ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 蘭話§旅はなお[16]コンセルトヘボウ(上)

<<   作成日時 : 2017/07/21 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

正味3日の滞在も、あっという間に最終日となりにけるかも。今回の
アムステルダム行きを決めたのは、キリル・ペトレンコがコンセルト
ヘボウのオーケストラを振るとあって、そこにスケジュールをはめ込
んだのだが、旅行の出発直前にペトレンコ・キャンセルのメールマガ
ジンが届いたのだった。

そりゃないぜよ!と心の中で叫びつつ……で、誰が振るの?と見れば
クリスチャン・マセラルと、初めて聴く名前である。

プログラムは、前半がラドゥ・ルプーのピアノ独奏でモーツァルトの
ピアノ協奏曲第24番は変わらず、後半はリヒャルト・シュトラウスの
『家庭交響曲』から、同じくシュトラウスの『死と変容』とワーグナ
ーの『タンホイザー』序曲という何だか曲順が逆転したような構成に
なってしまっていた。

それでも“コンセルトヘボウのアコースティックだから”と気を取り
直しつつ、ホテルから徒歩数分の演奏会場に向かうのである。

↓コンサートホールには路面電車が似合う
画像

コンセルトヘボウの開演時刻は20時15分となぜか不思議な中途半端さ
で、その理由を知りたいものだが……と思いつつ、我が家で印刷した
チケットをバーコードリーダーで読み取ってもらい入場。

太っ腹なコンセルトヘボウということで、ホワイエには無料のドリン
クが用意されていて、誰でも飲むことができるのだが、今回は遠慮し
ておいた。
                            [続く]

《海外旅行のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
蘭話§旅はなお[16]コンセルトヘボウ(上) ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる