ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 告話§ビッグイシュー315号発売中!

<<   作成日時 : 2017/07/15 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ビッグイシュー315号は7月15日から発売されています。お買い求
めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。
180円が販売員の収入に。怪盗グルーが表紙。

画像

【内容の一部】

スペシャル企画 『怪盗グルーのミニオン大脱走』

リレーインタビュー 辻井隆行(パタゴニア日本支社長)

特集 “手前みそ”万歳!――発酵DIY

成分の3分の1がタンパク質の大豆。味噌、醤油、豆腐、納豆などの原料として日本の食を支え豊かにし、海外では「畑の肉」「大地の黄金」とも呼ばれる。かつて、日本の水田には米(表作)、大豆(あぜ道)、麦(裏作)が植えられていた。

「日本の食卓が“米+大豆+麦の田んぼ三兄弟”で構成できる秘訣は発酵技術。発酵は錬金術」と語る小倉ヒラクさん(発酵デザイナー)に「発酵DIY入門」について聞いた。

東日本大震災以来“手前みそ”を作る人が増えつつある。しかし、大豆の国内自給率は7%。「国産の安全な大豆を食べたい」と1998年に始まった「大豆畑トラスト運動」(遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン)も全国52か所の生産地に広がっている。

そして、枝元なほみさん(料理研究家)からは“みそ達(たつ)への道”と題して、味噌と大豆を使った料理レシピが届いた。

発酵の奇跡を“手前みそ”の手作りを通して感じてみたい。


↓特集の内容の一部↓
画像

[WORLD STREET NEWS 世界短信]
米国「コート」縫製にホームレス女性25人雇用

ビッグイシューアイ 情報公開制度は「公益を追求するもの」
                 行政情報は国民共有の知的財産
            情報クリアリングハウス 三木由希子さん

ワンダフルライフ 月曜日だけ映画監督 本職は美容師
           心の成長描く映画を作りたい 桑田浩一さん

今月の人 『ビッグイシュー・ノース』販売者エイドリアン

浜矩子の新ストリート・エコノミクス 賃金上昇なき雇用拡大の怪

被災地から ニーズが高まる「子どもたちの保養事業」

宇宙・地球・人間――池内了の市民科学メガネ
           恒星は“核”の世界、惑星は“原子”の世界

コミック 『マムアンちゃん』 ウィスット・ポンニミット

枝元なほみの悩みに効く料理
  ボランティア活動、やめるべき?――ゴーヤーの味噌チーズ炒め
                           [その他]

ビッグイシュー基金

《ビッグイシューのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
告話§ビッグイシュー315号発売中! ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる