ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 豪話§今日は大相撲五月場所三日目へ

<<   作成日時 : 2017/05/16 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

横綱稀勢の里が誕生したことで、大相撲本場所のチケット取りが熾烈
を極めた。ようやく繋がって取れたチケットは本日三日目の椅子席B
というもの。

千秋楽と初日、七日目と中日八日目という土日から順に売り切れてい
き、平日も後半戦よりは前半のほうが取れそうだいうことで、この日
になったのだ。

4横綱(白鵬、日馬富士、鶴竜、稀勢の里)という陣容は、豪華そうに
見えて、実は儚いものが感じられる。現実に2か月前の大阪三月場所
では、横綱2人が途中休場となってしまった。

1984年生まれ33歳の日馬富士を筆頭に、1985年生まれの白鵬、鶴竜。
そして、1986年に生まれた稀勢の里まで、全員が三十代なのである。
力士寿命が長くなってきたとはいえ、三十代は黄昏の年齢で、相撲を
取り続けてきた肉体は衰えが目立ちつつあるのだ。

白鵬が横綱に昇進したのは2007年七月場所のことで、ちょうど10年が
経ったことになる。つまり4人目の横綱までの間隔がそれだけ空いて
いれば、さすがにガタが来てしまっているのは無理ないことだろう。

というわけで、4横綱の時期は短いと相場が決まっていて、考えたく
はないけれど、そう遠くない時期に一人減り、二人減りという現実を
見る可能性は小さくないのである。

《相撲のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  ビッグイシュー基金      
豪話§今日は大相撲五月場所三日目へ ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる