ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 移話§梅子黄〜七十二候〜芒種

<<   作成日時 : 2016/06/16 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

芒種の末候“梅子黄(うめのみきばむ)”である。

芒種が終わると次は夏至である。じたばたしても暑い夏はやって来る
から、暑さをやり過ごす方策を施して日々を送っていかねばならぬ。

日一日と夏らしい世間になっていくようで、木々の緑は既に真夏の色
になってしまったようだが、これはかなり残念なこと。桜が満開を誇
るのと同様に、若葉の匂い立つような明るい緑は、何にも代えがたい
心地よさを我々に与えてくれる。

だから夏の盛りの緑の葉は、既に老いた緑と感じられ、こうして季節
は容赦なく移ろっていく事実をまざまざと知らしめるのだ。

だが今の緑は、壮年を前にした……辛うじて若さの片鱗が残っている
そんな色なのだ。4月半ばに若葉が芽吹いて2か月余、我が家の周囲
の樹木は、夏の緑を謳歌している最中である。

《七十二候のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
移話§梅子黄〜七十二候〜芒種 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる