ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 懐話§尾瀬草紅葉[24]温泉三昧-U-湯の花

<<   作成日時 : 2015/11/27 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

木賊温泉の岩風呂から、宿泊先の湯の花温泉へは、2007年に完成した
唐沢トンネルのおかげもあり、10分ちょっとで到着。

旅館の駐車場に入ったのは14時前。宿の人が用事で外出していたよう
だったが、ほどなく戻ってきてチェックイン。まずは旅館の内風呂。
尾瀬3泊の間、入浴はできたが石鹸を使って洗うことはできなかった
ので、盛大に全身を洗いまくった。

すっきりしたところで集落に4軒ある共同浴場巡りに出かけることに
したのだが、まずは最寄りの商店で200円の共通入湯券を買った。

画像

これ1枚でこの日一杯、どこでも自由に入って回れるので、烏の行水
系としては何ともありがたいく、さっそく入湯券の後ろに見える天神
湯をに入る。

時間が時間なので誰も入ってはおらず、小ぢんまりとしたコンクリー
ト製の湯船には透明な湯が満々とたたえられ、一人伸び伸びと入る。
時折、湯ノ岐川から秋風が流れ込んでくるのも心地よい。

画像

次に入ったのは弘法湯。小ぶりな銭湯という感じで実に清潔。浴場の
管理がきちんとなされていることに感心し、合わせて大感謝である。
湯端の湯は少し離れていたので、今回は断念。3湯目は石湯だった。

画像

写真のように巨大な岩と湯屋が合体していて、何ともシュールな光景
に驚かされた。中に入ると、壁に岩を食い込ませるようになっていて
ダイナミックな雰囲気満点。

ここは入った3湯中で一番湯温が高く、先客の老人から聞いた話では
膝や腰に効くということから、これ幸いとばかり湯に浸かるが、さす
が熱くて長湯はできず、浴槽に腰かけ膝から下の足湯をしたのだが、
何となく効果はあったようで、その時点で膝の痛みは消えていた。

宿に戻ると夕食が待っていて、ビールの大瓶を1本と冷酒1本を呑み
ながら、イワナやらこんにゃく、舞茸などなどをつまみつまみ。最後
は南会津の蕎麦を手繰って満腹。

締めに入ったのは宿の露天風呂で、川風がひんやりとしてのんびりと
疲れを癒すことができた。日付が変われば東京へと戻るのである。
                            [続く]

《尾瀬のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
懐話§尾瀬草紅葉[24]温泉三昧-U-湯の花 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる