ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 週話§日曜片々〜いつ頃から気づくように〜

<<   作成日時 : 2017/12/10 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

特に、日没時刻が早くなったり遅くなったりということを強く意識す
るようになったのはいつのことだったか、ちょっと思い出せない。

小学生の頃は世の中身の回りに注意を払うことなどなかったからまだ
しも、中学校あたりでも意識した記憶がない……放課後のクラブ活動
を校庭でやっていたから、太陽が早く沈むようになったとか気づきそ
うなものだが、やはりその頃になってもないという記憶。

結局どうやら陽の長さを気にするようになったのは中年以降、五十代
を過ぎてからのようである。会社勤めをしていた時は、ほぼ一日中を
会社の中のデスクに座って仕事をしていたので、太陽の動向など気に
しようがなかった。晩飯を食べるのに外に出れば既に陽は沈んでいた
のである。

そして、このページで日出没時刻を簡単に調べられるようになってか
ら、一日の流れを意識するようになったのではないだろうか。加えて
朝早く目が覚めるようになったことで、まずは太陽が出てくる時刻が
意識の中に入ったのだ。

思えば二十代以前など、桜の花がどうしたなどと考えることなどまっ
たくなかったわけで、当然ながら日の出や日没もその範疇に入ってい
るから、そうしたことを気にするようになるには長い年月が必要なの
だと改めて思い知らされたのである。

《日常のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
週話§日曜片々〜いつ頃から気づくように〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる