ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 告話§ビッグイシュー321号発売中!

<<   作成日時 : 2017/10/15 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ビッグイシュー321号は10月15日から発売されています。お買い求
めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。
180円が販売員の収入に。アン・ハサウェイが表紙。

画像

表紙&スペシャルインタビュー アン・ハサウェイ

リレーインタビュー 山中哲男(インプレス)

特集 食SOS! フードバンクのいま

「貧困はまず食事に現れる」という。一方で、手つかずで捨てられる食品(食品ロス)が年間600万トンを超える日本。米国発の「フードバンク」は、賞味期限の迫る食品を企業から引き取り、福祉施設や生活困窮者支援の団体などに提供する市民活動だ。

2002年、日本初の「フードバンク」が東京で誕生、今、全国で80か所以上に広がる。

2003年発足の「フードバンク関西」はホームレス支援団体を手始めに、年間約200トンの食品をさまざまな団体に提供。「フードバンクかわさき」は、生活に困窮する個別世帯にも食料や日用品を配送。「フードバンク多摩」は、活動PRのため9月に1日「無料スーパー」を開いた。さらに、廃棄食材を使う英国の「リアル・ジャンクフード・カフェ」は、都市リーズだけで1週間に3万5千食を提供。

フードバンクの挑戦を通して、広がり深まる“食の貧困の現場”を知り、市民がどのようにかかわればよいのか、その解決への糸口を探りたい。


[国際記事]
ロンドン、グレンフェル・タワー大火災
              進まない被災者たちへの住宅供給


ワンダフルライフ 馬の生きる道を守る「馬森牧場」 菅野奈保美

被災地から ドキュメンタリー映画『被ばく牛と生きる』

浜矩子の新ストリート・エコノミクス
              パンドラの箱、最後に残るものは何?

宇宙・地球・人間――池内了の市民科学メガネ
               パズル:月から地球を見てみたら?

コミック 『マムアンちゃん』 ウィスット・ポンニミット

枝元なほみの悩みに効く料理 自分から謝ることが苦手です
                    ☆五麺のエビあんかけ☆

今月の人 セルビア『LiceUlice』販売者ミルコ・オンドリック
                           [その他]

ビッグイシュー基金

《ビッグイシューのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
告話§ビッグイシュー321号発売中! ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる