アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「追悼」のブログ記事

みんなの「追悼」ブログ

タイトル 日 時
悼話§クルト・モルさん(オペラ歌手)
クルト・モルを初めて聴いたのは1984年のハンブルク国立歌劇場日本 公演『魔笛』のザラストロだった。彼の深々としたバスの歌声を聴き ながら、ザラストロがそこにいると感じた記憶がある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/16 00:01
悼話§かまやつひろしさん(ムッシュ)
かまやつひろしを最初に見たのは、ザ・スパイダースのメンバーとし て『世界へ飛び出せ』というテレビ番組 で歌っている姿だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/03 00:00
悼話§S・スクロヴァチェフスキさん(指揮者)
スタニスラフ・スクロヴァチェフスキの実演を聴いたのは一度だけ。 1996年2月のN響定期。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/24 00:00
悼話§ディック・ブルーナさん(ミッフィー)
悼話§ディック・ブルーナさん(ミッフィー) ミッフィーは、色遣いも含めてデザイン感覚に優れた絵本だと思い、 ピンクの日本製猫キャラクターなど足元にも及ばないセンスだと感じ ていた。東日本大震災の時に、ディック・ブルーナ涙をこぼしている ミッフィーを寄せて共に悲しんでくれたのだ。享年八十九 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/20 00:00
悼話§岡野俊一郎さん(サッカー)
かつての東京12チャンネルで『三菱ダイヤモンドサッカー』という、 海外のサッカー試合を紹介する番組が放送されていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/10 00:01
悼話§藤村俊二さん(振付家)
藤村俊二の存在を初めて知ったのは、1966年からフジテレビが放送を した洋楽ベストテン番組『ビートポップス』の振付師としてである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/08 00:00
週話§日曜片々〜若い人間の死〜
会社同期の人間からメッセージが届いて、定年時に在籍していた部署 の後輩が急死したと知った。訃報が社内報に出ていたようだが、詳し い状況まではわからないのがもどかしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/05 00:00
悼話§松方弘樹さん(役者)
松方弘樹の記憶といえば、1974年に放送されたNHK大河ドラマ『勝 海舟』で、当初は渡哲也が主役だったのに10回ほどで病気降板。その 後を松方が引き継いだことがあった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/27 00:00
詩話§一日一句〜そして今年も二通三通〜
季語は・・・コスモス ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/26 00:01
悼話§ニール・ブラックさん(オーボエ)
イギリス室内管弦楽団(ECO)などでオーボエを吹いていたニール・ ブラックが、8月に亡くなっていたのを今頃になって知る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/09 00:00
悼話§平尾誠二さん(ラガー)
何ということか! かつてのラグビー名選手がまた一人世を去った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/25 00:00
悼話§ネヴィル・マリナーさん(指揮者)
悼話§ネヴィル・マリナーさん(指揮者) サー・ネヴィル・マリナーとアカデミー室内管が初来日したのは1972 年のこと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/10 00:00
悼話§千代の富士貢さん(力士)
誰かが「相撲取りがガチで喧嘩をしたら、一番強いのは千代の富士だ ろう」と言っていて“さもありなん”と思ったことがあった。それは 間違いないと思っている――もう一人、朝青龍を加えても可――が。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/20 00:00
悼話§ヨハン・ボータさん(オペラ歌手)
ヨハン・ボータが歌うステージを聴いたのは一回だけ。2011年のバイ エルン国立歌劇場来日公演の『ローエングリン』だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/16 00:00
悼話§大橋巨泉さん(ジャズ評論家)
大橋巨泉の存在を知ったのは、1960年台半ば過ぎに聴いていたラジオ の深夜番組“プレイボーイ倶楽部”だった。週刊プレイボーイの創刊 に合わせてスタートした……いわば大人の蘊蓄番組だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/21 00:01
悼話§永六輔さん(旅人)
悼話§永六輔さん(旅人) 『上を向いて歩こう』の作詞者が亡くなった。これで、作曲した中村 八大、歌った坂本九という六八九トリオ三人が亡くなってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/13 00:00
悼話§長谷川五郎さん(オセロ考案者)
悼話§長谷川五郎さん(オセロ考案者) オセロゲームの存在を知ったのは二十代に入ってすぐのことだったと 記憶しているから、ゲームが発売されてすぐだったと思われる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/08 00:00
悼話§宇野功芳さん(音楽評論家)
「このような演奏のCDを買う人のほうが悪いといえよう」とまあ、 クラシック好きであったら、ウノコーホーの“いえよう”フレーズの 批評を苦笑しつつ愛読した人は少なくないだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/23 00:00
悼話§ピーター・シェーファーさん(作家)
モーツァルトとサリエリの葛藤を戯曲にした『アマデウス』は優れた 作品だった。これは、まず最初に演劇で観て、次に映画でという順序 だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/17 00:00
悼話§モハメド・アリさん(ボクサー)
アメリカにとってモハメド・アリ(カシアス・クレイ)が、アメリカの 偉大なボクサーだと言われている意味がわからないままでいる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/14 00:00
演話§オーケストラ奏者という職業
ついこの間の事である。アトランタ交響楽団の87歳になる女性コント ラバス奏者がステージで亡くなったというニュースを眼にした。もち ろん最高齢オーケストラ奏者であることに間違いはない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/30 00:00
悼話§蜷川幸雄さん(演出家・役者)
役者としての蜷川幸雄をテレビドラマで何回か見かけたことがある。 1960年代後半で、ちょっと癖のあるキャラクターだったこともあって 記憶に残っているのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/19 00:01
悼話§大平透さん(声優・俳優)
大平透の声を最初に聞いたのは、テレビ映画『スーパーマン』のクラ ーク・ケントだったと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/20 00:01
悼話§秋山ちえ子さん(評論家)
TBSラジオ『秋山ちえ子の談話室』を聴いていたのは、予備校から 大学に通っていた頃の事だったと記憶している。短い時間だったが、 様々な事象を的確に捉えて自分の言葉で、しかもわかりやすく話して いたのが印象に残っている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/19 00:01
悼話§多湖輝さん(頭の体操)
大ベストセラーとなったカッパブックス『頭の体操』第1集が発行さ れたのは1966年のことで、話題になっていたのを買って遊んだのは、 中学1年のことだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/22 00:00
悼話§N・アーノンクールさん(音楽家)
悼話§N・アーノンクールさん(音楽家) ニコラウス・アーノンクールが亡くなった。引退を表明して3か月後 のことだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/17 00:00
偲話§坂東三津五郎一周忌
今週日曜、21日は三津五郎の一周忌だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/24 00:00
悼話§オーレル・ニコレさん(笛吹き)
フルートに親しみ、自分自身も下手の横笛を拭いていた頃から、オー レル・ニコレの音楽を自らの規範として、彼の演奏を聴いていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/03 00:00
悼話§中村梅之助さん(役者)
1977年、司馬遼太郎原作の『花神』が大河ドラマとして一年間放送さ れた時の主役である村田蔵六(大村益次郎)を務めたのが中村梅之助だ った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/26 00:00
悼話§ピエール・ブーレーズさん(音楽家)
悼話§ピエール・ブーレーズさん(音楽家) 最初に聴いたブーレーズが指揮する録音は、1963年にフランス国立放 送管弦楽団を振ったストラヴィンスキー『春の祭典』だった。およそ 40年前のことである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/08 00:01
悼話§岡本おさみさん(作詞家)
吉田拓郎の『旅の宿』や『襟裳岬』の作詞を手がけた岡本おさみが亡 くなった。上記2曲も悪くはないが、彼の手になる歌で好きだったの は、同じく拓郎が作曲した『祭りのあと』の歌詞だったりする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/21 00:01
悼話§水木しげるさん(ゲゲゲの鬼太郎)
悼話§水木しげるさん(ゲゲゲの鬼太郎) 我々の世代にしてみれば、何を言っても『ゲゲゲの鬼太郎』の作者で ある。お化けや妖怪を描きながらも、どこか懐かしい体温を感じさせ る作風で、グロテスクの類からは無縁なのだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/08 00:01
悼話§原節子さん(女優)
美人女優だと言われ続けていたが、どうにも実感がないのはさすがに 彼女が銀幕から姿を消したのが1960年代初頭で、まだ小学校低学年だ ったことが大きい。それと個人的には、鼻の大きい人は好みのではな いということもある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/02 00:01
悼話§北の湖敏満さん(横綱)
北の湖は一学年上である。彼が横綱になったのは、我が身が一浪して 大学に入った年だった。21歳で横綱になるなど、まるで想像の外で、 とてつもない怪物のように感じたのだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/26 00:01
悼話§加藤治子さん(女優)
加藤治子を初めて見たのは、1960年代半ばにTBSテレビが放映した ドラマ『七人の孫』だった。その当時加藤治子は四十代前半だったと 思うが、堂に入った母親役だったと微かに記憶している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/10 00:01
悼話§G・シャボウスキーさん(政治家)
1989年11月9日の夜、東ドイツ市民の旅行の自由についての会見中、 報道陣が「それはいつからか」という質問に「ただちに、遅滞なく」 と答えたことで、あっという間にベルリンの壁が開放されたのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/05 00:01
悼話§熊倉一雄さん(役者)
ラジオやテレビから流れてくる熊倉一雄の声を聞き続けて50年以上に もなっていたと、指を折って数える暇もあらばこその長い長い付き合 いだったのだなと考えていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/20 00:01
悼話§橘家圓蔵さん(噺家)
自分にとっては、いまだに“円鏡(圓鏡)さん”という存在なのだが、 それは橘家圓蔵としての彼の高座姿をほとんど見ていないからではな いかと気がついた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/20 00:00
悼話§松原徹さん(プロ野球選手会事務局長)
2004年9月、日本のプロ野球で初のストライキが行われた。詳しい経 緯はこちらを読んでいただくとして、それを事務局長として支えたの が松原徹だったのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/25 00:01
悼話§上田昭夫さん(ラガーマン)
悼話§上田昭夫さん(ラガーマン) かつて慶應義塾大学ラグビー部の監督として日本選手権優勝に導いた 上田昭夫が、アミロイドーシスという初めて病名を聞いた特定疾患に 罹患、回復しないままに逝去した。享年六十二 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/29 00:01
悼話§今いくよさん(漫才)
痩せ型のいくよと、ぽっちゃりどすこい!のくるよと、本当にいいコ ンビだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/02 00:01
悼話§加瀬邦彦さん(ギタリスト)
加瀬邦彦が演奏する姿を初めて見たのは1964年か65年頃のこと。寺内 タケシとブルージーンズのメンバーとして、寺内の横でギターを演奏 していたが最初の記憶である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/24 00:01
悼話§愛川欽也さん(嘉蔵)
パックインミュージックのディスクジョッキーをしていた1976年頃の ことだった記憶している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/21 00:01
悼話§中村小山三さん(歌舞伎・中村屋!)
中村屋の最長老にして歌舞伎界のまさに生き字引である中村小山三が 桜散る4月6日に逝去した。享年九十四 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/08 00:01
悼話§桂米朝さん(落語家)
50年くらい前のこと。土曜日の13時頃だったと記憶しているが、上方 の落語家による演芸番組をテレビ朝日(当時NET)が放送していた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/23 00:01
悼話§フライ・オットーさん(建築家)
悼話§フライ・オットーさん(建築家) 誰かといえば、1972年にミュンヘンで開催されたオリンピックで使わ れたメイン・スタジアムのユニークな吊り屋根構造を設計したのが、 ドイツ人建築家フライ・オットーである。享年八十九 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/12 00:01
悼話§横溝亮一さん(音楽評論家)
クラシック音楽の評論家である横溝亮一は、小説家横溝正史の長男で 新聞記者を経て音楽評論の道へ入った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/26 00:01
悼話§坂東三津五郎さん(歌舞伎役者)
大和屋・坂東三津五郎を最後に観たのは去年8月の歌舞伎座で、納涼 歌舞伎の第二部『たぬき』と、第三部『勢獅子』の舞台だった。もち ろんその時には、こんなに早く死を迎えるなど思ってもいなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/24 00:00
悼話§榮久庵憲司さん(工業デザイナー)
悼話§榮久庵憲司さん(工業デザイナー) ほとんどの日本人が「ああ!」とわかる“あの醤油卓上瓶”をデザイ ンしたのが榮久庵憲司だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/10 00:01
悼話§アルド・チッコリーニさん(ピアノ)
一度だけチッコリーニのピアノ・リサイタルを聴きに行ったことがあ る。確か1970年代の終わり頃のことだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/05 00:01
悼話§ヴァイツゼッカーさん(元大統領)
ドイツの元大統領だったリヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカーが、 1月31日に94歳で亡くなった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/03 00:01
悼話§木之下晃さん(音楽写真家)
我々クラシック音楽ファンにとって、一目見ればすぐに木之下晃撮影 だとわかる、そんな音楽家の一瞬を白黒ネガにこだわって表現し続け たのだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/22 00:01
悼話§平井和正さん(8マンの原作者)
若い世代には『幻魔大戦』の原作者なのだが、我々のような昭和二十 年代生まれにとって、桑田二郎が作画して週刊少年マガジンに連載し ていた『8(エイト)マン』の原作者と言ったほうが通りがいいのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/21 00:01
悼話§遠山一行さん(音楽評論家)
遠山一行について記憶に残っている、一番印象的なエピソードだけを 書き記しておく。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/18 00:01
悼話§中村勘三郎三回忌〜12月5日〜
今年も12月5日が巡ってきた……十八世中村勘三郎の三回忌である。 そしてモーツァルト223回目の命日でもある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/05 00:01
悼話§菅原文太さん(俳優)
高倉健に続いて、菅原文太の訃報に接する年の瀬になってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/04 00:01
悼話§A.プリンツさん(ウィーン・フィル)
アルフレート・プリンツは、1995年に定年退団するまで、40年という 長きに亘ってウィーン・フィルのクラリネット奏者として活躍した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/03 00:01
悼話§越部信義さん(作曲家)
『おもちゃのチャチャチャ』や『ドラえもん』の主題歌、さらに崎陽 軒をはじめとする、数多くのCMを作曲した越部信義が亡くなった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/01 00:00
悼話§マイク・ニコルズさん(映画監督)
映画監督のマイク・ニコルズが逝去した……83歳。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/25 00:01
悼話§高倉健さん(俳優)
東映映画の作品は、自分の嗜好とは違っている。だから、残念ながら 高倉健出演の映画を劇場封切の銀幕上で観たことはなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/19 00:01
悼話§桂小金治さん(落語家?)
落語家としての将来を嘱望されていた小金治を、映画界に引っ張った のは監督の川島雄三だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/10 00:01
悼話§長野羊奈子さん(メゾソプラノ)
指揮者で2009に逝去した若杉弘の夫人だった長野羊奈子は、1967年に 若杉が指揮をして日本初演された『パルジファル』で、クンドリーを 歌っている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/24 00:01
悼話§ティム・ハウザーさん(歌手)
マンハッタン・トランスファー(マントラ)の創設者であるティム・ハ ウザーが亡くなった……72歳。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/20 00:01
悼話§香川伸行さん(ドカベン)
浪商高校時代に捕手として甲子園に出場。その後、南海ホークスから 福岡ダイエーホークスとプレイを続け、引退後は解説者に転進という 野球人生を送った香川伸行が急死した。享年五十二 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/02 00:01
悼話§土井たか子さん(護憲派)
何とも政情不安定な状況の中、土井たか子が亡くなった。享年八十五 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/30 00:01
悼話§坂井義則さん(聖火最終ランナー)
1964年の東京オリンピック開会式、聖火の最終ランナーとして走った 坂井義則は、1945年8月6日、原爆が投下された1時間半後、広島県 三次市に生まれた。彼自身は被爆者ではないが父親は被爆している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/11 00:01
悼話§ロビン・ウィリアムズさん(俳優)
才気の塊としか言いようのないロビン・ウィリアムズが亡くなった。 享年六十一 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/08/13 00:01
悼話§ダニエル・キイスさん(作家)
精神遅滞の心優しき青年が、脳手術を受けたことで天才へと変貌した ものの再び元の精神遅滞に戻っていく様子を描いた『アルジャーノン に花束を』という小説はダニエル・キイスの筆になるものである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/02 00:01
悼話§三瓶明雄さん(DASH村)
TOKIOのメンバーが出演して体を張ってあれやこれやをするテレ ビ番組『ザ!鉄腕!DASH!!』の人気コーナー“DASH村”で農業指 導を続けていた三瓶明雄が亡くなった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/16 00:00
悼話§林隆三さん(俳優)
1970年代のはじめ頃、中山千夏主演の『お荷物小荷物』や、山口崇の 平賀源内を主人公にした『天下御免』といったドラマの重要な脇役と して出演していたのが林隆三だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/12 00:01
悼話§竹本清太夫さん(歌舞伎義太夫)
昨年の9月1日、歌舞伎義太夫語りの竹本清太夫が亡くなった。享年 七十八。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/28 00:01
悼話§放駒親方(元大関・魁傑 元理事長)
けがや病気による休場がさほど珍しくない角界にあって、1966年秋の 入門から、1979年初場所で引退するまでを休場なしで勤めた名力士と 呼んでいいだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/21 00:00
悼話§ジェラール・モルティエを偲んで
ザルツブルク音楽祭やパリ・オペラ座の総裁を歴任したベルギー生ま れの才人ジェラール・モルティエが3月6日に膵臓がんで死去した。 享年七十 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/07 00:01
悼話§まど・みちおさん(詩人)
詩人まど・みちおが、104歳という天寿を全うして天に召された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/04 00:01
悼話§小林カツ代さん(料理家)
先週以来、訃報が重なってしまった。今日も追悼のエントリーを書か なければならない。料理研究家の小林カツ代が亡くなった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/03 00:01
悼話§永井一郎さん(俳優)
永井一郎が声優としての仕事を聴いた初めは、おそらく1960年代前半 に放映された『狼少年ケン』の中のようだが、何の役だったのかはわ からないのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/31 00:01
悼話§ピート・シーガーさん(歌う人)
すべては、ピート・シーガーの手になる“We Shall Overcome!”なの である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/30 00:00
悼話§中村吉之丞さん(歌舞伎役者)
中村吉右衛門の播磨屋一門の長老で、端正な脇女形として舞台を締め ていた中村吉之丞が亡くなった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/29 00:01
悼話§淡路恵子さん(女優)
NHKが、日曜夜8時に歴史大河ドラマをスタートさせる前年までの 3年間放送された超人気ドラマ『若い季節』の主役の一人、プランタ ン化粧品の社長役を演じていたのが淡路恵子だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/17 00:01
悼話§ピーター・オトゥールさん(俳優)
ピーター・オトゥール主演の『アラビアのロレンス』が封切り上映さ れたのは1962年、小学校低学年の頃である。結局、これまで観る機会 がないままなのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/17 00:00
悼話§ネルソン・マンデラさん(人権活動家)
[ネルソン・マンデラの言葉] 何もせず、何も言わず、不正に立ち向かわず、抑圧に抗議せず、 それで自分たちにとっての良い社会、良い暮らしを求めることは 不可能です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/09 00:01
諧話§一日一句〜角切銀杏は勘三郎の〜
季語は・・・銀杏忌 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/05 00:02
悼話§中村勘三郎一周忌〜12月5日〜
もう、一年が経ってしまったのか……中村勘三郎一周忌の日である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/05 00:00
諧話§一日一句〜追悼・堤清二〜
季語は・・・木枯し ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/29 00:02
悼話§堤清二[辻井喬]さん(西武パルコ)
大学時代に池袋西武上階の本屋“リブロ西武”の奥にあったカフェで ギャルソンのアルバイトを2年間ほどしたことがある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/29 00:01
悼話§天野祐吉さん(広告批評)
バランス感覚に溢れ、優れてリベラル精神の主がまた一人天国に去っ てしまい、我々は途方に暮れている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/22 00:01
悼話§パトリス・シェローさん(演出家)
シェローの名前を知ったのは1976年。バイロイト音楽祭100年記念 として新演出上演された『ニーベルングの指環』の衝撃的な舞台を通 じてのことだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/10 00:01
悼話§藤圭子さん(歌手)
藤圭子が歌うのは演歌ではなく“怨歌”だと言ったのは小説家の五木 寛之だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/10 00:01
悼話§吉田昌郎さん(東電福一原発所長)
3・11の地震と津波で、絶望的な破滅状態に陥った原発に対して、腹を 括って対処した様子は記憶に残っている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/11 00:01
悼話§河竹登志夫さん(演劇研究家)
つい先月も、歌舞伎座開場のテレビ番組に出演されていたのに、急な 訃報で驚いた。歌舞伎座開場に先立つ3月28日には“古式顔寄せ手打 式”で4月興行の演目を読み上げたばかりだったのに。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/08 00:01
悼話§アドルフ・ハーセスさん(シカゴ響)
アドルフ・アーセスが首席トランペットを勤めるシカゴ交響楽団の演 奏会を聴いたのは1986年3月の大阪シンフォニーホール。その時でハ ーセスは65歳。シカゴ響には定年システムがないと後で知ったのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/22 00:01
悼話§ヴォルフガング・シュルツさん
記憶に残っているのは、1989年ウィーン国立歌劇場日本公演『ランス への旅』の舞台上で吹いたソロである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/02 00:01
悼話§成田屋 市川團十郎さん(十二代目)
我々は、2か月の間に、歌舞伎界一の集客力を誇る人気役者と、歌舞 伎界一番の大名跡を失ってしまった。歌舞伎座の開場まで2か月を切 ったこの時期に……言葉が見つからない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/05 00:00
悼話§木村正直さん(三役格行司)
幕下格以下の行司は裸足で、しかも数番の取組をさばく。足袋が履け るのは十両格以上で、さらに草履となると三役格以上にならないと履 けないのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/01 00:01
悼話§大鵬幸喜さん(大横綱)
我が家にテレビが来たのと、ほぼ時を一にして横綱に昇進したのが、 大鵬と柏戸だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/22 00:01
休話§年末年始日記[2012年12月27日(木)]
これまで知名人であるとか芸能人が逝去しても、死を惜しみこそすれ ども、わざわざ告別式の場所まで足を運ぶなどということは一度もな かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/28 00:00
悼話§訃報が相次いで
先週の前半は、自分が聞き知った音楽家の相次ぐ逝去の報に驚いた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/19 00:01
悼話§小沢昭一さん(俳優)
八十代だから天寿を全うしたとか、そんなことは思わない。お元気で いらっしゃればと考えていたが、残念である。役者としても、民俗芸 能の発掘者としても、いい仕事をしてくれたのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/13 00:01
悼話§D・ブルーベックさん(ジャズ)
4拍子が基本のジャズだが、初めて聴いて印象に残ったのがデイブ・ ブルーベックの『テイク・ファイブ』だった。タイトルの通りで、ジ ャズには珍しい5拍子の作品である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/10 00:01
諧話§一日一句〜中村屋の紋は角切の〜
季語は・・・銀杏 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/07 00:02
諧話§一日一句〜追悼中村勘三郎〜
季語は・・・冬富士 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/06 00:02
悼話§中村勘三郎さん(先代中村勘九郎)
十八代目中村勘三郎が死んだ。常々、自分より年若い人間の死を見る のは辛いと言っているが、一歳年下のほぼ同世代の死を見るのは辛く 悲しい。書きたいことはたくさんある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/06 00:00
呟話§一言つぶやき〜喪中はがきは〜
“喪中につき新年のあいさつを・・・”と書かれたはがきが着く…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/05 00:02
悼話§桜井センリさん(ピアニスト)
桜井センリはクラシック音楽にも造詣が深く、一度か二度コンサート 会場で姿を見かけたような記憶がある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/11/14 00:02
悼話§M・シュヴァルベさん(コンマス)
カラヤンとベルリン・フィルの蜜月関係の中心になっていただろうと いう人間が、コンサートマスターだったミシェル・シュヴァルベなの だった。まさにアンサンブルの中心にいたのだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/11 00:02
悼話§大滝秀治さん(役者)
大滝秀治を初めて見たのは『うちのホンカン』だったと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/09 00:02
悼話§小島秀哉さん(喜劇俳優)
松竹新喜劇で藤山寛美や藤山直美と共演し、おっとりとぼけた味わい だった小島秀哉が亡くなってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/23 00:02
悼話§吉田秀和さん(評論家)
22日に逝去した吉田秀和の訃報が流れてきたのは、5日が過ぎた日曜 日朝のことだった。98歳という年齢は、何が起きてもおかしくはない にしても、一瞬で大きな喪失感を抱いてしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/29 00:00
悼話§畑中良輔さん(歌手)
ディートリヒ・フィッシャー=ディスカウの訃報に接したと思ったら 日本の声楽界の重鎮が逝去した。ディスカウも畑中も第二次世界大戦 の末期に捕虜生活を送ったという3歳違いの同世代でもある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/28 00:02
悼話§D・F=ディスカウさん(歌手)
まさに声楽界の巨人、超人である。リートといえばディートリヒ・フ ィッシャー=ディスカウであると言われていた時代から聴き始めてい る。まさに唯一無二の男声リート歌手だったのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/24 00:02
悼話§安岡力也さん(シャープ・ホークス)
安岡力也といえば、日本のグループサウンズ初期のコーラスグループ であるシャープ・ホークスの安岡力也で、テレビのバラエティ番組に 出演してたホタテマンではない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/12 00:02
悼話§榎本喜八さん(安打製造機)
榎本喜八という毎日オリオンズ(現ロッテ)に入団したおかげで、リア ルタイムを過ごしたにもかかわらず、天才的な打撃センスを話でしか 聞くことのないままに終わってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/02 00:02
悼話§デイヴィー・ジョーンズさん(歌手)
中学に入ったその秋のこと、TBSテレビで『ザ・モンキーズ』とい うアメリカ発の他愛ないコメディー番組が始まった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/12 00:02
悼話§泉大助さん(司会者)
白黒テレビの時代に始まってカラー化してからも30年前まで続いた、 値段を当てるクイズの先駆けである『ズバリ!あてましょう』という 番組の司会者が泉大助である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/02 00:00
悼話§中村雀右衛門さん(歌舞伎役者)
雀右衛門の姿を最後に見たのは一昨年4月、車椅子で登場した歌舞伎 座閉場式だった。閉場式の翌年には富十郎と芝翫が、そしてこの23日 には雀右衛門もいなくなってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/27 00:00
悼話§淡島千景さん(女優)
生家のすぐ近くには、洋画、日活、東宝と3つの封切映画館が存在し ていたが、小学生が行くのは円谷英二の特撮物を見るための東宝系で ある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/21 00:02
悼話§G・レオンハルトさん(音楽家)
指揮者であり、オルガニスト、チェンバリストでもあったオランダの グスタフ・レオンハルトが亡くなった。享年八十三。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2012/01/19 00:00
悼話§金正日さん(近くて遠山の)
北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記が17日に死亡したとのニュー スが日本で報じられたのは昨月曜日の昼だった。治世17年余。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/20 00:01
悼話§セーナ・ユリナッチさん(歌手)
1960年のザルツブルク音楽祭で、カラヤンがウィーンフィルを振って 上演された『ばらの騎士』の主役4人のうち、最後まで残っていたセ ーナ・ユリナッチが逝去した。享年九十。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/30 00:01
悼話§立川談志さん(落語家)
立川談志が死んだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/25 00:00
悼話§北杜夫さん(どくとるマンボウ)
『楡家の人びと』を読んだのは、高校に入ってすぐぐらいだったかと いう記憶がある。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2011/10/27 00:01
悼話§中村芝翫さん(歌舞伎役者)
新橋演舞場の秀山祭九月大歌舞伎夜の部の観に行ったら『沓手鳥孤城 落月』の淀君を休演されていた。そして月が変わっての訃報である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/11 00:00
悼話§スティーブ・ジョブズさん(同学年)
1955年2月生まれのスティーブ・ジョブズは、だから日本の年度では 同学年にあたる。彼より5か月ほどしか年長でない。歳が近く、そし て才能に溢れた人間の死を見送るのは辛い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/07 00:01
悼話§K・ザンデルリンクさん(指揮者)
クルト・ザンデルリンクが指揮するコンサートを聴くチャンスが一度 だけあった……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/26 00:01
悼話§コラ・ヴォケールさん(シャンソン)
1980年のコラ・ヴォケール初来日映像を眼にして驚いたのは独身時代 のことだが、出会い前の同居人もまた同様に驚いていたようで、結婚 したら、二人ともに感動していたということが判明したのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/21 00:01
悼話§滝口順平さん(声優)
滝口順平の声を初めて聴いたのは、生家にテレビがやってきた1962年 である。もちろん彼自身は昭和20年代から声優としての仕事を始めて いたのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/31 00:01
悼話§竹脇無我さん(俳優)
端正で物静かな、雰囲気ある俳優だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/24 00:01
悼話§松田直樹さん(サッカー選手)
松田直樹とは同じ市の生まれである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/05 00:01
悼話§伊良部秀輝さん(野球人)
1990年前半、その当時日本人としての最高の球速158km/hを投げた 伊良部のその後は、本人の不徳な部分もあったのだろうが、恵まれた ものとはいえない短い生涯を終えてしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/01 00:02
悼話§中村とうようさん(音楽評論家)
大雑把にロック、そしてエスニック音楽がフィールドの音楽評論家だ った中村とうようは、クラシック音楽を常に批判し続けていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/27 00:02
悼話§アナログテレビさん(メディア)
1953年に誕生して以来、メディアの中心にあったテレビ放送。これま で利用されていたアナログ放送が昨日の12時で終了した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/25 00:02
悼話§原田芳雄さん(役者)
原田芳雄は、数少ない“好きな役者”の一人だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/21 00:02
悼話§ローラン・プティさん(振付家)
ほぼ同世代のモーリス・ベジャールと並んで、フランスを代表するバ レエ振付家として多くの作品を我々に残してくれた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/12 00:02
悼話§ヨセフ・スークさん(音楽家)
我が家にある録音は、ルージッチコーヴァがチェンバロ伴奏したヘン デルのヴァイオリン・ソナタ集。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2011/07/11 00:01
信話§祈る言葉
仏教であれ神道であれ、日本の宗教には神と対話する、あるいは神に 向かって訴えるとでもいった祈りの言葉というものが存在しているの だろうかと考えてみた。いかに宗教音痴であるかがわかるお話です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/28 00:02
却話§JR福知山線事故から6年
昨日25日で6年という年月が経過した。ブログを始めて10日余りで発 生した惨事だったから、まざまざと覚えている。その時に書いたエン トリーはこちら。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/26 00:00
悼話§田中好子さん(スーちゃん)
同世代でアイドル時代をリアルに見てきた人間としてはショックであ る。何より自分より年若い人間の死は何ともやりきれない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/25 00:02
添話§死者に励まされて
大地震の犠牲者が一万人を超えたのはいつのことだったか。生き残っ た我々は、死者のためにもこの先を生き抜いていかなくてはならない 宿命にある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/14 00:00
悼話§クヌートくん(シロクマ)
日曜日の朝、パソコンを立ち上げてネットのニュースを見たら、真っ 先に眼に飛び込んできたのがクヌートの訃報だった。4歳と4か月。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/24 00:01
悼話§坂上二郎さん(コント55号)
コント55号である。我々のお笑いの大きな部分を占めている昭和の笑 いの中で、もちろん重要な位置を占めているのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/17 00:01
悼話§和田寿郎さん(医師)
1967年、南アフリカのバーナード医師によって行われた初の心臓移植 手術から8か月後の日本で、初の心臓移植手術が行われた。その執刀 医が札幌医大の和田寿郎である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/18 00:02
悼話§山崎権一さん(歌舞伎役者)
『直侍』の蕎麦屋の親父、あるいは仮名手本五段目『山崎街道』で、 定九郎に殺される、おかるの父与市兵衛といった老け役で、長いこと 舞台に出ていたのが山崎権一である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/01 00:02
悼話§中村富十郎さん(歌舞伎役者)
中村富十郎の舞台を初めて観たのは、もう20年以上も前の歌舞伎座で 『伽羅先代萩』の細川勝元だった。この時の政岡は雀右衛門。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/07 00:00
悼話§ペーター・ホフマンさん(歌手)
1970年代から80年代にかけてワーグナー・テナーとして活躍したペー タ・ホフマンが逝去した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/03 00:02
悼話§谷啓さん(クレージーキャッツ)
ハナ肇に始まり、石橋エータロー、安田伸、そして2007年には植木等 が逝去したことで3人になってしまったクレージーキャッツのメンバ ー……そして谷啓が天国に逝ってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/14 00:01
悼話§アントン・ヘーシンクさん(柔道)
1964年の東京オリンピック、柔道無差別級決勝で神永に向かって両の 手を大きくかざしたヘーシンクの姿を生放送の中継で見た瞬間、これ は勝てない……と柔道に疎かった小学生ですら思ってしまったのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/31 00:01
悼話§梨本勝さん(芸能レポーター)
もとより、芸能レポーターという仕事自体に何の興味はない。さらに 芸能人の私生活というものに何の興味もない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/24 00:01
悼話§王登美さん
言うまでもなく王貞治氏、そして既に故人である王鉄城氏(医師)の母 親である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/19 00:01
週話§土曜悠々〜このサイトを見ろ!〜
20世紀の後半にアメリカに発祥し数か国が競うように開発を進めた、 文明の創造した、歴史上で最も醜く愚かしい蛮器が為してきた足跡を 示した必見のサイトである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/14 00:00
生話§人生の残り時間〜知りたくも〜
『死神』という落語がある。詳しい筋はこちらを参照していただくと して、死神に翻弄された男についてのブラックな噺である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/13 00:01
看話§肉親関係とか親子関係が“消滅”
百歳超の老人が“姿を消し”ている。中には死んだことを通知せずに 延々と年金をちょろまかし続けるというよからぬ遺族もいるが、どう も肉親との関係が希薄になって、ということもありそうで……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/09 00:00
悼話§つかこうへいさん(作家)
つかこうへいの芝居を観るチャンスのないまま、彼の死を知ることに なってしまった。で、関係があるようなないようなの話である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/22 00:01
週話§日曜悠々〜同僚の告別式〜
生きている我々は、自分自身が身罷るまでに何人の身近な人間を見送 ることになるのだろうか……。急死した同僚の告別式に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/11 00:00
悼話§鈴木俊一さん(官僚)
10日ほど前、ジュリエッタ・シミオナートが逝去した時に、同居人と 何気なく“そういえば100歳近い元都知事がいたなあ”とか何とか 話をしていたのだった。……そうしたら直後の訃報である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/19 00:01
悼話§ジュリエッタ・シミオナートさん
数日後に100歳の誕生日を控えての・・・まさに大往生であった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2010/05/10 00:00
悼話§佐藤慶さん(俳優)
佐藤慶を初めて見たのは、1965年のNHK大河ドラマ『太閤記』の明 智光秀役でのこと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/07 00:01
悼話§いのうえひさしさん(作家)
休日の朝の訃報、亡くなられるのがいささか早かったことに驚いた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/13 00:01
悼話§ヴォルフガンク・ワーグナーさん
リヒャルト・ワーグナーの孫として、戦後のバイロイト音楽祭を率い てきたヴォルフガンク・ワーグナーが先週の20日に逝去した。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/22 09:54
週話§土曜悠々〜地下鉄サリンから15年〜
路線は違えど、地下鉄を利用して都心まで通勤している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/20 07:57
魂話§土をなめろ!〜墓場でころぶと?〜
子供の頃のことである。墓場でころんだら、親類達が寄って来て…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/17 06:46
悼話§ウィリー・デービスさん(野球選手)
1977年、中日ドラゴンズの選手として登場したウィリー・デービスは 巨人との一戦で、ランニングホームランを記録している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2010/03/12 06:42
悼話§藤田まことさん(てなもんや!)
自分にとっての藤田まことという役者は“必殺シリーズ”ではなく、 最後の最後まで『てなもんや三度笠』のあんかけの時次郎だった…… ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/02/19 00:04
黒話§・・・喪服は突然に
香典として包むお札だが、新札を使ってはいけないと聞かされてきた 人は多いだろう。要するに、あらかじめピンピンの新札を用意してい たのかなどと思われては困るというのが、心遣いの一つと言えるか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/18 07:51
悼話§玉置宏さん(司会者)
玉置宏の声は聴いていて耳障りなことがなかった。あたかも声が微笑 しているようで、それでいて嫌味の欠片もなかった。それこそ、彼の 人柄が声になって届くかのようだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/16 07:15
娑話§無縁死を考える・・・
NHKで“無縁死”の番組が放送され、相当の反響があったようであ る。多くの人は家族に看取られてという思いが強いようだが、様々な 事情で孤独な死を迎える人間も少なからず存在するのが現実である。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/09 07:39
悼話§訃報に訃報が重なって
え、え、えっ……と思っていたら、先週から今週にかけて、おびただ しい訃報に接することになってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/21 07:18
悼話§浅川マキさん(歌手)
一度だけ浅川マキのライブを聴いたことがある。1975年の秋だから、 もう35年も前。一橋大学の学祭で、国立は兼松講堂でのことだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/20 07:24
悼話§内海広重さん(尾瀬)
尾瀬の自然を守る会の代表だった内海広重は、長蔵小屋三代目の平野 長靖と沼田高校で同級生という間柄だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/02 10:37
悼話§川崎展宏さん(俳人)
大学の一般教養で、卒業の単位要件にならない任意の文学講座の中に 俳句の講義があって、非常勤講師としてお見えになっていたのが川崎 展宏という人だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/30 08:09
仏話§昨今葬儀事情〜初七日法要?〜
今回参列した葬儀だが、首を傾げることがいくつかあった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/26 07:05
呟話§一言つぶやき〜死者を見送って〜
一昨日、昨日と親類の通夜と葬式のため往復250kmほどを運転し、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/25 07:45
悼話§水の江滝子さん(ターキー)
“男装の麗人”と呼ばれていた松竹少女歌劇団時代は知らない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/23 00:06
鎮話§死者を送る役目
生き残った者が死者を送らねばならない。当たり前のことである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/20 07:18
悼話§森繁久彌さん(役者)
東宝の特撮怪獣映画と併映されていた作品に『社長シリーズ』なるも のがあって、その社長を演じていたのが森繁久彌だった。それが最初 の出会い。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/11/10 21:50
悼話§三遊亭円楽さん(落語家)
闘病生活が長く、2007年には落語の世界からはを引退していたので、 ここ何年か三遊亭円楽の姿に接する機会はなかったのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/31 08:15
悼話§加藤和彦さん(フォークル)
ザ・フォーク・クルセダーズの加藤和彦が死んだ。自殺だとは……。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/10/17 21:16
悼話§J街通信[61]東陽堂店主
先週の土曜日に古書店東陽堂店主の高林恒夫さんが逝去された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/09 07:22
悼話§トニー・ザイラーさん(スキーヤー)
1956年、冬季オリンピックのスキー種目での三冠王である。その時の 回転の銀メダルが猪谷千春。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/28 06:52
悼話§ヒルデガルト・ベーレンスさん(歌手)
草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァルに参加するために来 日した直後に動脈りゅう破裂で死去したとのこと。あるいはロングフ ライト症候群ということだったのか。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 4

2009/08/21 08:12
悼話§金大中さん(政治家)
1973年、金大中は日本に滞在中、九段のホテル・グランドパレスから KCIAによって不法に拉致され、数日後ソウルで“発見”された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/19 06:53
悼話§山城新伍さん(役者)
彼が出演した映画とかテレビドラマは意外なほどに見てはいない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/08/18 06:58
悼話§大原麗子さん(女優)
初めて大原麗子見たのは、NHK大河ドラマだったかなという曖昧な 記憶である。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/08/07 06:45
悼話§マイケル・ジャクソンさん(歌手)
1960年代最後の年、通っていた中学校に英語の教育実習で大学生がや ってきた。その時に彼女からジャクソン・ファイブの存在を教えても らったという微かな記憶があったので、けっこう早かったかも……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/04 00:23
悼話§忌野清志郎さん(RCサクセション)
忌野清志郎が率いるRCサクセションを最初に聴いたのは高校生の頃。 とんがった音楽には、フォークソングというよりもブルースのような 香りがした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/03 11:26
週話§気まぐれ週末〜又五郎を送る〜
  道行や 雪の後見 又五郎 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/28 00:36
悼話§中村又五郎さん(歌舞伎役者)
歌舞伎を定期的に、かつ本格的に観始めたのが本当に遅かったので、 中村又五郎の“歌舞伎の舞台姿”を見ていない。それが悔やまれる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/21 16:30
悼話§カザルスホールさん(室内楽ホール)
来年3月で閉館するそうである。1986年のサントリーホール開館から 一年遅れで室内楽専用ホールとしてオープンしたが、あまりにも短い 運命になってしまった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/02/05 08:18
悼話§青山孝さん(フォーリーブス)
子役だった江木俊夫がアイドルグループの一員として登場してきたこ とに驚いたのがフォーリーブス。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/02 08:27
悼話§福田繁雄さん(デザイナー)
柔軟な発想で“だまし絵”的なものの優れたデザインを精力的に制作 して、我々の眼を楽しませてくれたのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/22 08:06
悼話§田中千香士さん(ヴァイオリニスト)
初めてNHK交響楽団を聴いたのは、1973年のNHKホール柿落とし の第九演奏会だった。その時のコンサートマスターが田中千香士だっ た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/21 08:32
悼話§牟田悌三さん(役者)
つい先週だったかの新聞でお顔を見たばかりだったところに先週の訃 報である。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/14 12:03
悼話§広瀬量平さん(作曲家)
テレビ番組――特にNHK――で使われている音楽で、いいなあと思 う。クレジットで確認すると広瀬量平だということが少なくない。そ んな作曲家の一人だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/03 12:03
悼話§筑紫哲也さん(ジャーナリスト)
きちんと物が言えるジャーナリストだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/18 12:04
悼話§ミリアム・マケバさん(パタパタ)
ミリアム・マケバが歌う『パタパタ』を聴いたのは、もう40年以上前 のことになる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/17 12:02
悼話§デイブ平尾さん(ゴールデンカップス)
グループサウンズ華やかなりし頃、同世代の女の子がタイガースだの テンプターズにキャーキャー叫び声をあげているのを尻目に、男ども は硬派系のグループに注目していた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/14 12:02
悼話§フランク永井さん(歌手)
物心ついた、保育園とかに入るよりも以前にラジオから聴こえてきた 歌声の中にフランク永井の…… ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/05 12:02
悼話§吉田直哉さん、緒形拳さん(太閤記)
1965年にNHKが放送した『太閤記』は、欠かさずに見た最初の大河 ドラマだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/07 12:02
悼話§ポール・ニューマンさん(俳優)
同居人の最も好きだった映画俳優がポール・ニューマンである。こん な存在と比べられたら分が悪いのは明らかだが、こればかりは同居人 に諦めていただくしかない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/09/30 12:01
悼話§日野てる子さん(歌手)
♪きれいな月が 海を照らし〜 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/09/24 12:02
悼話§荒瀬さん(がぶり寄り)
てっきり四股名だと思っていたら、本名の“荒瀬”をそのまま使って いたのだった。四股名に見えていればいいのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/12 12:01
悼話§服部正さん(作曲家)
マンドリンの世界では有名だったということだが、寡聞にして名前を 知らなかった。“ラジオ体操第1”の作曲者が服部正という人なのだ ということを、訃報を読んで初めて知った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/08 12:02
悼話§赤塚不二夫さん(漫画家)
最も漫画を読んだ時期の最大のギャグ漫画家が赤塚不二夫である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/04 12:01
悼話§ホルスト・シュタインさん(指揮者)
ホルスト・シュタインを実演で聴いたのは確か3回だったかと思う。 どちらもN響の定期でのこと。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/07/29 12:01
悼話§ムクドリ玉砕
我が家の周りでもムクドリが増えている。どこかの街のように空一杯 が覆われるというほどではないが、電線にびっしりと留まっている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/09 12:01
悼話§ライアル・ワトソンさん(動物学者)
『生命潮流』の著者というよりも、個人的には大の“相撲愛好家”と いう認識だったりしていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/04 12:02
悼話§レイモン・ルフェーブルさん(作曲家)
ポール・モーリアやパーシー・フェイスなど“イージーリスニング” 系オーケストラが日本で流行していたのは1960年代から70年代のあた りだったか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/01 12:02
悼話§千葉馨さん(ホルン吹き)
渋谷YAMAHAや銀座YAMAHAの楽譜売場などで、何度か偉丈 夫な彼の姿を見かけた。全身で“音楽好き”だと語っているかように 思われた。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2008/06/24 12:03
悼話§新聞もニュースも
読むのも見るのも意識的に避けた月曜日だった。そして、書く言葉の 一片すら見つけられず呆然としたまま。怒りとやるせない思い……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/10 12:03
悼話§内田勝さん(元・少年マガジン編集長)
『あしたのジョー』とか『巨人の星』のヒットで週刊少年マガジンの 黄金時代を築いた編集長だった。毎週毎週読み耽っていたのに、編集 長の名前を気にかけることなどなかった。そんなものか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/04 12:01
悼話§イヴ・サンローランさん(デザイナー)
40年近く前に、我々が知っていたフランスのファッション・デザイナ ーといえば、ピエール・カルダンとかイヴ・サンローランというのが “お約束”のような存在だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/03 12:01
悼話§塚田茂さん(放送作家)
塚田茂が夜のヒットスタジオの仕事をしていた時に、ニックネームを つけるのが得意だった司会の前田武彦が彼につけたのが“どんどんク ジラのおじさん”というものだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/19 12:01
悼話§石井桃子さん(文学者)
101歳まで矍鑠と生きておられた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/04/03 12:02
悼話§ジゥゼッペ・ディ・ステファノさん
実際の舞台姿には間に合わなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/04 12:04
悼話§N・ベススメルトノワさん(バレリーナ)
以前は“ベスメルトノワ”と言われていたような気がする。ボリショ イのバレエ監督だったユーリ・グリゴローヴィチは夫である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/21 12:04
悼話§松尾洋さん(オペラ・プロデューサー)
30年以上東京オペラ・プロデュースを率いて、数多くのオペラ上演を 行なってきた。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2008/02/20 12:03
悼話§市川崑さん(映画監督)
一つ前の東京オリンピックに関するトピックスを書いていたら、東京 大会の記録映画の監督をした市川崑が逝去したことを知った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/14 12:04
悼話§江藤俊哉さん(ヴァイオリニスト)
クラシックを聴きだした頃には、桐朋で教える立場になっていたので 彼が現役としてヴァイオリンを弾くところは見ていない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/23 12:03
悼話§K.H.シュトックハウゼンさん(作曲家)
1970年夏、関東からはるばると大阪万博に行ってきた。高度経済成長 真っ只中で、まだまだ“夢”らしきものが漂っていた時代である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/11 12:01
祈話§一周忌法要中継録画〜当日編〜
《承前》 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/03 12:03
舞話§モーリス・ベジャールへ[U]
《承前》 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/03 12:02
祈話§一周忌法要中継録画〜準備編〜
喪主や施主として、葬儀や法事などを営む機会など、そう多いわけで はないだろうが、人間が順序どおりに身罷っていけば、一度くらいは 務めることがあるかも知れない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/30 12:05
悼話§グードルン・ワーグナーさん(63歳)
バイロイト音楽祭の総監督で、今年88歳になったヴォルフガンク二度 目の妻である。彼女が今、音楽祭でどういった立場にあるのか知らな いので、いつものカッコ内の肩書きはパス。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/29 12:01
舞話§モーリス・ベジャールへ[T]
悼話から話を続ける。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/27 12:01
悼話§モーリス・ベジャールさん(振付家)
バレエの、それもモダンバレエへの眼を開かせてくれた巨人である。 あれやこれやは連休明けから書く。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/23 17:11
悼話§平野敬一さん(英文学者)
高校生の頃、まだ英語に見捨てられなかったぎりぎりの時期に“マザ ーグース”に興味を持った。その時に導いてくれた2人の英文学者が いた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/20 12:03
怒話§死ぬいわれのなかった二人・・・
一人は馬鹿なヤクザの誤射で、もう一人はビルの屋上から落ちてきた 人によって。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/16 12:01
悼話§稲尾和久さん(投手)〜神様、仏様〜
引退したのが1969年だから、数年はリアルタイムだったはずなのに、 彼がマウンドに立って投げている中継を見た記憶がない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/14 12:01
悼話§ポール・ティベッツさん(米国人兵士)
ここは“基本的に”死者を鞭打つ場所ではないのだが、このことに関 しては素直な個人的感情を述べさせてもらう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/05 12:01
悼話§ノリック・阿部典史さん(ライダー)
死亡のニュースを見て、てっきりレース中の事だと思った。NHKが モトGPの中継をやっていた時はマメに見ていたのに。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/09 12:06
悼話§若桑みどりさん(美術史研究者)
訃報を眼にして“えっ!”と驚いた。まだまだ積極的に活動を展開し ていくだろうと思っていたのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/09 12:01
悼話§望月朴清さん(小鼓奏者)
歌舞伎座の舞台後方に長唄が入った時、しばしば演奏する姿を見た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/27 12:01
悼話§土居甫さん(振付家)
表舞台で見かけたことはほとんどなかったが、テレビのヴァラエティ 番組のクレジットで見かけないことはなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/18 12:01
悼話§ルチアーノ・パヴァロッティさん(歌手)
“ベルカント”という言葉の意味を十全に理解できないままなのだが パヴァロッティこそ真にベルカントの人だということはわかる。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 2

2007/09/07 12:01
悼話§渡辺護さん(音楽評論家)
巡回しているブログで逝去を知った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/05 12:03
悼話§マイケル・ジャクソンさん(ビール評論家)
“酒話§マイケル・ジャクソンはビールがお好き”で紹介したお酒の 評論家――主にビールの――マイケル・ジャクソンが亡くなった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/04 12:01
魂話§京都・大文字送り火
先週、NHKで生中継をやっていたので見た。初めての試みらしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/20 12:02
悼話§佃正樹さん(野球選手)
自分より若い人間の訃報を聞くのはいつも複雑な気持ちである。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/17 12:05
悼話§元横綱・琴櫻関(先代佐渡ケ嶽親方)
琴風に始まって、3人の大関と数多くの幕内力士を輩出した、まさに 名伯楽であった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/15 12:03
悼話§中島通子さん(弁護士)
男女雇用機会均等法の制定に尽力していた。誰かがやるだろうと口を 開けて待っているだけではいけないのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/02 12:05
悼話§阿久悠さん(作詞家)
昨日の訃報は本当に驚いた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/02 12:02
悼話§イングマル・ベルイマンさん(演出家)
映画を観に行かない人間なので、彼の作品を観たことがないというこ とに関しては申し開きができない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/01 12:03
悼話§カール・ゴッチさん(レスラー)
40年近く前に日本のリングでファイトをしているテレビ中継を見てい る。おそらくは盛りを過ぎつつあったはずだが、軽快な動きだったこ とをよく覚えている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/31 12:02
悼話§小田実さん(作家)
与党の大敗を見届けたかのように生涯を終えた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/30 12:01
悼話§黒木靖夫さん(ミスターウォークマン)
ウォークマンとクラシック音楽は相性があまりいいとは思っていない ので、これまでにウォークマンを使ったことはほとんどない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/17 12:03
悼話§西山千さん(同時通訳者)
1969年7月、アポロ11号の月着陸船が初めて月に到達した。その時の 一連の様子を同時通訳していたのが西山千だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/13 12:02
悼話§ジェリー伊藤さん(俳優)
千田是也の甥だとは知らなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/11 12:01
悼話§宮澤喜一さん(政治家)
政治家は常に毀誉褒貶の存在で、この人もまた逃れることはできず、 政争の中で彼が本来首相になるべきタイミングを逸して、結果自民党 の一党支配の幕引きする役割を担ってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/29 12:04
悼話§観世栄夫さん(能楽師)『実朝出帆』
自動車事故があって、気がついたらお亡くなりになってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/11 12:05
悼話§羽田健太郎さん(ピアニスト・作曲家)
ずいぶんと前に、毎日音コンのピアノ部門で3位に入賞したが、ガチ のクラシックピアニストにはならず、むしろ作曲家としてのスタンス で活躍を求めた人だった。ではあるが、ピアノの腕だってもちろん。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/06 12:00
悼話§D・ハルバースタムさん(ジャーナリスト)
『ベスト&ブライテスト』を読もうとして挫折しました。自分の中で 読むため必要な能力と基本的な準備が完全に不足していたのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/27 12:04
悼話§B・エリツィンさん(ロシアの呑兵衛)
1991年の8月19日、ミュンヘンのホテルをチェックインする朝、部屋 のテレビをつけたら、ソ連が何やら不穏な情勢になっているというニ ュースが流れた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/26 12:01
悼話§中村四郎五郎さん(歌舞伎役者)
飄々とした舞台姿が楽しい名脇役だった。最後に舞台姿を見たのは、 2月の歌舞伎座『忠臣蔵』三段目で「えへん! バッサリ!」をする 伴内の家来の頭。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/24 12:05
悼話§植木等さん(俳優)
田舎の家の近くに東宝の封切館があった。東京からはずいぶん遅れて 封切される2本立てをよく観た。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/29 12:01
悼話§鴨志田穣さん(フリーカメラマン)
地下鉄にサリンが撒かれたり、イラク戦争が始まったりしたのと同じ 3月20日に鴨ちゃんが死んだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/23 12:03
悼話§エルンスト・ヘフリガーさん(テナー)
スイスのダヴォスで生まれたヘフリガーがダヴォスで死んだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/20 12:02
悼話§鈴木ヒロミツさん(モップス)
モップス時代に鈴木ヒロミツと星勝が歌った(語った?)『月光仮面』 の生演奏を聴いている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/15 12:04
悼話§小林恭治さん(声優)
姿を現さずに、若いキャラクターなどの声優として活躍していたりす ると、すっかり本人の年齢を考えなくなる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/12 12:03
悼話§渡辺和博さん(イラストレーター)
いわゆる“ヘタウマ”系のイラストレーターで、飄々とした味わいの 絵を描く人だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/07 12:03
悼話§青島幸男さん、岸田今日子さん
選挙の投票行為であれほど後悔したことはなかった。都知事選で青島 幸男に一票を投じて当選させたことである。もっともあの時は選択肢 がなかった。都市博だけに反応した我が身を愧じる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/21 12:03
悼話§郷司裕さん(球審)
苗字が珍しかったのでよく記憶している。高校野球の審判として、甲 子園のスコアボードに掲示された名前が最初だったと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/14 12:24
悼話§永山武臣さん(松竹会長)
この人は、新しい歌舞伎座の完成を見届けるまでは死なないだろうと 思っていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/14 12:17
悼話§宇井純さん(研究者)
東京大学で助手として働いていた宇井純が『公害原論』という公開講 座を始めたのは1970年のことだという。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/14 12:01
悼話§ポール・モーリアさん(作曲家・指揮者)
まだチェンバロという楽器を知らなかった頃に、この楽器の音色を聴 いたのは、ポール・モーリアの『恋は水色』だったのか、サイモン& ガーファンクルの『スカボロー・フェア』だったのか、相前後してい るとは思うがどっちだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/07 12:07
悼話§永沢光雄さん(作家)
まだ47歳という若さである。自分より歳の若い人間の死を知るのはい つも複雑で辛い思いでいる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/02 12:16
悼話§中村源左衞門さん(歌舞伎役者)
歌舞伎を観始めてほんの数年で、芯になる役者から主要な脇役まで、 本などを頼りに覚えてきた。その中の一人である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/23 12:15
悼話§弓削達さん、木村尚三郎さん(史学者)
先月の阿部謹也さん死去に続いて、我々の世代がお世話にな った歴史学者が相次いで死去した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/18 12:02
悼話§吉田玉男さん(文楽人形遣い)
何しろ文楽の実演自体が、この数年で数回という出席率なの で、何がどうのこうのとは言えない。この人の実演に接した のは一回だけだった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/02 12:02
悼話§阿部謹也さん(歴史学者)
大学を出て、社会に入ろうとしていた頃に出合って『中世を 旅する人びと』(平凡社)を読んだ。それ以来の“師”の一人 である。実際に会ったことは一度もない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/09/11 12:36
悼話§エリーザベト・シュヴァルツコプフさん
暮らしていたオーストリア西部の小さな街で亡くなった。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 2

2006/08/04 17:31
悼話§吉村昭さん、鶴見和子さん
吉村氏の作品にはほとんど縁がなかったが、しっかりしたス タンスで創作活動をされていたということは知っていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/04 12:08
悼話§宿澤広朗さん(ラガーマン)
まだ55歳だった。ラグビーと会社の仕事(銀行員)を両立させ た折り目正しさが随所に感じられた人である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/19 12:00
悼話§岩城宏之さん(指揮者&エッセイスト)
つい今しがたのネットニュースで知ったところである。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/13 17:40
悼話§米原万里さん(作家、同時通訳者)
癌であることを既に公表していたので、悪化しなければいい がと思っていたが、残念なことになってしまった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/29 17:35
悼話§アリダ・ヴァリさん(女優)
迂闊にも、彼女がイタリア人だということを知らなかった。 漠然と東欧系かと勝手に思い込んでいた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/04/26 12:23
憶話§JR福知山線事故一年
ブログを始めてまもなくだったこともあって記憶には生々し いものがある。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/04/25 12:34
悼話§米山俊直さん(文化人類学者)
昔々、京都の祇園祭を見に行こうと思い立ち、何か参考文献 はと探したのが、米山俊直と演習を学んでいる学生との合作 として刊行された中公新書の『祇園祭―都市人類学ことはじ め』だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/22 17:32
悼話§佐々木守さんと久世光彦さん
一般的に佐々木守は『ウルトラマン』の脚本家として記憶さ れるだろう。だが我々の世代ではむしろ『お荷物小荷物』の 斬新な脚本の作者として記憶されるはずである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/08 12:28
悼話§ビルギット・ニルソンさん(ソプラノ)
20世紀最大のドラマチック・ソプラノである ビルギット・ニ ルソンがなくなった。87歳。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 2

2006/01/12 12:03
悼話§ショパン猪狩さん(コメディアン)
「レッドスネイク、カモン!」でおなじみ東京コミックショ ーのショパン猪狩が亡くなった。76歳。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2005/11/28 12:54
悼話§ジェームズ・キングさん(テナー)
80歳だったということはディートリッヒ・フィッシャー・デ ィスカウと同い年である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/11/24 12:46
悼話§シンセサイザーのボブ・モーグさん
1960年代末頃に聴いた『スイッチト・オン・バッハ』が、モ ーグ・シンセサイザーの初めての体験で衝撃的なものだった。 ただ、まだ“ピーポー”音の珍しさで聴かせていたに過ぎず それ以上には音世界が広がりきっていなかった。その時点で シンセサイザーの可能性は未知数だった。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2005/08/24 12:25
悼話§ピーター・ジェニングスさん(アンカー)
アメリカabcでイブニングニュースのアンカーを22年務め たピーター・ジェニングスが亡くなった。67歳。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2005/08/09 12:58
悼話§杉浦日向子さん(漫画家・エッセイスト)
まだ46歳。訃報を目にして「ああっ」と嘆息してしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/25 12:55
悼話§トマス・カクシュカさん(ヴィオラ奏者)
もう一つの訃報は、もう20年近く楽しませてもらった、アル バン・ベルク・クァルテット(ABQ)のヴィオラ奏者トマス・ カクシュカについてである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/09 09:53
悼話§串田孫一さん(随想家)
懐かしい名前をお見かけするのは訃報欄という日々が続き、 串田さんが89歳でお亡くなりになったという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2005/07/09 09:29
悼話§永島慎二さん(漫画家)
昨日に続いて訃報についてになってしまった。リアルタイム で読んだわけではなかったが『漫画家残酷物語』『フーテン』 などは70年代末頃に読んだ記憶がある。新宿が根城で、喫茶 店にたむろして、ちょっと金が入るとしょんべん横丁あたり の定食屋で鯨カツを食うとか、永島慎二をもじって“長暇貧 二”なる、まさにご本人を登場させての私小説風かつセンチ メンタルな作品を、当時の風俗への好奇心も手伝ってか、飽 きもせずに読んでいた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/06 12:33
悼話§天野滋さん(歌手・NSP)
今聞いたらちょっと恥ずかしい“青春のセンチメンタル”の 塊りのような曲を歌っていたニュー・サディスティック・ピ ンクの天野さんが52歳でお亡くなりになったと朝刊の訃報欄 で知った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/05 12:55
悼話§ゲーナ・ディミトローヴァさん(歌手)
昨日の新聞を開いて驚いた。64歳とはいかにも早い。歌おう と思えばまだまだ歌える年齢であるのに……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/06/15 12:29
悼話§アン・バンクロフトさん(Mrs.ロビンソン)
アン・バンクロフトが亡くなった。『奇跡の人』のサリヴァ ン先生や、『愛と喝采の日々』のベテラン・ダンサーなどが 記憶にあるが、何といっても『卒業』のミセス・ロビンソン に尽きる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/06/14 12:58
悼話§二子山親方(元大関・貴ノ花)
大鵬親方の定年挨拶から一週間、重体と聞いてはいても享年 55歳の死というのは早過ぎる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/31 12:27
事話§JR宝塚(福知山)線の惨事
一報をネットのニュースで見て眼を疑ってしまった。建物に ひしゃげた電車が張りついている映像であった。何が起こっ たのかと思ううちに時々刻々と様子が報道されてとんでもな い大惨事だということを認識せざるを得なかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/04/26 12:06
悼話§最後の越後瞽女……
「最後の越後瞽女」小林ハルさん死去(新潟・黒川村) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/04/25 12:41
悼話§高田渡にまつわるあれこれ
フォークシンガーの高田渡が亡くなった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/04/20 12:52

トップへ | みんなの「追悼」ブログ

  ビッグイシュー基金      
ひだまりのお話 追悼のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる