ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 礼話§居酒屋“渡津海”からの挨拶状

<<   作成日時 : 2014/11/06 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

30年以上お世話になった、神楽坂の居酒屋“渡津海”が閉店したのは
7月末のこと。

画像

その渡津海から閉店の挨拶状が届いた。閉店にあたっての残務整理に
忙殺されてしまい……というお詫びも書かれていたが、何やかんやと
手間のかかることであっただろうと推察している。

それにしても、個人の店が閉まることは寂しい……自分の力で営々と
築いてきたものが、老いという現実の中で決断を迫られてしまうのだ
から。

だから先日書いた、明治以来四代、百年超という“L”のような店は
稀有なケースとして賞賛されてしかるべきなのである。同時に、孤軍
奮闘で、30年超という長きに亘って店を維持してきた渡津海のことも
また賞賛されて当然なのだ。

意気やよしで開店してはみたものの、半年ももたずあえなく閉店……
なんていうのは、神保町あたりでも日常茶飯だったりする。5年10年
と店を継続させるなど、半端なく大変なことだと思い知るのである。

我がサラリーマン人生も残り一年を切って、間もなくあと10か月……
が近づいてきた。37年を数えようとする会社生活で、お世話になった
酒を呑む店の数は、それほど多いとは言えない。そんな中にあって、
“渡津海”や“L”のように、長年お世話になるという幸運な店は、
さらに少ないということなのだ。

《居酒屋のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
礼話§居酒屋“渡津海”からの挨拶状 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる