ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 惜話§夏季休暇〜ベルリン変貌〜

<<   作成日時 : 2013/10/21 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

10年ぶりのベルリンなので中央駅に降り立つのも初めてである。とい
うか、ドレスデンからの経路がずいぶん変わっていて、かつては大回
りに東駅、アレキサンダー広場を経由してツォー(動物園)駅に向かう
のがお約束だったところ、ベルリンの南端からショートカット北上し
て、気がついたら中央駅地下に着いていた。

↓首都の中央駅、無駄に立派だぜといったら怒られるだろうか
画像

10年前にポツダム広場地下で工事現場を覗けるようになっていたが、
あの線路が中央駅に繋がっているとはである。

駅舎からタクシー乗り場に移動しながら、軽く“おのぼりさん”状態
な自分に気がついた――心の準備ができていなかったとも言う――。

で、タクシー乗り場にたどり着いて乗り込む。ホテルの場所を言うが
運転手が理解していない。それじゃあ近くにある有名ホテルの名前を
言うと“合点承知”で走り出す。と、いきなり地下トンネルへと入っ
ていった。さて、どこで地上に出るのだろうと思っていたらティアガ
ルテンの東端で地上に……だが、まだ“ここはどこ?”状態である。
と、車が角を曲がったところで、どこを走っているのかがわかった。

画像

2005年に完成したホロコースト記念碑――正式名称:虐殺されたヨー
ロッパのユダヤ人のための記念碑
――の通りだったのである。同居人
に教えていると、運転手も「ホロコーストの……」と一言。

徐々にホテルが近づいてきているが、相変わらず工事だらけである。
と思えば、既に新しい建物も並んでいたりして、やはり10年ぶりとい
うのは浦島太郎状態なのだと痛感しつつホテルに到着した。
                            [続く]

《ドイツのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
惜話§夏季休暇〜ベルリン変貌〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる