ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 床話§おねむの時間

<<   作成日時 : 2017/04/17 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

“老人の早起き”が定着して10年くらいになるだろうか。それに伴っ
てなのかどうか、ベッドに入る時間も早くなっていった。

当然というわけで、21時前後には眠くなってしまうのだ。この間も、
21時に放送が始まった歌舞伎の中継録画を寝ころんで眺めているうち
に居眠りを始めてしまい、同居人から歯を磨いてベッドに行くのだと
指示をされてしまったのである。

日の出時刻がずいぶん早くなってきたこともあってか、最近は5時半
頃が起床のタイミングになってきていて、それでも世間は明るいので
あまり気兼ねせずに起き出すのだ。

まあ、22時頃に寝れば睡眠時間は7時間を超えるので、十分過ぎてお
釣りがきてしまうくらい。

宮仕え時代は否応もなくだったが、午前様や朝帰りの日々であったの
に、五十代半ば前後から老人の早起きとなってしまったのは不思議。
だが、眠れないと悩むようなことはほとんどなく、何だかんだ言って
最低でも6時間の睡眠は確保しているのは上々であろう。

早寝になって少しばかり困るのは、クラシックの演奏会や歌舞伎公演
夜の部の終演時刻が21時頃というあたりで、帰宅の電車に乗るあたり
では既に眠い状態となっているが、何とか持ちこたえて家にたどり着
くのである。

《日常のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  ビッグイシュー基金      
床話§おねむの時間 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる