ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 告話§ビッグイシュー335号発売中!

<<   作成日時 : 2018/05/15 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ビッグイシュー335号は5月15日から発売されています。お買い求
めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。
180円が販売員の収入に。ポール・マッカートニーが表紙。

画像

表紙 ポール・マッカートニー

スペシャルインタビュー ポール・マッカートニー

リレーインタビュー 小林聡美(女優)

特集 樹木と対話

5月は新緑の季節。なぜか、街路樹や公園、森の若葉を目にすれば、さわやかな気持ちになる。樹木は草より古い植物。地球上のすべての生き物の生命を支えてきた、その命が輝く時だからだろうか。

樹木の代弁者のような石井誠治さん(樹木医、森林インストラクター)は、枝葉末節という言葉とは真逆に「一枚一枚の葉が生命維持装置で、その集積の結果が木全体の意思」と言う。そんな石井さんの案内で公園を歩き、樹木と親しくなる話を聞いた。

二階堂太郎さん(植木職人、樹木医、森林インストラクター)は、国立科学博物館筑波実験植物園で、時に高さ20mもの樹に登りながら植物の世話をしている。高い樹から見た景色は「空間の透明さに時が止まったような感覚」と言う二階堂さんは樹木とどのように対話しているのだろうか?

あなたのまちの、新緑の樹木たちに会い、語り合いませんか。


[国際記事]
エクアドル「21世紀の社会主義」のゆくえ どうなる!?
         憲法で定めた「自然」と「先住民族」の権利


ワンダフルライフ 愛と数学をテーマに短歌。
   数学の楽しさ伝えたくて「数学のお兄さん」に――横山明日希

被災地から 町のにぎわい作る“かかし制作”の女性グループ

浜矩子の新ストリート・エコノミクス 何のための教育なのか

コミック 『マムアンちゃん』 ウィスット・ポンニミット

枝元なほみの悩みに効く料理
     感情をもう少しコントロールしたい☆砂肝のアヒージョ☆

宇宙・地球・人間――池内了の市民科学メガネ
                    寝る子の海馬はよく育つ

今月の人 米国『リアル・チェンジ』販売者ジョン・バーゲン
                           [その他]

ビッグイシュー基金

《ビッグイシューのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
告話§ビッグイシュー335号発売中! ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる