ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 浄話§女性は大相撲の土俵に

<<   作成日時 : 2018/04/18 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2週間前のことである。大相撲巡業が京都府舞鶴市で行われた時に、
挨拶した市長が土俵場で倒れた。周囲にいた男性たちは誰一人として
対応できずにいたのである。

そこに一人の女性が土俵に上がって、即座に心臓マッサージを始めた
のだった。その女性は看護師だったということで当然の措置を行った
に過ぎない。その後、何人かの女性も土俵に上がったが、おそらくは
医療関係者だったと思われるのだ。

ところが、あろうことか心臓マッサージの最中に、場内アナウンスを
担当している行司が「女性の方は土俵から下りてください」という内
容のアナウンスをしたのだった。

何という間の抜けた、ないしは空気の読めない建前をアナウンスした
のかと思う。土俵場から動かせない容態の人間に対して、的確な対応
ができたのは、彼女だけだったわけで、そこに男女の差異はないでは
ないか。

スポーツという以上に興行の要素が高い大相撲の建前の一つに、女性
を土俵に上げないというものがあるが、それにどれほどの意味がある
ものか……どうも、客から指摘されて場内アナウンスされたらしいが
そんな指摘が馬鹿馬鹿しい事と考えなかったとは、つくづく間抜けな
話である。

意味を為さない原理原則に拘泥するあまり、失うものの大きさに気が
つかない……それが今の相撲協会のようで、これは同時に日本全体の
病理でもあるということなのだ。

《相撲のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
浄話§女性は大相撲の土俵に ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる