ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 蘭話§旅はなお[25]ホテルの注意書

<<   作成日時 : 2017/08/03 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

荷解きをしたところで、ホテル向かいにあるスーパーマーケットに行
った。車が行き来する道路を渡らずとも、Sバーンの駅が地下にあっ
てその地下通路を使えば悠々とたどり着ける。

画像

普段呑む機会がないビール3本を見繕って購入。右から0.85オイロ、
0.79オイロ、0.99オイロ……500ml瓶1本125円以下という感涙モノ。

ホテルの部屋に持ち帰り、ミニバーに入っている有料飲み物を適当に
移動して我がビールを冷やそうとしたら、写真のような注意書が目に
入った。

画像

画像

なるほど、飲み物が置かれた場所を見るとセンサーがありそうだ。慌
てて有料物を元に戻し、お印だけ恵んでもらった“お客様スペース”
にビールを押し込む。背が高いので難儀したが、何とか押し込んだ。

そんな作業をしている最中にドアがノックされて係員が入ってきた。
飲み物の補充に来たと言っていたが、間違いなくセンサーが反応した
ので偵察に来たに決まっている。

画像

画像

そうこうしているうち、同居人が浴室で何か発見したようで、呼ぶ声
が聞こえてきた。

画像

それが上の注意書で、これもご丁寧なことに各国語で書かれている。
バスタブに湯を張ってのんびり浸かりたいところだが、旅先ではシャ
ワーで十分である。それにむしろ日本語以上に中国語も必要ではない
かと思われるくらい、ホテルの中は中国人だらけだったのだ。
                            [続く]

《ビールのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  ビッグイシュー基金      
蘭話§旅はなお[25]ホテルの注意書 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる