ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 移話§雪下出麦〜七十二候〜冬至

<<   作成日時 : 2016/01/01 00:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

冬至の末候“雪下出麦(ゆきわたりてむぎいずる)”である。

去年と同じく、2016年の最初となる候も元旦とぶつかった。少しずつ
季節は春へと転じていくのが新年だという感じを抱いているが、その
感覚はそれほどはずれていないのではと思っている。

画像

上は、東京における今月の日の出と日没時刻の表だが、何度も書いて
いるとおり、日没時刻は既に12月中旬から遅くなり始めているが、そ
こから一か月遅れの中旬には、日の出時刻も早まっていく。

寒さの底はもう少し先、3月頃までは厚い上着での外出の日々だが、
空気感は春を思わせる何かが増えていってくれるようだ。そういえば
我が家前のコブシ並木の枝々にも綿帽子が増えていることに気がつい
て、3月終わり頃の桜と辛夷の競演が待ち遠しい。

……去年一年は“化話”での連載だったが、2016年の一年は“移話”
と頭だけ変更して書き継いでいくことにする。

《七十二候のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
移話§雪下出麦〜七十二候〜冬至 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる