ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 歳話§初めての定年[32]家にあって

<<   作成日時 : 2016/06/09 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

定年後の夫の居場所が家にない……よくある話なのかどうか、それは
わからない。

個人的には、定年前の休みだった土日の2日間から5日間と倍以上に
増えたという程度の認識である。そこから考えるならば、これまでの
土日の居場所がそのままの居場所として有効じゃんと思うのである。

ただし家にいるためには、それなりに家の中のあれやこれやは分担し
て行わなくてはならないが、相変わらず不徹底なところだらけで申し
訳ない。

できるだけ迷惑をかけることなく、家の中の諸事もこなせるようにな
らねばと思ってはいるものの、道半ば以前の状況である。

そうではあるが、同居人もよくしたもので、我が身が家にあることを
可なるべしとしてくれている。まあ、これまでの来し方からすれば、
そうなるとは思っていたけれど、結婚33年というもの、週に5日間の
会社勤務をしてきた人間にとっては、すんなり居場所ができるものか
と、少しばかりだが不安を感じていたのは正直な話だ。

とまあ、世間的に定年後の男が何とも困った存在であり、さらに本人
も為す術が見つからないという二重に塞がった状況が一般的だが、定
年から間もなく9か月……どうにか自分の立ち位置は確保している。
                            [続く]

《定年のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
歳話§初めての定年[32]家にあって ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる