ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 街話§神保巷塵[41]とある日のランチョン

<<   作成日時 : 2017/05/24 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

ゴールデンウィーク明けの火曜日の夕方、神保町に行ってきた。この
日、同居人は高校の同級生と会うことになっていたので、それぞれが
自由行動なのだった。

月に2回ほどの神保町上陸なので、夕食を何にしようかと悩んだ。せ
っかく来たのだから、あの店にもこの店にも行きたいと考えた揚句の
苦肉の策として……まずランチョンに向かった。

それで注ぎ場にいた四代目に向かって「1杯で帰る!」と宣言したら
「お客さん、座って呑むんですか?」と聞いてきたので「これを一度
したかったんだ」と宣言しつつ、注ぎ場カウンターの前に立って1杯
もらい呑んだのである。

画像

それが上の写真だが、早い夕方でお客さんも3組ほどしかいなかった
がゆえの所業であることは元より承知のこと。

というわけで、アサヒのマルエフ1杯で店を出ての2軒目は、餃子の
三幸園である。もちろん、中生ジョッキに焼き餃子を注文したのだ。

画像

焼きたてで熱いところをハフハフと口に運びつつビールをぐびぐびす
るのは在職時代と変わることがない。本当はもう1杯中生を呑みたい
ところだったが辛うじてセーブし、紹興酒を常温で一合もらう。

締めは最近のお約束とて、軽く半チャーハンで納め、お勘定は2000円
ちょうど……ランチョンの生1杯と合わせて2650円とリーズナブルな
神保町はしご酒であった。
                            [続く]

《神保町のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
街話§神保巷塵[41]とある日のランチョン ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる