ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 隔話§このたびの時差ぼけは

<<   作成日時 : 2017/07/06 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ヨーロッパに向かって西に飛び、現地に到着した後の時差ぼけは、比
較的穏便に収まることが多いのに比べて、東に向かって飛び、帰国し
た時の時差ぼけが、なかなか収まってくれないと感じるのはなぜか。

今回もその例に漏れず、アムステルダム滞在中に到着後の時差ぼけは
ほぼ解消してくれたが、帰国後の時差ぼけがようやく解消したかなと
実感できたのは、羽田に着いて一週間が経った一昨日火曜日のことで
先週水曜日に帰ってきてちょうど一週間が過ぎていたわけだ。前夜は
22時半に寝て、目覚めたのが6時過ぎ……これで平常ペースというこ
とになるだろう。

ちなみにここ何年かだが、到着した日の睡眠はかなり良好で、22時頃
床に就いて、一度も目覚めず6時頃に起きるというもの。これは毎年
さほど変わっていないが、問題は翌日以降なのだ。

何と言うか、日々の起床時刻がバラバラになってしまって、8時過ぎ
まで寝ていたり、逆に5時前に起きてみたりと一定しないのである。

これはもう今さらながらだが、一週間は時差ぼけ状態にあるという現
実を受け留めて解消を待つしかない。宮仕え時代には、帰国翌日から
出社して仕事を始めていたが、それなりに体力が残っていたがゆえの
ことで、そうする必要のなくなった今は、もうひたすら“待つ”のみ
なのだ。

《老化のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
隔話§このたびの時差ぼけは ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる