ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 週話§土曜片々〜E電〜

<<   作成日時 : 2017/05/13 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1987年3月31日、日本国有鉄道(国鉄)が事実上の廃止。翌4月1日に
はJR東日本をはじめとして、分社化となった。

そんな国鉄という過去を払拭しようと考えたのであろうJR東日本が
打ち出したのは“国電”という呼称をやめて新しい別の名称をと募集
した候補作の中から“有識者”なる意味不明な人たちが選び出したの
が、応募数20位だった“E電”だったのである。

そして1987年5月13日に国電からE電へと移行したのだが、この選択
が現実と乖離していたのは言わずもがなで、およそ利用者のほとんど
全員が馬鹿にして使おうとはせず、何とも哀れな末路を辿ったのだ。

これほど“発表と同時に死語”となった例もあまり聞かない。そして
ちょうど30年が過ぎたけれど、社内的にはE電という呼称はいまだに
存在しているのだろうか。

なおそれに近い失敗作として、新国立劇場の愛称を“オペラパレス”
と麗々しく発表したが、当局は様々な機会に必死になって使っている
けれど、間違いなく客のほとんど全員からは無視されて、何と呼んで
いるかといえば“新国”であり、オペラパレスという愛称は縮められ
て“ペラパ”などとと馬鹿にされて呼ばれるのがせいぜいなところで
何らマーケットリサーチが生かされない無意味なことばかりなのだ。

《鉄道のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  ビッグイシュー基金      
週話§土曜片々〜E電〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる