ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 移話§鴻鴈来〜七十二候〜寒露

<<   作成日時 : 2016/10/08 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

寒露の初候“鴻鴈来(こうがんきたる)”である。

JR南武線へと乗り換える京王相模原線の駅舎の中でツバメが営巣し
ていた。しかも器用なことに、カメラの上にというものなのである。

画像

8月初めのことだったが、巣からずいぶん大きくなった雛鳥が口を開
けて餌を待っているのが見えていた。

2週間前、9月最終土曜日にも通りかかったが、巣の中は空っぽでは
と思われ、南方に渡っていってしまったのではないかと思ったのだ。

そうして“鴻鴈来”という言葉のとおりに、越冬する渡り鳥がやって
来て、季節が移ろっていくのである。

《七十二候のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
移話§鴻鴈来〜七十二候〜寒露 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる