アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「モーツァルト」のブログ記事

みんなの「モーツァルト」ブログ

タイトル 日 時
簧話§ブラームス〜秋から冬への音楽〜
春や夏を過ごしている時はそれほど感じないのだが、秋に入った頃か ら聴きたいと思う音楽の嗜好が明らかに変わってきて、しかもおよそ 毎年判で押したように同じような音楽が思い浮かんでしまう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/25 00:00
搏話§鶴クァルテット第3回演奏会
搏話§鶴クァルテット第3回演奏会 台風21号“ラン”が接近、しかも衆議院議員選挙投票日という日曜日 の午後、和光大学ポプリホール鶴川で行われた鶴クァルテット第3回 演奏会に行ってきた。プログラムは以下のとおり。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/24 00:01
顧話§今日の歴史〜最後の交響曲第41番〜
1788年8月10日、モーツァルトがジュピター交響曲を完成。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/10 00:01
螺話§シュテファン・ドールのホルン協奏曲
螺話§シュテファン・ドールのホルン協奏曲 先週の火曜日、武蔵野市民文化会館小ホールで行われた、シュテファ ン・ドールが演奏したモーツァツトのホルン協奏曲全4曲を聴いた。 ドールは言うまでもなくベルリン・フィルの首席ホルン奏者である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/18 00:01
週話§日曜片々〜今月の予定〜
6月後半は2週間の盛りだくさんな旅行であったが、7月は一転して 地味めに推移していきそうだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/02 00:00
顧話§今日の歴史〜結婚生活9年〜
1782年8月4日、モーツァルトとコンスタンツェ結婚。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/04 00:01
顧話§今日の歴史〜7月4日に生まれて〜
1776年7月4日、アメリカ独立宣言。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/04 00:01
悼話§ピーター・シェーファーさん(作家)
モーツァルトとサリエリの葛藤を戯曲にした『アマデウス』は優れた 作品だった。これは、まず最初に演劇で観て、次に映画でという順序 だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/17 00:00
週話§土曜草々〜十八世中村勘三郎〜
今年も12月5日が巡ってきた……十八世中村勘三郎の逝去から3年。 そしてモーツァルト224回目の命日でもある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/05 00:00
天話§三島由紀夫九十歳
1970年11月25日、三島由紀夫が割腹自殺をした日である。あれから45 年が経ち、昭和と年齢がシンクロしていた三島は、生きていれば90歳 になる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/25 00:01
悠話§定年直前旅[27]マチネーの演奏会
悠話§定年直前旅[27]マチネーの演奏会 [承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/11 00:00
墺話§ハイドンとモーツァルトの時間差
フランツ・ヨーゼフ・ハイドンは1732年に生まれて1809年に没した。 つまり、モーツァルトよりも早く生まれて、彼よりも18年長命なのだ った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/08 00:00
経話§アバドとベーム〜八十歳〜
経話§アバドとベーム〜八十歳〜 先月80歳で亡くなった、クラウディオ・アバド最後の録音と思われる CDを聴いた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/27 00:00
惜話§夏季休暇〜魔笛〜ゼンパーオパー
惜話§夏季休暇〜魔笛〜ゼンパーオパー [承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/17 00:00
調話§アンドレアス・ショル〜武蔵野〜
三連休の初日、武蔵野までカウンター・テナーのアンドレアス・ショ ルが歌うドイツリートを聴いてきた。レパートリーを広げていこうと いうショルの意欲的な試みである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/16 00:01
惜話§夏季休暇〜フィガロの結婚[下]〜
惜話§夏季休暇〜フィガロの結婚[下]〜 [承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/10 00:00
白話§ヘレヴェッヘのレクイエム(所沢)
白話§ヘレヴェッヘのレクイエム(所沢) 日曜日の午後、所沢ミューズでフィリップ・ヘレヴェッヘ指揮、シャ ンゼリゼ管弦楽団、コレギウム・ヴォカーレ・ガン(ゲント)の演奏会 を聴いてきた。モーツァルト晩年の2曲である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/11 00:00
週話§日曜雑感〜ヘレヴェッヘを聴く〜
思いついて買ったチケットで、今日の午後は所沢までヘレヴェッヘが 指揮するモーツァルトを聴きに行ってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/09 00:00
諧話§一日一句〜アマデウスを聴こう〜
季語は・・・風光る ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/29 00:01
悼話§中村勘三郎さん(先代中村勘九郎)
悼話§中村勘三郎さん(先代中村勘九郎) 十八代目中村勘三郎が死んだ。常々、自分より年若い人間の死を見る のは辛いと言っているが、一歳年下のほぼ同世代の死を見るのは辛く 悲しい。書きたいことはたくさんある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/06 00:00
遊話§魔笛〜ピーター・ブルック〜[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/29 00:00
遊話§魔笛〜ピーター・ブルック〜[上]
遊話§魔笛〜ピーター・ブルック〜[上] 先週の土曜日、ケラー四重奏団の演奏会に続いて、埼京線を北上して 彩の国さいたま芸術劇場でピーター・ブルック演出の『魔笛』を観て きた。通常3時間かかる上演が半分の90分に刈り込まれているのだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2012/03/28 00:00
週話§土曜閑居〜ダブルヘッダーなり〜
できれば避けたいコンサートのダブルヘッダーだが、本日はよんどこ ろない事情でダブルヘッダーをすることになってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/24 00:00
木話§クラリネット五重奏曲を耳にして
土曜日にドイツ文化会館で行われたバイエルン国立歌劇場メンバーに よるチャリティ演奏会で、久々にモーツァルトのクラリネット五重奏 曲を生で聴いた。20年ぶりくらいだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/27 00:02
週話§日曜呟き〜室内楽演奏会〜
昨日は夕方からドイツ文化会館で催されたバイエルン国立歌劇場有志 による>3・11チャリティ室内楽演奏会に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/25 00:00
謎話§ハイドンの交響曲とクラリネット
ハイドンが自らの交響曲にクラリネットを使ったのは、モーツァルト の死から2年が過ぎた1793年の第99番でのことである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/03 00:00
振話§バッハの無伴奏チェロ組曲・・・
地震が起きてしばらくは、頭の中がそのことで埋まっていたようで、 心の余裕というものが枯渇しかかっていたようだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/29 00:02
闘話§フィガロは戦う・・・
『フィガロの結婚』である。中には甘くロマンチックなラブソングも あるが、それより何より“対立”を増幅するような歌と音楽に満ち満 ちているとは思わないか? ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/18 00:01
存話§ベートーヴェンの年齢を・・・
どうやらベートーヴェンよりは何か月か長生きしたようである。それ で気がついたら、マーラーやチャイコフスキーよりもとっくに長生き だったという……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/15 00:00
共話§待降節独墺旅[21]ドレスデン(四)
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/09 00:00
鍵話§内田光子&モーツァルトの協奏曲
去年とまったく同じ時期以来のサントリーホール訪問となった日曜の 夜、内田光子の弾き振りでモーツァルトのピアノ協奏曲を2曲聴いた である。オーケストラはクリーブランド管弦楽団。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/17 00:00
週話§日曜悠々〜サントリーホール〜
クラシックのコンサートに出かける比率が減ったのは歌舞伎を見始め るようになってからだが、それ以前でもサントリーホールに出かける のは年に数回とかもなかったのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/14 00:00
楽話§アンスネス&ノルウェー室内管
深夜には強風が吹き荒れた日曜、明ければ交通機関に乱れが生じてい た。念のためと少し早めに家を出て、昼食を済ませオペラシティへ。 レイフ・オヴェ・アンスネスとノルウェー室内管弦楽団である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/24 07:26
呟話§一言つぶやき〜バッソンでしょ〜
リリー・クラウスがピアノを弾いて、モーツァルトのピアノと管楽器 のための五重奏曲(変ホ長調 Kv.452)の管楽器メンバーは、これまた 懐かしい30年以上前のフランスの管楽器奏者が吹いているのだが…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/14 09:53
翁話§カール・ベームのモーツァルト
このブログを始めた頃には、カール・ベーム没後四半世紀なる文章を 書いたが、来年は早くも没後30年となる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/26 07:45
才話§モーツァルト 弦楽四重奏曲第14番
14番(ト長調 Kv.387)である。ハイドンセットを買ったのは『狩』が 聴きたかったからという単純な理由からだが、聴いてみればハイドン セットの中でも一二を争うおもしろさである。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/01/21 07:17
才話§モーツァルト 弦楽四重奏曲第15番
ハイドン・セット唯一の短調である。初期にもう一曲だけ短調の曲が あるくらい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/18 07:39
呟話§一言つぶやき〜551蓬莱〜
551蓬莱という“豚まん屋”があるが“551”という数字は…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/14 07:30
才話§モーツァルト 弦楽四重奏曲第20番
モーツァルトの弦楽四重奏曲第20番(ニ長調 Kv.499)は献呈した人物 から『ホフマイスター』と呼ばれている。モーツァルトが書いた20曲 余りの弦楽四重奏曲の中では第一に挙げたい一曲である。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2010/01/12 07:22
悼話§A・デ・ラローチャさん(ピアニスト)
アリシア・デ・ラローチャが死去した。86歳だった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2009/09/27 08:13
龍話§普通の才能の人間が
芥川也寸志が書いた岩波新書の一節に、モーツァルトをさして…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/20 07:22
顕話§ミュンヘン一週間[14]魔笛
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/19 08:14
顕話§ミュンヘン一週間[8]女はみんな〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/11 08:36
維話§初めてのウィーン[21]名残のフィガロ
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/25 08:19
若話§ミュンヘンで観た『魔笛』H.プライ
1987年7月のミュンヘン・オペラフェスティバルで『魔笛』を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/13 12:02
愉話§コシ・ファン・トゥッテ〜ムーティ〜
土曜日のウィーン国立歌劇場日本公演『コシ・ファン・トゥッテ』に 行ってきた。バイロイトで『パルジファル』を観て、その次のオペラ がムーティ指揮のウィーン国立歌劇場というぜいたく……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/30 12:01
維話§ブーレーズ〜内田〜テツラフ〜・・・
珍しくCDの新盤を買った。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/10/14 12:03
愉話§モーツァルト〜交響曲第29番〜
39番から41番まで、いわゆるモーツァルト最後の交響曲集が重いなと 感じた時には、29番がぴたりとはまることがしばしばである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/06 12:02
替話§長い〜コシ・ファン・トゥッテ〜長い
この秋のウィーン国立歌劇場日本公演は、これだけは!と思っている 『コシ・ファン・トゥッテ』を辛うじて押さえることができた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/25 12:02
笛話§フルートでこんな曲を吹いていた[Y]
[承前] ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/24 12:03
駆話§モーツァルト“ジュピター”交響曲
交響曲第41番の第4楽章……ドーレーファーミーと、ハ長調の単純な フーガの主題が弦楽器によって奏でられると、素朴かつ根源的に胸が ときめいてくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/13 12:45
笛話§フルートでこんな曲を吹いていた[X]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/05 12:03
鍵話§モーツァルト『ピアノ協奏曲第23番』
モーツァルト後期のピアノ協奏曲の中では最も好きな一曲である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/28 12:02
寵話§映画『アマデウス』再見
先週の土曜日に、ディレクターズ・カット版の『アマデウス』が放送 された。3時間超の作品だったが、最初の1時間だけ観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/22 12:05
汗話§初めての『ドン・ジョヴァンニ』嗚呼
『ドン・ジョヴァンニ』の実演を観たのは今回で6回目くらい。モー ツァルトの主要オペラの中でも少ない回数である。もっと少ないのは 『後宮からの逃走』で2回だけ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/10 12:02
歌話§『ドン・ジョヴァンニ』ベルリン国立歌劇場
モーツァルトのオペラを観るのはいつ以来だろうかというくらい、本 当に久々のような気がする。先週土曜日は最終上演だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/09 12:23
出話§今日はオペラだ!〜ドン・ジョヴァンニ〜
今日はオペラだ! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/06 10:04
墺話§『魔笛』ザルツブルク音楽祭2006
BSハイビジョンで放送していたので、第一幕だけを見た。まだハイ ビジョンが録画できる機材を調達していないのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/05 12:02
弦話§モーツァルトのヴァイオリン・ソナタ集
このところCDプレイヤーに入れっぱなしで聴いているのが、モーツ ァルトのヴァイオリン・ソナタ集である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/13 12:02
管話§クラリネット協奏曲と五重奏曲
モーツァルトがクラリネットのために書いた協奏曲と五重奏曲、どち らもイ長調で作曲されているが、オーケストラ伴奏と弦楽とのアンサ ンブルという編成の違いが曲の性格も左右しているような気がする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/16 12:01
楽話§ベーム『フィガロの結婚』来日公演
1980年ウィーン国立歌劇場来日公演の『フィガロの結婚』がNHKに 残っていたようで、来月下旬にはDVD発売というのはうれしいニュ ースである。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/15 12:03
人話§影響を受けた音楽家[1-T]
長くクラシック音楽を聴いてきて、本当に多くの音楽家を知った。そ の中でも大きな影響を受けた人達について書いてみようと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/16 12:03
モ話§ハーディングのモーツァルト交響曲3曲
3曲それぞれ、普通なら30分足らずの交響曲であるのに、繰 り返しを忠実に行なったので35分以上を要することになった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/10 12:05
三話§ハーディングが振るモーツァルトの交響曲
39、40、41番の交響曲後期三部作を聴いて帰ってきたところ だが、19時開演でジュピターが高らかに謳い上げられたのが 21時半を過ぎていた。すべて“指定どおり”に繰り返された ためである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/06 23:37
音話§アーノンクールの『フィガロの結婚』
日曜日の午後、NHKFMが早々と今年のザルツブルク音楽 祭の『フィガロの結婚』を放送した。最近NHKは公演から 早い時期に放送をするが、近年のネット配信とかいった要素 に圧されてのことかどうか。都合で、三幕半ば過ぎくらいま でしか聴けなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/28 12:25
音話§アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク
初めて聴いたモーツァルトの曲が何だったのか、まったく記 憶にないが、初めて聴いた実演のモーツァルトはこの曲で、 演奏したのはイ・ムジチ合奏団で1973年のこと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/01/27 12:33
音話§ヴォルフガンク・アマデウス・モーツァルト
1756年ザルツブルクに生まれたヴォルフガンク・アマデウス・ モーツァルトが1月27日に250歳の誕生日を迎える。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/01/27 12:16
音話§オペラ指揮者ペーター・シュナイダー
小澤征爾が急病でウィーンの『イドメネオ』を降板、ペータ ー・シュナイダーが後を引き受けたというニュースを読んだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/01/17 12:40
音話§モーツァルト35歳、モーツァルト6歳
FMからモーツァルトのレクイエムが流れていた。ずいぶん 久しぶりだったのでしみじみと聴きいってしまった。演奏は フィリップ・ヘレヴェッヘ指揮のもの。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/09/06 12:34
歴話§モーツァルトとアメリカ合衆国の独立
一昨日は、アメリカの独立記念日であった。1776年7月4日 のことであったというわけだが、その時モーツァルトはちょ うど20歳という年齢であった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/06 12:54

トップへ | みんなの「モーツァルト」ブログ

ビッグイシュー基金      
ひだまりのお話 モーツァルトのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる