帽子から完全に飛び出して開花していたのだ。

来週は春彼岸、春分の日である。ここで寒さに終止符が打たれる段取
りのはずだが、すんなりと寒さが舞台から立ち去ってくれるものか、
彼岸のお中日には、ほころんだ桜花を眺めることができるのか、それ
は……来週の心なのだ〜♪

《七十二候のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
季話§菜虫化蝶〜七十二候〜啓蟄 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる