ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 告話§ビッグイシュー336号発売中!

<<   作成日時 : 2018/06/01 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ビッグイシュー336号は6月1日から発売されています。お買い求
めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。
180円が販売員の収入に。リリー・フランキーが表紙。

画像

表紙 リリー・フランキー

スペシャルインタビュー リリー・フランキー

リレーインタビュー 光石研(俳優)

特集 米のタネは誰のもの?

初夏、田植えを終えた水田の風景が美しい。イネは新生代(約6500万年前)の初め、オーストラリアからパプアニューギニアあたりで生まれたと言われる。日本では、岡山県の貝塚から約6千年前のイネ科植物の細胞(プラント・オパール)が見つかり、縄文時代には最初の稲作が始まったという。

戦後、日本のイネのタネは「種子法」で後世に残す仕組みが作られた。各地で気候風土に合った奨励品種を選定、おおもとのタネ「原原種」を生産、それを増殖し「原種」生産、さらに採種農家による増産を経て、4年目に一般農家に届けられる。

ところが、今年4月「種子法」が廃止され、「農業競争力強化支援法案」では公的機関で得た知見の民間企業等への提供促進が謳われた。いま世界では種子企業がタネを独占しつつあり、中南米をはじめ世界で反対運動が起こっている。

タネは人類の共有財、米は私たちの主食。その原点の営みを茨城県農業研究所による原原種の植え付け現場と、種場農協のJA水戸を訪ねて取材。また、印鑰智哉さんに世界の種子事情、枝元なほみさんには「日本の種子(たね)を守る会」などについて聞いた。


[国際記事]
ドイツ、フードバンク「ドイツ人優先」で国内騒然

ワンダフルライフ
   土器片をクッキーに変換した「ドッキー」おかし作り考古学者
                           下島綾美

原発ウォッチ! 原発はなお“重要なベースロード電源”のまま

浜矩子の新ストリート・エコノミクス 信義なきところに審議なし

雨宮処凛の活動日誌 私は黙らない! 動き出した日本版「#Me Too」

枝元なほみの悩みに効く料理
         宇宙人はいないのですか☆たこ焼き風の卵焼き☆

今月の人 米国『ストリート・ルーツ』販売者ドレイク
                           [その他]

ビッグイシュー基金

《ビッグイシューのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
告話§ビッグイシュー336号発売中! ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる