ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 懐話§尾瀬草紅葉[8]さよなら尾瀬沼

<<   作成日時 : 2015/10/21 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

明けて28日、少しのんびりして8時過ぎに長蔵小屋を後にした。尾瀬
沼北岸を歩き、沼尻から白砂田代経由で尾瀬ヶ原に向かうのである。

画像

尾瀬塚あたりで振り返ると、森の中に長蔵小屋本館があるのを認めて
“また来ますよ”と別れを告げた。

画像

森の中に入って10分も歩くと浅湖田代にさしかかる。木道から沼まで
はやや離れていて沼の面が辛うじて見えるくらい。静けさが取り得の
空間である。その後、小湿原を通りながら撮ったのが、皿伏山と……

画像

……東山魁夷風が再びという下の写真もまた、お約束の一枚である。

画像

そして沼尻湿原が近づいてきたところで見上げると、燧ヶ岳頂上付近
の雲が切れていたのでズームを一枚。眼を凝らすとナデっ窪を直登す
る登山道が見えていた……思えば元気だった50年前に、こいつを登っ
て燧を登頂したのだった。もちろん、膝を痛めた今は無理なことだ。

画像

それで、いつもだったら沼畔にある沼尻休憩所で一服して先を目指す
ところだが、折り悪いことに上山する数日前に、機材の過熱か何かが
原因で休憩所が全焼したのだった。

画像

この日も、長蔵小屋のスタッフが焼け跡で燃え残った柱などの後片付
けに精を出していたが、尾瀬ヶ原との中継地点の休憩所として重宝さ
れているのは間違いないので、来年の雪融けから再建工事に入って、
速やかに営業の再開をしてほしいと願っている。

かくして尾瀬沼に別れを告げて、尾瀬ヶ原への道を辿ることにした。
                            [続く]

《尾瀬のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
懐話§尾瀬草紅葉[8]さよなら尾瀬沼 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる