ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 街話§神保巷塵[40]気がつけば店の消長

<<   作成日時 : 2017/02/14 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

月に一度か二度の神保町通いでは、なかなか町の様子を把握すること
はできないなあとしみじみ思う。

そうして歩いていると、あっと思ったら別の店に変わっていることに
気がついて慌てふためくのだ……先月だったか、古巣の会社近くの路
地裏を歩いていたら、ランチタイムは利用したが、さすがに会社に近
過ぎて夜の酒を遠慮していた小ぶりな居酒屋が閉店していて、能がな
いことに――神保町では特に顕著に思えるのだが――豚骨ラーメンの
店に変わっていてショックを受けたのだ。

このところ神保町では、古い店が閉まるとラーメン屋に変わってしま
うようで、靖国通りでも古書店のほとんどない北側を歩くと、数軒ご
とにラーメン屋が営業しているように見えてしまうくらい、それほど
ラーメン屋だらけになってしまっている。

正直に言えば“嘆かわしい”というもので、まあいずれは淘汰されて
それなりの店が残ることにはなるだろうが、個人的にはそんなラーメ
ン屋に行くくらいなら、餃子の三幸園に繰り込んで焼き餃子をビール
で流し込み、その締めにB級中華そばを啜り込めば、それで“ワタシ
的神保町”が完結するのだが!
                            [続く]

《神保町のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  ビッグイシュー基金      
街話§神保巷塵[40]気がつけば店の消長 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる