ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 江話§上京日記[7]題名のない音楽会の録画

<<   作成日時 : 2016/12/26 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

さて、予備校に通いつつ東京という空間の活用も始めた。かねてより
上京したら行こうと思っていたのがテレビ番組『題名のない音楽会』
公開録画である。

これは郵便で申し込むと、2週間に一度行われる公開録画の招待券が
送られてきて、しかも入場無料なのだ。公開録画会場は渋谷公会堂で
下宿からも遠くなく、1回の公開録画で2週分を撮っていたのだ。

当時の司会は黛敏郎で、この人の思想的言動にはまったく共感できな
いものだったが、番組の司会としては適材だったと思っている。

この公開録画のおかげで、様々なアーチストの実演に接することがで
きたのは、ありがたい経験だった。初めての公開録画では、ゲストが
作曲家で指揮者の山本直純で、当時彼が司会をしていた『オーケスト
ラがやって来た』仕立てのプログラムだった。

その他、多彩なゲストが登場した。歌舞伎では中村吉右衛門が出演し
て『ワルキューレ』終幕、ヴォータンとブリュンヒルデの別れの場面
を朗読したり、坂東玉三郎が出た時は入場待ちの列が渋谷公会堂正面
入口から渋谷税務署まで伸びていたのである。

さらには、三波春夫や森進一が、そして尾崎紀世彦まで登場したが、
個人的に最も印象に残ったのは、新潟から門付芸人の高田瞽女3人が
出演した時だった。その後、おかげで高橋竹山の津軽三味線の実演を
聴いたりと、その方面への興味を伸ばすきっかけにもなった。

↓この番組の録画直後に岩波ホールでライブが行われた
画像

                            [続く]

《東京のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
江話§上京日記[7]題名のない音楽会の録画 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる