ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 告話§ビッグイシュー337号発売中!

<<   作成日時 : 2018/06/15 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ビッグイシュー337号は6月15日から発売されています。お買い求
めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。
180円が販売員の収入に。真木よう子が表紙。

画像

表紙 真木よう子

スペシャルインタビュー 真木よう子

リレーインタビュー 西田尚美(女優)

特集 “風”とおる暮らし

今、人々が集まって社会の縛りから距離をおき、ルールのない、自由で風通しのよい暮らしをつくる動きがある。

九州の西端、熊本県の宇土(うと)半島の真ん中、海を見下ろす1万坪の広大な土地に「三角(みすみ) エコビレッジ サイハテ」はある。子どもと大人合わせて27人が暮らす、衣食住+文化循環型のエコビレッジだ。「お好きにどうぞ」が合言葉。ルールもリーダーもなく、それぞれが「やりたいこと」をやるという自由なコミュニティである。

一方、神奈川県の横浜にある「ウェル洋光台」は、元社員寮を住人たちがリノベーションしたシェアハウス。子どもと大人、海外の人など31人が暮らしている。共用部分の掃除なども“ルールや役割”がなく、運営スタッフもいない。暮らしがメンバーの“贈りあい”で成り立ち、廊下には本、共有棚には住人が仕込んだ味噌樽などの贈り物が並ぶ。

パーマカルチャーの考え方を参考に“風”とおる暮らしを営む二つのコミュニティを訪ねた。


[国際記事]
分離壁に引き裂かれる、パレスチナ人カップルたち

滝田明日香のケニア便り マサイマラの野生動物を空から保護する
                 「MARA SORA PROJECT」開始!

被災地から 放射線モニタリングポスト、国が撤去方針

浜矩子の新ストリート・エコノミクス 誰も気づいていない異変

コミック 『マムアンちゃん』 ウィスット・ポンニミット

枝元なほみの悩みに効く料理 特に楽しみがなく一日を長く感じる
              ☆本気の枝豆&鶏皮のパリパリ焼き☆

宇宙・地球・人間――池内了の市民科学メガネ
                  ピラミッドは古代の公共事業
                           [その他]

ビッグイシュー基金

《ビッグイシューのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
告話§ビッグイシュー337号発売中! ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる