ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 告話§ビッグイシュー307号発売中!

<<   作成日時 : 2017/03/15 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ビッグイシュー307号は3月15日から発売されています。お買い求
めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。
180円が販売者の収入に。どこにもない食堂が表紙。

画像

【内容の一部】

スペシャルインタビュー ヴィゴ・モーテンセン

リレーインタビュー 鈴木おさむ(放送作家)

特集 どこにもない食堂――誰もがふさわしい場

ただめし、シェフが日替わり、多彩な性の人々、サインで注文そんな食堂が生まれている。

「未来食堂」(東京・神保町)は、カウンター12席だけの日替わり1種だけの定食屋。50分の手伝いで1食分が無料になる「ただめし」券を発行“誰もが受け入れられ、誰もがふさわしい場所”をつくろうとしている。

「コムカフェ(comm cafe)」(大阪・箕面)は、外国人市民が日替わりでシェフとなり、多文化な家庭料理を提供。素の自分でいられて、仲間ができる居場所でもある。

「irodori」(東京・渋谷神宮前)は、LGBTの人たちが働き、多様なセクシュアリティ、年齢、国籍を超えた人々が集まる“アジアンビストロ”。

「サイン・ウイズ・ミー(Sign with Me)」(東京・文京区本郷)は、手話が公用語で、ろう者が接客し、聴者から「ありがとう」と言われる評判のスープ食堂。

どこにもない“ユートピア”食堂へ、ようこそ! 4つの食堂の、起業と日々の経営に込められた思いを聞いた。


↓特集の内容の一部
画像

[WORLD STREET NEWS 世界短信]
オーストラリア、コアラの受難

ケン・ローチ監督インタビュー
         『わたしは、ダニエル・ブレイク』撮影現場から

監督インタビュー 『標的の島 風かたか』 三上智恵

ワンダフルライフ 文具店「ぷんぷく堂」は夜開く――櫻井有紀さん

今月の人 米国・ポートランド
     カナダ『メガフォン』誌販売者 フレッド・ウィリントン

宇宙・地球・人間――池内了の市民科学メガネ
              なぜ? 自由市場モデルは破綻する?

浜矩子の新ストリート・エコノミクス 会議好きの議会嫌い

コミック 『マムアンちゃん』 ウィスット・ポンニミット

被災地から 避難児童へのいじめ、避難直後から各地で発生

枝元なほみの悩みに効く料理
        ラーメン店が閉店するので寂しい――揚げ豚の南蛮
                           [その他]

ビッグイシュー基金

《ビッグイシューのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  ビッグイシュー基金      
告話§ビッグイシュー307号発売中! ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる