アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「舞台」のブログ記事

みんなの「舞台」ブログ

タイトル 日 時
週話§日曜片々〜四月大歌舞伎夜の部〜
週話§日曜片々〜四月大歌舞伎夜の部〜 今日の午後は、ゆっくりと出ていって歌舞伎座夜の部へ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/09 00:00
錨話§三月大歌舞伎昼の部〜仁左衛門〜
錨話§三月大歌舞伎昼の部〜仁左衛門〜 今月の歌舞伎座は、仁左衛門の碇知盛が観たくて昼の部のチケットを 買っていたのだ。昼の部はその他に『明君行状記』と『神楽諷雲井曲 毬〜どんつく〜』の三本立て。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/22 00:01
継話§猿若祭二月大歌舞伎〜二人桃太郎〜
継話§猿若祭二月大歌舞伎〜二人桃太郎〜 あれこれの理屈を並べるのは野暮なので、楽しい舞台だったと一言。 だけど、彼らが父親の年齢になる時の我々は九十代だと気がついて、 そこまでがんばって観ることができるだろうかとは無理もないこと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/09 00:00
継話§猿若祭二月大歌舞伎夜の部
継話§猿若祭二月大歌舞伎夜の部 今年は京から江戸に歌舞伎が下ってきて三百九十年なのだそうだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/07 00:00
板話§今日は壽初春大歌舞伎昼の部へ
板話§今日は壽初春大歌舞伎昼の部へ 吉右衛門の『沼津』を観ておかなくてはということで、正月の歌舞伎 座は昼の部一本。とはいえ今月は、浅草と新橋にも出かけているので マメな観劇行動である……さすがに国立劇場までは足が向かないが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/23 00:00
板話§壽新春大歌舞伎〜右團次襲名披露〜
板話§壽新春大歌舞伎〜右團次襲名披露〜 先週の木曜日、新橋演舞場で行われている市川右近改め三代目市川右 團次の襲名披露興行に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/23 00:00
週話§土曜些事〜メニューを朗読して〜
今日はフランスの舞台女優サラ・ベルナールの誕生日である。1844年 に生まれているから172年前のことである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/22 00:00
板話§芸術祭十月大歌舞伎〜芝翫襲名〜
板話§芸術祭十月大歌舞伎〜芝翫襲名〜 さて、橋之助改め八代目中村芝翫襲名公演夜の部に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/21 00:00
週話§日曜些事〜橋之助の芝翫襲名〜
週話§日曜些事〜橋之助の芝翫襲名〜 七代目中村芝翫が亡くなったのは2011年10月のことで、逝去から6年 経った同じ10月に七代目の次男橋之助が八代目芝翫を襲名する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/16 00:00
舎話§今日は八月納涼歌舞伎第二部
舎話§今日は八月納涼歌舞伎第二部 ……という旅立ちを翌日に控えて、呑気に納涼歌舞伎を観に行ったり するもいとをかし。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/10 00:01
繭話§四谷怪談〜コクーン歌舞伎〜
繭話§四谷怪談〜コクーン歌舞伎〜 シアターコクーンで『四谷怪談』は2回目。前回は10年前で、北番と 南番という2バージョンを観ている。演出は今回も串田和美である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/22 00:00
若話§六月大歌舞伎第一部〜碇知盛〜
若話§六月大歌舞伎第一部〜碇知盛〜 歌舞伎座のお客が減るのは“にっぱち”だけではないということだろ う。松竹もそのあたりのリサーチはできているようで、今月は三部制 で『義経千本桜』通し上演を出してきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/20 00:01
爛話§六月大歌舞伎第一部へ〜碇知盛〜
爛話§六月大歌舞伎第一部へ〜碇知盛〜 当月の歌舞伎座は、納涼と同様に三部制で『義経千本桜』を通し上演 するが、そのうち二部は見送って、若手が主役を務める一部と三部を 観る。今日はまず一部『碇知盛』である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/16 00:01
再話§アンコールの夜〜「朗読の夜」#8〜
再話§アンコールの夜〜「朗読の夜」#8〜 ちょっと縁あって“KAKUTA”という小劇団系のお芝居を観てきた…… 先週火曜日の13時開演で、錦糸町からちょっと歩いてスカイツリーが 間近に見えるすみだぱーくスタジオ倉という小さな劇場である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/17 00:00
幼話§團菊祭五月大歌舞伎〜寺嶋和史〜
幼話§團菊祭五月大歌舞伎〜寺嶋和史〜 今年の団菊祭夜の部のお客さんのほとんどが、当月歌舞伎座で初お目 見得となる菊之助長男寺嶋和史が“出演”する『勢獅子音羽花籠』が めあてだと言っても言い過ぎではなかろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/12 00:01
週話§日曜些事〜團菊祭五月大歌舞伎〜
週話§日曜些事〜團菊祭五月大歌舞伎〜 お目当ては、夜の部一本目の『勢獅子音羽花籠』だが、菊之助長男で 2歳5か月の寺嶋和史が初お目見得という御祝儀舞台である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/08 00:00
板話§壽初春大歌舞伎昼の部千穐楽近く
板話§壽初春大歌舞伎昼の部千穐楽近く 今年初めての歌舞伎座は先週金曜日の昼の部だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/27 00:01
週話§日曜草々〜ギエムの見納め〜
1985年、新しいエトワールとして初来日したシルヴィ・ギエムの『白 鳥の湖』を観て度胆を抜かれて30年……ギエムの引退公演を観に行く 日である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/20 00:00
藝話§十月大歌舞伎夜の部へ〜阿古屋〜
藝話§十月大歌舞伎夜の部へ〜阿古屋〜 今日は十月大歌舞伎夜の部に行ってくる。出し物は、すっきり2本。 玉三郎の『阿古屋』と、二世尾上松緑追善狂言『髪結新三』で、新三 を務めるのは四代目。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/21 00:01
紀話§十月大歌舞伎昼の部〜二世松緑追善〜
紀話§十月大歌舞伎昼の部〜二世松緑追善〜 芸術祭十月大歌舞伎は二世尾上松緑二十七回忌追善ということで、彼 が得意とした演目が昼夜かかるというもの。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/13 00:00
童話§九月大歌舞伎〜秀山祭〜夜の部
童話§九月大歌舞伎〜秀山祭〜夜の部 今年の秀山祭夜の部は『伽羅先代萩』の通し上演である。通し狂言は 欠かさないと決めているので当然ながらのお出かけ。定年後を見据え たわけではないが、先週水曜日の午後半休で歌舞伎座に。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/15 00:00
週話§土曜草々〜歌舞伎はしばらく〜
ゴールデンウィーク最終日に五月大歌舞伎を観たところで6月、7月 の歌舞伎見物はお休みである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/16 00:00
風話§五月大歌舞伎〜團菊祭〜[下]
風話§五月大歌舞伎〜團菊祭〜[下] [承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/13 00:00
風話§五月大歌舞伎〜團菊祭〜[上]
風話§五月大歌舞伎〜團菊祭〜[上] 八連休最終日も穏やかに晴れた。毎度ながら昼の部のために、9時前 には我が家を出て、電車を乗り継ぎ歌舞伎座へ。途中、お昼ごはんを 買うことも忘れてはならない。最近のお気には松屋地下のおにぎり。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/12 00:00
駒話§四月大歌舞伎夜の部〜鴈治郎襲名〜
駒話§四月大歌舞伎夜の部〜鴈治郎襲名〜 今月の歌舞伎座は“両花”だった。下手側にある通常の花道に加え、 上手に仮花道を付けての公演だから、観る客の側にしたら、なかなか 悩ましい舞台の設営ではあったのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/14 00:00
週話§土曜草々〜四月大歌舞伎夜の部〜
週話§土曜草々〜四月大歌舞伎夜の部〜 上方の成駒屋の名跡である鴈治郎を中村翫雀が襲名する四月大歌舞伎 夜の部に行ってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/11 00:00
卯話§スーパー喜劇『かぐや姫』
卯話§スーパー喜劇『かぐや姫』 というわけで、年に一度の直美ちゃん観劇に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/31 00:00
週話§日曜草々〜藤山直美のかぐや姫〜
週話§日曜草々〜藤山直美のかぐや姫〜 2週続きで『菅原伝授手習鑑』を観た、その舞台の印象が抜け切らな いというのに、今日は新橋演舞場で『かぐや姫』を観るのだ。主役の かぐや姫はもちろん直美ちゃんだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/29 00:00
梅話§三月大歌舞伎〜染五郎の松王丸〜
梅話§三月大歌舞伎〜染五郎の松王丸〜 前週に引き続いての夜の部である。演目は三つ『車引』と『賀の祝』 それに『寺子屋』だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/24 00:00
週話§土曜草々〜夜の部も菅原通し〜
週話§土曜草々〜夜の部も菅原通し〜 今日は歌舞伎座夜の部で『菅原伝授手習鑑』通しの後半『車引』『賀 の祝』『寺子屋』を観る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/21 00:00
梅話§三月大歌舞伎〜仁左衛門の菅丞相〜
梅話§三月大歌舞伎〜仁左衛門の菅丞相〜 日曜日に昼の部を観た。どうしても観ておきたかった通し狂言だった が、このスケジュールでしか歌舞伎座に行けず、昼の部の席は3階の 最後列。新しくなった3階席からも、花道の七三が見下ろせるのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/17 00:00
週話§日曜草々〜三月大歌舞伎は菅原〜
週話§日曜草々〜三月大歌舞伎は菅原〜 梅の時季に合わせてか、三月の歌舞伎座は『菅原伝授手習鑑』の通し が出るので、当然のことながら昼夜と歌舞伎座通いをするのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/15 00:00
外話§壽初春大歌舞伎夜の部〜残りは〜
外話§壽初春大歌舞伎夜の部〜残りは〜 [承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/14 00:00
正話§壽初春大歌舞伎夜の部〜黒塚〜
正話§壽初春大歌舞伎夜の部〜黒塚〜 昭和の頃の10日だったら松の内と呼ばれていたのが、正月飾りのある 歌舞伎座にしても、すっかり正月が明けたような雰囲気が感じられる のだ。そこに猿之助が目覚ましい舞台を見せてくれた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/13 00:00
勢話§笑う門には福来たる〜新橋演舞場〜
勢話§笑う門には福来たる〜新橋演舞場〜 日曜日、新橋演舞場の『笑う門には福来たる〜女興行師吉本せい〜』 を観てきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/09 00:00
若話§十月大歌舞伎夜の部〜勘九郎!〜
若話§十月大歌舞伎夜の部〜勘九郎!〜 十月大歌舞伎は、十七世勘三郎二十七回忌、十八世勘三郎三回忌追善 ということで、故人ゆかりの演目が昼夜と並んだ。観たかった演目は 夜の部に集中していたので、今月の歌舞伎座通いは一回だけである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/20 00:00
週話§土曜日乗〜十月大歌舞伎夜の部〜
週話§土曜日乗〜十月大歌舞伎夜の部〜 今年の歌舞伎納めとなってしまった。11月と12月の歌舞伎座はパス。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/18 00:00
板話§秀山祭九月大歌舞伎〜法界坊〜
板話§秀山祭九月大歌舞伎〜法界坊〜 三連休最終日の昼の部は二本立て、11時開演して最初の演目は『鬼一 法眼三略巻』から“菊畑”が、そして『隅田川続俤』は、吉右衛門の 法界坊である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/17 00:01
週話§祝日日乗〜秀山祭九月大歌舞伎〜
週話§祝日日乗〜秀山祭九月大歌舞伎〜 初代吉右衛門生誕120年を記念して、二代目吉右衛門が催しを始め た秀山祭は2006年に始まったので、まだ歴史は10年に満たない。初代 が死んだ2週間後に生まれた身としては、なかなか遠い存在である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/15 00:00
板話§八月納涼歌舞伎第三部〜乳房榎〜
板話§八月納涼歌舞伎第三部〜乳房榎〜 雲行きが怪しく時折雨が降る土曜日の午後、歌舞伎座で納涼歌舞伎の 第三部を観てきた。終演が21時半近かったので我が家からは車での往 復となった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/19 00:00
週話§土曜日乗〜納涼歌舞伎第三部〜
週話§土曜日乗〜納涼歌舞伎第三部〜 納涼歌舞伎と銘打ってはいるが、はや立秋も過ぎて、既に残暑という 中を歌舞伎座へと足を運ぶ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/16 00:00
板話§八月納涼歌舞伎第二部〜たぬき〜
板話§八月納涼歌舞伎第二部〜たぬき〜 台風11号をうまいことかいくぐって歌舞伎座へ。我が家直近の停留所 からバスに乗りさえすれば、歌舞伎座までは濡れずに入場することが できる……何ともありがたいことではありませんか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/13 00:00
週話§日曜日乗〜納涼歌舞伎第二部〜
週話§日曜日乗〜納涼歌舞伎第二部〜 午後から八月納涼歌舞伎第二部を観に行ってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/10 00:00
板話§三人吉三〜コクーン歌舞伎〜
板話§三人吉三〜コクーン歌舞伎〜 張り詰めた3時間の舞台……“伝統の中の革新”を見せてもらった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/18 00:00
板話§六月大歌舞伎夜の部〜名月八幡祭〜
板話§六月大歌舞伎夜の部〜名月八幡祭〜 本当は昼の部、仁左衛門が故障から復活出演した『お祭り』も観たか ったが、どうにもスケジュールが合わずに断念。15分ほどの踊りなの で幕見も考えたが諦めてしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/17 00:00
週話§日曜日乗〜三人吉三@コクーン〜
週話§日曜日乗〜三人吉三@コクーン〜 勘三郎が残した二人の息子、勘九郎と七之助がそれぞれ和尚とお嬢を 務め、そこに若手の尾上松也がお坊で絡む、コクーン歌舞伎第14弾の 『三人吉三』を観る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/15 00:00
週話§土曜日乗〜六月歌舞伎夜の部〜
週話§土曜日乗〜六月歌舞伎夜の部〜 今日と明日、歌舞伎のダブルヘッダーである。今日は歌舞伎座で夜の 部を観る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/14 00:00
人話§歌舞伎役者伝〜中村梅玉〜[16]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/14 00:00
人話§歌舞伎役者伝〜坂東亀三郎〜[15]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/08 00:01
卿話§四月大歌舞伎昼の部+一條大蔵譚
卿話§四月大歌舞伎昼の部+一條大蔵譚 一日中気温が上がらなかった日曜日、2013年の柿落としから丸一年が 経った歌舞伎座昼の部を観てきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/22 00:00
週話§日曜日乗〜四月大歌舞伎昼の部〜
歌舞伎座が新たに開場して早いもので丸一年が過ぎた。この一年も、 去年の10月を除いたものの、それ以外は月に一度は必ずという精勤の 日々なのだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/20 00:00
懸話§三月大歌舞伎〜吉右衛門の弁慶〜
三連休初日の金曜日、三月大歌舞伎夜の部を観てきた。おめあては、 もちろん吉右衛門が弁慶を務める『勧進帳』である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/25 00:00
週話§祝日日乗〜三月大歌舞伎〜
どうしても観たかった吉右衛門が弁慶を務める『勧進帳』が上演され る夜の部に行ってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/21 00:00
不話§心謎解色糸〜二月花形歌舞伎〜
9時過ぎに西新宿の都庁前をスタートした東京マラソンのトップグル ープが銀座に近づきつつある10時半過ぎに歌舞伎座入場。3回あった 休憩時間に大間越しで一般ランナーの奮闘を眺めた程度なのだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/25 00:00
週話§日曜日乗〜二月花形歌舞伎昼の部〜
鶴屋南北が書いた通し狂言『心謎解色糸』が上演されたのは、国立劇 場が1973年に1回だけという、おそらくは珍しい部類の芝居である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/23 00:00
週話§日曜日乗〜藤山直美ちゃん!〜
年に一度は藤山直美! (`・ω・´)ノ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/16 00:00
鎌話§二月花形歌舞伎夜の部〜白浪五人男〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/13 00:01
週話§土曜日乗〜二月花形歌舞伎夜の部〜
大歌舞伎の平均年齢が高くなり、花形役者も待ったなしの状況が既に やってきているという意味で、二月夜の部は青砥稿花紅彩画『白浪五 人男』が若手花形によって舞台にかけられる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/08 00:00
悼話§中村吉之丞さん(歌舞伎役者)
中村吉右衛門の播磨屋一門の長老で、端正な脇女形として舞台を締め ていた中村吉之丞が亡くなった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/29 00:01
春話§浅草歌舞伎第二部[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/29 00:00
春話§浅草歌舞伎第二部[上]
休日の浅草は大賑わいである。まずもって仲見世を人にぶつからずに 歩くことなどは無理な話で、あまりの人ごみにさっさと脇道へと避難 するのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/28 00:00
週話§土曜日乗〜浅草歌舞伎第二部〜
土日連荘で遊ぶことになってしまった。今日の午後は、浅草歌舞伎の 観劇に行くのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/25 00:00
寿話§壽初春大歌舞伎夜の部
大寒を前にした日曜日の午後、車を走らせて歌舞伎座へ。壽初春大歌 舞伎夜の部に行ってきた。初歌舞伎だが1月は夜の部のみ。昼の部は パスをしたのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/21 00:01
週話§土曜日乗〜本日初歌舞伎夜の部〜
松取れて一週間過ぎたというタイミングで初春大歌舞伎を観てくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/18 00:00
病話§歌舞伎への不安・・・
来年の3月、4月に予定されていた、中村福助の七代目歌右衛門襲名 が、本人の体調不良で延期になってしまった。何とも不本意かつ残念 なのは、我々以上に本人が感じていることだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/25 00:00
杏話§小山三ひとり語り〜読書〜
中村屋最古参で今年93歳、もちろん歌舞伎役者最高齢の中村小山三が 月刊『演劇界』に連載していた聞き語りが『小山三ひとり語り』とい う題名で一冊の本になった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/06 00:01
眺話§シルヴィ・ギエム〜何処へ〜
先週土曜日に五反田ゆうぽうとホールで、シルヴィ・ギエム&&アク ラム・カーン・カンパニーの『聖なる怪物たち』を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/04 00:00
週話§土曜雑感〜シルヴィ・ギエム〜
2011年11月にギエム自身が企画した東日本大震災支援パフォーマンス 以来で、2年ぶりの再会である。題してシルヴィ・ギエム&アクラム・ カーン・カンパニー『聖なる怪物たち』というもの。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/30 00:00
板話§十一月顔見世大歌舞伎昼の部
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/19 00:01
週話§日曜雑感〜顔見世大歌舞伎昼の部〜
先週土曜日の夜の部に引き続いて、今日は昼の部に行ってくる。昨日 はバッハの無伴奏チェロ組曲を聴き、明日は明日でベルリン・フィル のコンサートに行く三連荘である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/17 00:00
板話§十一月顔見世大歌舞伎夜の部
今にも泣き出しそうな初冬の空の下を歌舞伎座まで。顔見世大歌舞伎 夜の部である。このところと同じ五段目、六段目に七段目、それに討 入りの十一段目まで。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/12 00:00
週話§土曜雑感〜顔見世大歌舞伎夜の部〜
歌舞伎座の11月、12月は『仮名手本忠臣蔵』の通し上演が、出演者を 変えて2か月続くというものだが、何と両月ともに同じ内容である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/09 00:00
板話§芸術祭十月大歌舞伎〜夜の部〜
秋の深まりとともに気温も下がり、長袖のお出ましを乞うた土曜日の 午後、十月大歌舞伎夜の部に出かけてきた。昼の部の感想はこちら。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/21 00:01
週話§土曜雑感〜十月大歌舞伎夜の部〜
先々週の昼の部に続いて今日は夜の部を観てくる。仁左衛門の権太と 菊五郎の忠信。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/19 00:00
板話§芸術祭十月大歌舞伎〜昼の部〜
『義経千本桜』を通しで観るのは、2003年と2007年に続いて3度目の ようである。通し狂言はできる限り観ると宣言しているからによって 出かけるのは当然のことである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/09 00:01
週話§日曜雑感〜十月大歌舞伎昼の部〜
今月の歌舞伎座は『義経千本桜』の通し上演である。今日は昼の部を 観に行ってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/06 00:00
板話§九月花形歌舞伎〜陰陽師〜
夢枕獏原作の『陰陽師』が歌舞伎化された。数少ない新作によって、 観ておかなくてはならないだろうと行ってきた。チケットは、なぜか 早々に売り切れという……松竹営業部奮闘の賜物である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/25 00:01
週話§土曜雑感〜九月花形歌舞伎〜
夜の部の演目は、新作の『陰陽師』である。年に1本や2本の新作を 歌舞伎座で上演しても罰は当たるまいと思うのだが、そこは興行であ るから、なかなか冒険はできずにリスクを回避するということか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/21 00:00
板話§納涼歌舞伎第三部〜狐狸狐狸〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/21 00:00
板話§納涼歌舞伎第二部〜髪結新三〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/20 00:00
週話§土曜雑感〜納涼歌舞伎二部三部〜
8月は土日のスケジュールがタイトなので、今日の歌舞伎座は第二部 と第三部を観てくる。これで今年の納涼歌舞伎はコンプリート。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/17 00:00
楽話§さくら橋〜新橋演舞場〜藤山直美
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/14 00:00
踏話§八月納涼歌舞伎〜第一部〜鏡獅子
都心の最高気温が37度を超えたのは13時過ぎのこと。そんな猛暑の都 心に向かったのは朝9時前だったが、その頃にはとっくに30度を超え ていた。そんな中、納涼歌舞伎第一部を観に行ったのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/13 00:00
週話§土曜雑感〜歌舞伎座と演舞場〜
8月土日のスケジュールがタイトになってしまい、今日は歌舞伎座で 納涼第一部を、夕方からは新橋演舞場で、藤山直美の『さくら橋』を 観るというダブルヘッダーを敢行するのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/10 00:00
板話§花形歌舞伎昼の部〜再岩藤〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/30 00:00
週話§日曜雑感〜花形歌舞伎昼の部〜
先週の夜の部の『東海道四谷怪談』に続いて、花形による『加賀見山 再岩藤(かがみやまごにちのいわふじ)』通し狂言を観に行ってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/28 00:00
意話§笑い〜日々異なる客席の反応様々〜
さて、土曜日に観た『東海道四谷怪談』での客席の反応が、いつもと 少しばかり違ったような気がしたので、そのことについて考えよう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/24 00:01
板話§花形歌舞伎夜の部〜四谷怪談〜
2010年の歌舞伎座閉場から今年4月の新開場まで、歌舞伎は少なから ぬ看板役者を失ってしまった。ここからが若手花形の正念場が始まる と言っていいだろう。そんな第一弾の七月花形歌舞伎に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/23 00:00
祝話§柿葺落六月大歌舞伎第三部[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/28 00:00
祝話§柿葺落六月大歌舞伎第三部[中]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/27 00:00
祝話§柿葺落六月大歌舞伎第三部[上]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/26 00:00
祝話§柿葺落六月大歌舞伎第二部
土曜日に観た六月大歌舞伎第二部からまとめておく。演目は『壽曽我 対面』と『土蜘』の二つ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/25 00:00
祝話§柿葺落六月大歌舞伎第一部
3か月続いた三部制興行の最終月、まずは第一部を観てきた。座った 席は3階最上部の10列目。以前の歌舞伎座だったら最前列でも見えな かった花道七三が余裕で見えるっていうのはうれしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/18 00:01
週話§日曜雑感〜六月大歌舞伎第一部〜
柿葺落三部制興行も3か月目に入り、今日は第一部を観に行く。残り は来週である。4月、5月と2回ずつ歌舞伎座を訪ねているから、歌 舞伎座内部の様子はおおよそ把握できたと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/16 00:00
祝話§柿葺落五月大歌舞伎第二部
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/23 00:00
祝話§柿葺落五月大歌舞伎第一部
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/21 00:00
週話§日曜雑感〜五月大歌舞伎一部二部〜
今日は五月大歌舞伎第一部と第二部をまとめて観る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/19 00:00
祝話§柿葺落五月大歌舞伎第三部[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/15 00:00
祝話§柿葺落五月大歌舞伎第三部[上]
土曜日の午後、のんびりと銀座に出向いて第三部を観てきた。2か月 目に入った新しい歌舞伎座の興行は順調のようである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/14 00:00
週話§土曜雑感〜五月大歌舞伎第三部〜
今日は柿葺落五月大歌舞伎第三部である。18時開演で終演は21時頃。 演目は吉右衛門で『梶原平三誉石切』と玉三郎&菊之助の『京鹿子娘 二人道成寺』の二本立て。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/11 00:00
拿話§おのれナポレオン〜野田&三谷〜
一人だけでもチケットが瞬殺で売り切れる野田秀樹と三谷幸喜、それ が二人の舞台となった時のチケット争奪戦は絶望的なものだったが、 最後の最後で何とか確保して池袋に出かけたのは5月1日のことだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/08 00:00
週話§黄金週間雑感〜2013.05.01〜
天気にいささかの不安を持ちつつ連休のお出かけ初日がやってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/02 00:00
祝話§柿葺落四月大歌舞伎第三部
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/24 00:00
祝話§柿葺落四月大歌舞伎第二部
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/23 00:00
週話§土曜雑感〜今日も歌舞伎座へ〜
4月から6月にかけての三部制興行だが、御祝儀的に一通りを観るの でがんばる。今日は二部と三部を観る。とはいえ終演が22時近いのは 辛いものがあるので、車で行こうかどうか考えているところである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/20 00:00
祝話§柿葺落四月大歌舞伎第一部[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/18 00:00
祝話§柿葺落四月大歌舞伎第一部[中]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/17 00:00
祝話§柿葺落四月大歌舞伎第一部[上]
というわけで11時開演の第一部を観てきた。座った席は、2階東桟敷 2等席。舞台上手に置かれた義太夫床などは見えないが、花道はほぼ 全体を見渡すことができるので、夫婦ともどもお気に入りの席だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/16 00:00
週話§日曜雑感〜本日歌舞伎座第一部〜
今日が新しい歌舞伎座初見参で、まずは第一部だけ観に行ってくる。 二部と三部はまた後日に行くが、三部制を一日で全部観るのはさすが にきつく、一日一部は効率が悪いので、2日がかりでの通いである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/14 00:00
初話§新しい歌舞伎座本日柿落とし
2010年4月30日に行われた歌舞伎座閉場式から3年、今日4月2日か ら新しい歌舞伎座での歌舞伎公演が行われる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/02 00:00
咲話§一條大蔵譚〜新橋演舞場夜の部〜
都心の桜が満開となった土曜日の午後、新橋演舞場で花形歌舞伎夜の 部を観てきた。もちろん染五郎の大蔵卿が目当て。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/25 00:00
週話§土曜雑感〜演舞場花形歌舞伎〜
4月2日の歌舞伎座開場まで、あと10日となった今日は、新橋演舞場 花形歌舞伎夜の部を観てくる。これで新橋演舞場とはしばしの別れ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/23 00:00
週話§日曜雑感〜柿葺落チケット始末〜
一昨日の金曜日に柿葺落四月大歌舞伎のチケット予約を完了した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/10 00:00
祭話§柿葺落四月大歌舞伎前売り始まる
昨日から、柿葺落四月大歌舞伎の前売りが始まった。昨日は松竹歌舞 伎会の最上位ボーナス会員の優先発売で、今日がその次のランクにあ たる我々の番である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/08 00:00
踊話§壽 初春大歌舞伎〜夜の部〜
土曜日16時開演の夜の部に行ってきた。ひらかな盛衰記『逆櫓』に、 仮名手本忠臣蔵七段目『祇園一力茶屋の場』と1時間半超の演目2つ が連続してというタフな舞台。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/16 00:00
踊話§壽 初春大歌舞伎〜新橋演舞場〜
正月歌舞伎らしく華やいだ雰囲気の昼の部に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/09 00:01
挽話§新開場する歌舞伎座の演目発表
2013年4月2日に開場し柿落とし公演を行う新しい歌舞伎座の3か月 にわたる演目が発表されたのは一昨日のことである。長々しくなるが 以下に一通りを書き出してみる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/21 00:00
板話§奴道成寺〜新橋演舞場〜夜の部
今年最後の芝居見物は、十二月大歌舞伎夜の部。出し物は『籠釣瓶花 街酔醒』と『奴道成寺』終演が19時半前というのはありがたいこと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/17 00:00
桶話§御摂勧進帳〜新橋演舞場〜昼の部
師走の演舞場十二月大歌舞伎昼の部は、肩の凝らない演目をというこ とか、桜田治助の台本による『勧進帳』のパロディー『御摂勧進帳』 の通し上演を観てきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/12 00:00
永話§歌舞伎の楽しみ〜遅ればせの〜下
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/11 00:00
永話§歌舞伎の楽しみ〜遅ればせの〜上
ずいぶん前に似たことを書いたような気はするが、勘三郎死去を考え ながら改めて客席から歌舞伎を観続ける楽しみについてまとめようと 思った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/10 00:00
雪話§十一月顔見世大歌舞伎夜の部
前日(23日)から仁左衛門が復帰、3日間だけの『熊谷陣屋』の一日を 観ることができた。魁春の相模、秀太郎の藤の方、梅玉の義経に、左 團次の白毫弥陀六。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/27 00:00
週話§土曜閑居〜新橋演舞場夜の部〜
仁左衛門が23日から舞台に復帰するという話を聞いているのだが、さ てどんなもんだろうというわけで、今日は夜の部を観てくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/24 00:00
放話§十一月顔見世大歌舞伎昼の部
昼の部は2本で『双蝶々曲輪日記』から井筒屋、難波裏、引窓と『文 七元結』である。南与兵衛(十次兵衛)を務める仁左衛門は体調が優れ ず、初日こそ出演したものの、この日も休演だった。代役は梅玉。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/20 00:00
秋話§芸術祭十月大歌舞伎〜昼の部〜
日曜日に書いたとおりで、昼の部に上演された二本立てのうち、前半 の一本である『国性爺合戦』でお暇して初台へ。14時開演の新国立劇 場『ピーター・グライムズ』に臨んだのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/16 00:02
秋話§芸術祭十月大歌舞伎〜夜の部〜
新しい歌舞伎座開場まで半年を切ってしまった。完成間近な歌舞伎座 を眺めながら、新橋演舞場十月大歌舞伎夜の部に行ってきた。右側に 連なる屋根には瓦が葺かれていたが、正面には瓦が葺かれていない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/09 00:00
築話§九月大歌舞伎昼の部〜秀山祭〜
朝、起きた時から雨降りの肌寒い日曜日に新橋で昼の部を観てきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/26 00:02
築話§九月大歌舞伎夜の部〜秀山祭〜
三連休初日は、新橋演舞場に秀山祭夜の部を観に行ってきた。演目は 以下のとおり。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/19 00:02
遭話§市川染五郎の大事
月曜日の国立劇場で行なわれた舞踊の会の最中、市川染五郎が舞台か ら3m下がっていたセリに転落して負傷した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/29 00:02
悼話§小島秀哉さん(喜劇俳優)
松竹新喜劇で藤山寛美や藤山直美と共演し、おっとりとぼけた味わい だった小島秀哉が亡くなってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/23 00:02
露話§三谷版『桜の園』〜パルコ劇場〜
先週土曜日の、うまいこと梅雨の切れ目となった午後は、原宿の奥地 に足を伸ばして同居人への罪滅ぼしなどさせていただきつつ、19時開 演三谷幸喜版『桜の園』を観るためにパルコ劇場へと向かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/26 00:00
週話§土曜閑居〜桜の園なんです〜
何を考えたのだか、三谷版『桜の園』を観に行くことになっている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/23 00:00
芝話§猿之助襲名披露公演が好調なのだ
市川亀治郎改メ猿之助襲名披露興行が、今月と来月の2か月間新橋演 舞場で行なわれる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/14 00:02
板話§中村座五月大歌舞伎昼の部
チケットを買った時にはまったく気がつかなかったのだが、我々が昼 の部に出かけた20日は、浅草神社の三社祭最終日の宮出しと宮入りに あたっていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/23 00:02
週話§土曜閑居〜2ピアノ4ハンズ〜
ブロードウェイでもロングラン公演した『2ピアノ4ハンズ』が日生 劇場で上演中で、今日はそれに行ってくるのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/19 00:00
板話§中村座五月大歌舞伎夜の部[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/16 00:00
板話§中村座五月大歌舞伎夜の部[上]
立夏の候というには涼しい……というよりは寒いと感じられる土曜日 の午後、東京の西に住む我々が浅草まで長駆の遠征で、ロングラン最 終月の中村座夜の部に出かけた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/15 00:00
板話§四月花形歌舞伎〜仮名手本七段目
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/17 00:00
板話§四月花形歌舞伎〜五段目&六段目
雨が降って花冷えの土曜日、新橋演舞場夜の部に行ってきた。五段目 と六段目、七段目、それに討入りまで。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/16 00:02
週話§土曜閑居〜花形歌舞伎仮名手本〜
今日は新橋演舞場四月花形歌舞伎『仮名手本忠臣蔵』夜の部である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/14 00:00
竣話§新・歌舞伎座開場まで一年・・・
4月1日、新橋演舞場の初日に向かうために、歌舞伎座の前を通って いった。劇場後ろの高層ビルもだいぶ積み上がっていて、もう半年も すれば、ほぼ完成形になるのではという気がする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/09 00:00
華話§六代目中村勘九郎〜そして妄想〜
2か月連続して、六代目中村勘九郎の襲名披露公演を観た。まさに、 次代のエース颯爽の登場と言っていいだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/05 00:00
板話§四月花形歌舞伎〜仮名手本昼の部
若手花形による新橋演舞場四月公演『仮名手本忠臣蔵』昼の部初日を 観てきた。昼の部は大序から道行まで。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/03 00:00
週話§日曜閑居〜四月花形歌舞伎〜
新しい歌舞伎座開場まで、あと一年となった。今日は新橋演舞場で、 四月花形歌舞伎昼の部の初日を観る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/01 00:00
板話§中村座三月大歌舞伎昼の部[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/27 00:00
板話§中村座三月大歌舞伎昼の部[上]
既に丸々一週間が過ぎてしまったが、観たものであるゆえに書き留め ておくことにする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/26 00:00
週話§日曜閑居〜オペラから中村座と〜
昨日の新国『さまよえるオランダ人』に続いて、今日は朝も早よから 2時間かけて浅草まで。平成中村座三月大歌舞伎昼の部を観るのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/18 00:00
板話§中村座三月大歌舞伎夜の部[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/14 00:00
板話§中村座三月大歌舞伎夜の部[上]
春寒で天候不順な隅田河畔を歩いて中村座へ。前の週に観ることがで きなかったリベンジ訪問なのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/13 00:00
週話§土曜閑居〜リベンジ中村座!〜
先週の土曜日は同居人の体調不良で見送った中村座夜の部だが、何と かチケットも手配できたので、今日は満を持してのリベンジである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/10 00:00
週話§土曜閑居〜三月中村座〜
2月の新橋演舞場に引き続いて、六代目中村勘太郎の襲名披露公演は 中村座へと移るのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/03 00:00
祝話§二月大歌舞伎昼の部〜勘九郎〜[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/22 00:00
悼話§淡島千景さん(女優)
生家のすぐ近くには、洋画、日活、東宝と3つの封切映画館が存在し ていたが、小学生が行くのは円谷英二の特撮物を見るための東宝系で ある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/21 00:02
祝話§二月大歌舞伎昼の部〜勘九郎〜[上]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/21 00:00
週話§日曜閑居〜勘九郎襲名昼の部〜
前週夜の部に引き続き新橋演舞場二月大歌舞伎に行ってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/19 00:00
祝話§二月大歌舞伎夜の部〜勘九郎〜[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/15 00:00
祝話§二月大歌舞伎夜の部〜六代目〜[中]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/14 00:00
祝話§二月大歌舞伎夜の部〜勘九郎〜[上]
中村勘三郎の長男勘太郎が、新橋演舞場の二月大歌舞伎で六代目中村 勘九郎を襲名するという、口上のある夜の部に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/13 00:00
週話§土曜閑居〜六代目中村勘九郎〜
今日は新橋演舞場夜の部である。中村勘太郎が父勘三郎の前名である 勘九郎を六代目として襲名するのだ。今月は新橋、来月は中村座での 襲名興業という運び。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/11 00:00
温話§三人吉三〜伝統歌舞伎保存会〜
あいにくの雨模様となった21日の土曜日、国立劇場で催された伝統歌 舞伎保存会研修発表会『三人吉三』から“本郷火の見櫓”の場と『素 襖落』を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/24 00:00
未話§観たことのない歌舞伎の演目が
歌舞伎見物にせっせと通うようになってようやく10年が過ぎた。とい うところで、まだ観ていない演目がいくらでもあるということに思い を馳せている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/11 00:01
板話§壽 初春大歌舞伎〜新橋演舞場〜
松の内最終日の新橋演舞場夜の部に行ってきた。演目は正月らしいも ので、歌舞伎十八番『矢の根』に始まり、連獅子と『め組の喧嘩』の 三本立てである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/10 00:00
笑話§藤山直美〜松竹新喜劇〜坂東薪車
新橋演舞場の年忘れ喜劇特別公演、藤山直美に松竹新喜劇おなじみの 面々に加えるに、歌舞伎から坂東薪車を招いての『銀のかんざし』と 『殿様茶店の恋日和』喜劇2本立てとござい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/20 00:00
週話§日曜呟き〜藤山直美ちゃん!〜
今日も今日とて朝からお出かけ。新橋演舞場“年忘れ喜劇特別公演” に行ってくる。去年のエントリーを見ていたら、同じ週の日曜日にも 藤山直美を観に行っていたのだった。去年は前川清との共演だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/18 00:00
芝話§平成中村座十二月大歌舞伎昼の部
昼の部は朝11時の開演で『菅原伝授手習鑑』から“車引”“賀の祝” “寺子屋”の三本立て。我が家を出たのは9時前で、新宿に下りたと ころで弁当のおにぎりを確保しつつ地下鉄で浅草へ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/13 00:00
週話§日曜呟き〜平成中村座十二月〜
我が家から、11時開演の浅草は隅田河畔の中村座まで行くためには、 9時過ぎの電車に乗って行かなくてはならない。という日曜の朝なの である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/11 00:00
独話§シルヴィ・ギエム〜孤高〜
10月30日に東京文化会館で行われた『シルヴィ・ギエム・オン・ステ ージ2011』最終日に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/01 00:00
週話§日曜呟き〜シルヴィ・ギエム〜
シルヴィ・ギエムも気がつけば四十代半ばを過ぎていた。パリ・オペ ラ座に在籍していたら、とっくに定年を迎えてしたことになる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/30 00:00
週話§日曜呟き〜藤山直美で年忘れ〜
いよいよ今年も押し詰まってまいりました。本日は新橋演舞場12月公 演の先行発売日でございます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/23 00:00
悼話§中村芝翫さん(歌舞伎役者)
新橋演舞場の秀山祭九月大歌舞伎夜の部の観に行ったら『沓手鳥孤城 落月』の淀君を休演されていた。そして月が変わっての訃報である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/11 00:00
務話§九月大歌舞伎〜秀山祭&又五郎〜
土曜日に夜の部、三連休3日目の月曜日に昼の部を観てきた。秀山祭 であり歌昇の又五郎襲名、息子種太郎の歌昇襲名披露公演でもある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/22 00:01
週話§土曜呟き〜歌舞伎の秋だな〜
今日と月曜日と、新橋演舞場へ九月大歌舞伎を観に行く。恒例の秀山 祭に加えて、播磨屋中村歌昇の又五郎襲名、息子種太郎の歌昇襲名興 行という賑やかさ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/17 00:00
芝話§歌舞伎〜7月と8月はお休みで〜
新橋演舞場のでの歌舞伎だが、7月と8月は見送った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/04 00:00
黶話§盟三五大切〜コクーン歌舞伎〜
日曜昼のシアターコクーン『盟三五大切』に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/21 00:00
週話§日曜呟き〜コクーン歌舞伎へ〜
去年は見送ったコクーン歌舞伎だが、今年は観に行くのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/19 00:00
舞話§六月大歌舞伎昼の部『石切梶原』
今にも泣き出しそうだが夜まで降らずにという日曜日。蒸し蒸しした 陽気の中を新橋演舞場へ。お目当ての筆頭は予告したように吉右衛門 の『梶原平三誉石切』である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/14 00:00
週話§日曜呟き〜今日は演舞場昼の部〜
今日は梅雨空を新橋演舞場六月大歌舞伎昼の部へ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/12 00:00
詰話§五月大歌舞伎〜こういうことも〜
日曜日、新橋演舞場五月大歌舞伎昼の部に行ってきた。……のだが、 序幕・二幕目が終わった後、昼食休憩で帰ってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/24 00:00
週話§日曜呟き〜新橋昼の部通し狂言〜
今日は、新橋演舞場五月大歌舞伎昼の部に行く。初めて観る通し狂言 『敵討天下茶屋聚』という仇討ものである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/22 00:00
隅話§五月花形歌舞伎夜の部〜明治座〜
夫婦して長引いた風邪を引きずっての明治座初観劇だったが、楽しん での帰宅となった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/17 00:01
週話§日曜呟き〜新橋演舞場夜の部〜
今日は四月大歌舞伎夜の部である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/03 00:00
劇話§『於染久松色読販』二月花形歌舞伎
ル テアトル銀座二月花形歌舞伎第一部を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/22 00:00
週話§日曜呟き〜ル テアトル銀座へ〜
何回かシェイクスピア芝居は観ているテアトル銀座だが、今日は亀治 郎と染五郎の歌舞伎見物である。昼の部は猿之助四十八撰の内『於染 久松色読販』“お染の七役”である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/20 00:00
弁話§ペテン・ザ・ペテン〜新橋演舞場〜
勘三郎の病気休演でどうなることかと気をもんだ『ペテン・ザ・ペテ ン』だったが、観てしまえば最後まで楽しんだということである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/15 00:01
週話§土曜呟き〜ペテン・ザ・ペテン〜
というわけで今日は、勘三郎が病気療養で休演した新橋演舞場の『ペ テン・ザ・ペテン』を観に行ってくる。我が家で恒例になった、2月 のお笑いである。座るのは3階てっぺんの最安席なり。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/12 00:00
悼話§山崎権一さん(歌舞伎役者)
『直侍』の蕎麦屋の親父、あるいは仮名手本五段目『山崎街道』で、 定九郎に殺される、おかるの父与市兵衛といった老け役で、長いこと 舞台に出ていたのが山崎権一である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/01 00:02
惜話§映画『わが心の歌舞伎座』東劇
『わが心の歌舞伎座』……歌舞伎が好き、そして少しでも歌舞伎座に 通ったことのある人には必見の映画である。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 2

2011/01/25 00:00
週話§土曜呟き〜わが心の歌舞伎座〜
今日の午後は、歌舞伎座閉場までのドキュメンタリー映画『わが心の 歌舞伎座』を観に行ってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/22 00:00
寿話§壽 初春大歌舞伎〜昼の部〜
新歌舞伎座開場までの2年あまりは、新橋演舞場の3階で過ごすこと になるだろうと思いつつ、2011年の初春大歌舞伎に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/13 00:02
愉話§清と直美『気になる二人』演舞場
慌しい師走のひと時を、新橋演舞場での笑いと歌謡ショウという二本 立て公演で楽しませてもらったのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/21 00:01
週話§日曜悠々〜年忘れお笑い観劇〜
今日は、これ↓を観て今年の笑い納めとするのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/19 00:00
週話§土曜悠々〜新・歌舞伎座起工式〜
雨模様だった一昨日の木曜日、解体工事がすっかり済んだ歌舞伎座の 跡地で起工式が執り行われたようである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/30 00:00
哀話§『盛綱陣屋』錦秋十月大歌舞伎
新橋演舞場夜の部に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/26 00:00
競話§日本音楽コンクールの季節
NHK−FMで今年の日本音楽コンクール第二次予選の様子が放送さ れている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/14 00:01
美話§時分の花〜円熟との兼ね合い〜
“時分の花”と“円熟”とが何となくわかるようになったのは、歌舞 伎を観始めてからである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/06 00:00
週話§土曜悠々〜本日NODA・MAP番外編〜
今日は池袋の東京芸術劇場でNODA・MAP番外編『表に出ろいっ!』など 観てくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/11 00:00
外話§亀治郎の会〜国立劇場〜狐忠信
国立劇場『第8回亀治郎の会』土曜日夜の部を観てきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/24 00:00
祝話§中村小山三〜九十歳〜
先週の金曜日、中村屋最古参の中村小山三が90歳の誕生日を迎えた。 歌舞伎界の生き字引が健在であることに感謝したい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/23 00:02
週話§土曜悠々〜久々歌舞伎〜
今日は『亀治郎の会』に行ってくる。感想は週明け速やかに……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/21 00:00
浪話§藤山直美と松竹新喜劇〜夜の部〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/15 00:00
浪話§藤山直美と松竹新喜劇〜昼の部〜
好天に恵まれた日曜日、昼前から新橋演舞場に駆けつけた。藤山寛美 歿後20年の藤山直美奮闘公演の観を呈しているが、昼の部の出し物は 『女房のえくぼ』と『幸助餅』という2本。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/08 00:00
週話§日曜悠々〜本日は直美ちゃん!〜
本日は、藤山直美の主演『藤山寛美 歿後二十年 六月喜劇特別公演』 を観に新橋演舞場まで。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/06 00:00
告話§ビッグイシュー143号発売中!
ビッグイシュー143号は5月15日から発売されています。お買い求 めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部300円。 160円が販売者の収入になります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/15 10:04
惜話§御名残四月大歌舞伎大千秋楽[二]
第二部は、菅原伝授から『寺子屋』と、三人吉三巴白浪『大川端庚申 塚』が、最後に藤十郎の『藤娘』である。一部や二部のような祝祭的 気分には欠けたが“日常公演の上質”を見せてくれたという感じか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/07 00:00
惜話§御名残四月大歌舞伎大千秋楽[一]
春雨に 拍手の雨や 木挽町 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/06 00:01
週話§連休悠々〜歌舞伎座閉場式〜
4月30日の午後“奇跡のチケット”を手に、歌舞伎座の閉場式に向か った。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2010/05/01 00:00
週話§連休悠々〜歌舞伎座千秋楽模様〜
大千秋楽を終えた歌舞伎座の今日は、関係者が出席しての“修祓式” が行われた。今日は、我々のような一般観客を集めての閉場式という ことで、これをもって現歌舞伎座の催しはすべて終了する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/30 00:00
挽話§本日歌舞伎座最終日相成候事
とうとう歌舞伎座の本興行が最終日となってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/28 00:00
希話§歌舞伎座閉場式のチケット届く
昨日の午後、歌舞伎座閉場式のチケットが届いた。我がアドレナリン の結晶である。通常より届くのが遅くなった理由は“転売防止”とい ことのようである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/27 00:00
挽話§歌舞伎座掌本最終号〜甘栗屋も〜
一月から続く御名残歌舞伎の筋書は“一応記念”だからと毎月買い求 めたが、一昨年去年あたりからは買う時もあれば、買わずに済ませる ことも多くなった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/16 00:01
灰話§歌舞伎座閉場式入場券争奪戦始末
4月30日に催される“歌舞伎座さよなら公演『歌舞伎座閉場式』”の チケットが一昨日、昨日と売り出された。一昨日は30分ほど、昨日は 数分足らずで完売となった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/14 00:01
桜話§御名残四月大歌舞伎〜助六〜
『助六由縁江戸桜』が祝祭劇であると再認識させられた。それにして も何という贅沢な座組であろうかと、チラシを見ながらしみじみと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/13 00:00
板話§御名残三月大歌舞伎第三部
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/25 07:05
板話§御名残三月大歌舞伎第二部
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/24 07:25
板話§御名残三月大歌舞伎第一部
日中の気温が20度を超えた土曜日、サックリと第一部だけ観劇した。 出し物は三本、菅原伝授手習鑑から『加茂堤』と『楼門五三桐』それ に『女暫』まで。終演が14時前とは、気が楽だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/16 07:20
週話§土曜悠々〜今日は歌舞伎だ!〜
御名残三月大歌舞伎である。今日観るのは第一部だけ。残る第二部、 三部は来週になる。今の歌舞伎座通いの日々もどんどん少なくなる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/13 07:00
惜話§歌舞伎座御名残大千秋楽争奪戦
昨日は、4月歌舞伎座の歌舞伎会特別会員先行発売日なのであった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/12 06:38
中話§同窓会〜上海バンスキング〜[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/03 06:49
中話§同窓会〜上海バンスキング〜[上]
ごめん、かんべん。退屈でつまらなかった。初演の時のような熱気や エネルギーはなかったんだろうなあ。というわけでタイトルに同窓会 とつけてしまった。以下、感じたことあれやこれやを順不同に書く。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/02 07:27
週話§土曜悠々〜上海バンスキング〜
歌舞伎以外の演劇は観ないなあ――あっ藤山直美は別w――と思って いたら、シアターコクーンで『上海バンスキング』の久々な再上演が あるというので、どうにかチケットを確保してこれからお出かけ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/27 07:51
ト話§『研辰の討たれ』アドリブ勘三郎
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/26 07:43
ト話§『研辰の討たれ』野田の設計図
他の人がどうかは知らないが、戯曲とか対談を読むのは苦手である。 話し言葉を活字にすると、間違いなく読みにくくなるのだ。それは、 自分だけなのかどうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/25 07:14
板話§二月大歌舞伎昼の部
オペラを観るのも歌舞伎を観るのも大変……。というわけで先代勘三 郎二十三回忌追善興行である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/23 07:57
週話§祝日悠々〜御名残三月大歌舞伎〜
現歌舞伎座での興行も3か月を切ってしまった。今日は、御名残三月 大歌舞伎先行発売の日である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/11 08:11
呟話§一言つぶやき〜歌舞伎座四月〜
3月、4月と歌舞伎座のさよなら公演は三部興行となり、本当に…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/03 07:17
板話§新春浅草歌舞伎〜第二部〜
歌舞伎座昼の部を観た前日には、浅草歌舞伎の第二部を観た。座った 席は3階のほぼ最後列左寄りで一番お安い席だが、七三がぎりぎりで 見えたりする。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/01/20 07:27
板話§壽初春大歌舞伎〜昼の部〜
初春のめでたい舞踊で始まった昼の部は、その後『石切梶原』『勧進 帳』『松浦の太鼓』と1時間半足らずの舞台が3本という構成。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/19 13:17
週話§土曜悠々〜新春浅草歌舞伎〜
今年の新春浅草歌舞伎は夜の部。若手が元気よく演じてサラっと3時 間という気軽さなので、時間が許せば出かけるようにしている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/16 07:20
成話§押戻し・・・意味わかんないしw
『京鹿子娘道成寺』の幕切れで押戻しが付いた舞台を観たのは2度目 のことになる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/05 11:25
板話§壽初春大歌舞伎〜雀右衛門休演〜
銀座に着いて地上に出るとけっこうな人出。銀座あたりに初詣の寺社 などはないのだが、何しに来ているのだろう。新春名物の福袋セール も前日にほぼ済んでいるはずだし。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/04 10:47
浪話§上方風『仮名手本忠臣蔵』って
2日のETVの歌舞伎中継は、大阪松竹座で上演中の『仮名手本忠臣 蔵』の“ほんの一部”だけ放送してくれた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/03 10:32
板話§十二月大歌舞伎昼の部〜操三番叟〜
昼の部は、朝一番の『操三番叟』が観てよかったと思わせる一本。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/22 07:20
板話§十二月大歌舞伎夜の部〜鼠小僧〜
先週の土曜日に夜の部、日曜日に昼の部を観てきた。こういうスケジ ュールはきつい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/22 07:19
週話§気まぐれ週末〜歌舞伎座2連発〜
今日は十二月大歌舞伎夜の部に行き、明日が昼の部なのだ。さすがに 二日連続はきついものがありそうな予感。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/19 07:52
板話§顔見世大歌舞伎夜の部〜仮名手本〜
……という昼の部に比べると、夜の部の具合はすこぶるよかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/27 07:21
板話§顔見世大歌舞伎昼の部〜仮名手本〜
いつも同じ段構成であることには大いに不満があるが、ともかく現歌 舞伎座最後の仮名手本であるというのも出かける大きな理由になって しまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/26 07:03
悼話§水の江滝子さん(ターキー)
“男装の麗人”と呼ばれていた松竹少女歌劇団時代は知らない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/23 00:06
週話§気まぐれ週末〜テレビ中継〜
今日は午後から夜の部である。2日続けての歌舞伎座通いというのは 初めてではないかな。おまけに昨日は朝から『仮名手本』だったので 疲れ方が違うような気がする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/22 07:46
週話§気まぐれ週末〜顔見世大歌舞伎〜
疲れる疲れるとこぼしながら、週末は『仮名手本忠臣蔵』の通し上演 を2日に分けて観る。今日は昼の部。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/21 07:24
板話§花形歌舞伎〜盟三五大切〜演舞場
大歌舞伎で二度観ている『盟三五大切』を花形歌舞伎で観ると、それ なりに発見があって堪能することになった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/11/10 07:21
週話§気まぐれ週末〜本日花形歌舞伎〜
新橋演舞場昼の部の花形歌舞伎に行ってくる。演目は『盟三五大切』 がメインで、その後『弥生の花浅草祭』が踊られる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/08 07:21
板話§十月大歌舞伎昼の部〜河庄など〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/22 07:24
板話§十月大歌舞伎昼の部〜毛抜など〜
運動会日和だった日曜日、昼の部を見てきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/21 06:52
週話§気まぐれ週末〜十月歌舞伎昼の部〜
一番目の演目、三津五郎の『毛抜』を楽しみに出かけるのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/18 07:12
板話§十月大歌舞伎夜の部〜知盛〜
というわけで『義経千本桜』半通し“知盛編”と“忠信編”を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/15 07:22
週話§気まぐれ祝日〜顔見世大歌舞伎〜
また『仮名手本忠臣蔵』かと思わないでもないが、今の歌舞伎座での 最後の忠臣蔵だからと、昨日の先行売り出しで昼夜買ってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/12 08:58
週話§気まぐれ週末〜歌舞伎座夜の部〜
さよなら歌舞伎座十月夜の部公演は『義経千本桜』の“半通し”なの である。吉右衛門の知盛は楽しみなのだが、正直なところ、菊五郎の 狐忠信は気が重い。というのが今日午後の歌舞伎座通い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/10 07:33
源話§九月大歌舞伎夜の部千秋楽
幸四郎には点が辛くなる。やっぱりというかどこかが違って感じられ る弁慶である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/29 22:11
週話§気まぐれ週末〜九月大歌舞伎〜
千秋楽の夜の部に行くとは実に珍しい。連休がらみで旅行に行ったり したのでスケジュールが限られてしまい、結果的に最終日に行くこと になっってしまったのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/26 08:55
祇話§なかなか行けない南座顔見世
座席が狭そうだなあということなどとりあえず無視して、京都南座の 顔見世を一度は観てみたいなと思いながら果たせないままで、今年も チケットの売り出しが近づいてきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/24 06:15
挽話§歌舞伎座建て替え計画最終案?
先週末になってようやく“歌舞伎座建て替え計画最終案”が松竹から 提示された。来年の5月から始めて完成は2013年の春。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/31 07:53
板話§八月納涼大歌舞伎第三部
いつもだったら電車で往復する歌舞伎座だが、日曜で夜の部の時は、 車で往復することがある。併設しているパーキングに入れられればラ ッキーだし、帰りも首都高にすぐ入れて話が早い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/18 06:54
書話§『空飛ぶ五代目菊五郎』
というタイトルの本を一気に読んだ。空飛ぶの前に“明治キワモノ歌 舞伎”というサブタイトルがついているように、五代目尾上菊五郎が 河竹黙阿弥達と“今の歌舞伎”を上演し続けていたというお話。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/17 07:27
週話§気まぐれ週末〜今日は歌舞伎だ〜
今年の八月納涼大歌舞伎は第三部だけである。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/16 06:31
沙話§新橋演舞場『十二夜』再び
蜷川幸雄が演出した『十二夜』を観るのは、これで3度目。今回は、 新橋演舞場に舞台を移しての公演である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/17 07:32
板話§六月大歌舞伎夜の部〜あと二演目〜
金太郎初舞台の鏡獅子の後は出し物が二本あったが、観終わった後は すっかりもたれてしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/12 07:00
板話§六月大歌舞伎夜の部〜松本金太郎〜
四代目松本金太郎初舞台の演目は『門出祝寿連獅子』というもの。途 中に口上を挟んでの上演である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/09 07:58
週話§気まぐれ週末〜さて恐ろしき〜
午後からは、早々と歌舞伎座夜の部を観に行ってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/06 08:26
出話§花道の見方&楽しみ方
やっぱりというか、歌舞伎では花道が見えてこそという要素が小さく ないように思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/05 07:47
噺話§五月大歌舞伎〜新橋演舞場〜昼の部
今にも降り出しそうな雲行きの日曜日の歌舞伎見物である。演舞場で 11時開演の昼の部っていうのは初めてのような気がする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/20 08:24
醍話§五月大歌舞伎〜つらね〜
余裕がある時は、頑張って花道が見渡せる席を取ることにしている。 一等席はお値段が……なのと、花道を見るにはずいぶんと体をひねる 必要があるので、一階の二等席が好都合でよろしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/13 07:58
週話§気まぐれ週末〜戻駕色相肩・右近〜
上々な天気の土曜日、歌舞伎座昼の部に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/10 10:32
板話§四月大歌舞伎昼の部〜伽羅先代萩〜
『伽羅先代萩』を通して観るのは疲れる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/21 11:31
週話§気まぐれ週末〜伽羅先代萩〜
これから歌舞伎座昼の部『伽羅先代萩』通しである。通しで観るのは 3回目になるだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/19 08:30
慌話§バタバタの語源らしきもの
つい数年前まで“バタバタ”という擬音語は、単純に忙しなくて落ち 着かない様子を表現しているのだと思っていた。ところが、どうやら 出処がありそうなのだが確証はない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/25 08:22
悼話§中村又五郎さん(歌舞伎役者)
歌舞伎を定期的に、かつ本格的に観始めたのが本当に遅かったので、 中村又五郎の“歌舞伎の舞台姿”を見ていない。それが悔やまれる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/21 16:30
軽話§浅草パラダイス〜新橋演舞場〜
あまり頭を使わず肩が凝ることもない、それこそおもしろかったらば それで良しという、そんなお気楽な喜劇であるにしても、ちょいとば かり安易な帰結なんだがなあ……と思うのは野暮なのかなと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/17 08:14
板話§二月大歌舞伎昼の部〜賀の祝〜
さて祝日の歌舞伎座である。平日の真ん中の休日のせいか、それほど 忙しないという感じのしない客席の様子だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/16 08:22
週話§気まぐれ週末〜浅草パラダイス〜
今日はこれから新橋演舞場である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/15 08:09
板話§二月大歌舞伎夜の部〜吉右衛門〜
休日の歌舞伎座は、ほぼ満席という状態が続いているのだとは思うが 先週土曜日の歌舞伎座内は、芋の子を洗うような感じがした。さよな ら公演ということで普段来ないような人達まで来ているようなのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/12 08:29
働話§黒衣・・・見えない・・・見える
黒衣の動きが気になるうちは、まだまだ初心者なのだと思うが、根が 裏方系に生まれついているものだから、時に彼ら後見とか黒衣の動き に見入ってしまうことが少なくない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/01/30 08:33
新話§大反対!歌舞伎座建て替え計画【案】
どこをどうプランニングすればこういう薄っぺらいデザインができる のだろうかと小一時間。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2009/01/28 08:26
週話§土日短信〜藤山直美で年忘れ〜
藤山直美全4演目主演大奮闘公演“年忘れ喜劇祭り”に行ってきた。 観たのは夜の部の2演目……といっても、40分の休憩を挟んで『大阪 ぎらい物語』が1時間20分と『お祭り提灯』が1時間というもの。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/14 00:07
劇話§顔見世大歌舞伎『寺子屋』
先月の話になってしまったが、顔見世夜の部『寺子屋』では凝縮度の 高い舞台を堪能した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/01 12:03
凄話§顔見世大歌舞伎『盟三五大切』
初めて観たのは2005年の6月のこと。案の定というか、他の狂言との ストーリーを混同している部分があって、頭の中で整理をしながらの 観劇になってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/19 12:02
芝話§平成中村座『忠臣蔵』Cプロ<U>
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/28 12:03
芝話§平成中村座『忠臣蔵』中村小山三
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/28 12:01
芝話§平成中村座『忠臣蔵』Cプロ<T>
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/27 12:02
芝話§平成中村座『忠臣蔵』Bプロ<T>
16時45分開演で、はねたのが21時ちょっと過ぎ。Bプロは、五段目〜 七段目と十一段目の討入り。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/16 12:04
下話§おぉっと! 気がつけば歌舞伎だ
今週末は浅草に歌舞伎を観に行くことになっているのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/09 12:02
劇話§納涼大歌舞伎〜落穂拾い〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/13 12:20
劇話§六月大歌舞伎『新薄雪物語』
なるほど、一度観ただけでは記憶も曖昧である。ましてや歌舞伎を観 始めて日も浅かった時の『新薄雪物語』だからなおさらである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/24 12:01
劇話§『夏祭浪花鑑』コクーン[6/14]―裏
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/19 12:01
劇話§『夏祭浪花鑑』コクーン[6/14]―表
・・・一日に二度もする芝居じゃないんすよね ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/18 12:01
劇話§週末は『夏祭浪花鑑』コクーン歌舞伎
オペレッタの先週末から打って変わり、今週末はシアターコクーンで 『夏祭浪花鑑』を観る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/13 12:03
終話§新宿コマ劇場の閉鎖
残念ながら、新宿コマ劇場入ったことは一度もない。同じ建物の地下 にある“シアターアプル”には行ったことがある。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2008/05/30 12:04
週話§土日短信〜團菊祭〜
今日は五月大歌舞伎夜の部『青砥稿花紅彩画』の通し狂言。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/17 09:52
板話§四月大歌舞伎〜勧進帳の佇まい〜楽日
先週の土曜日に観た『勧進帳』は、それまでにみた数回ほどの舞台と はいささか様子が違っていたような気がする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/28 12:02
週話§土日短信〜連休直前〜
4月最後の日曜日、午前中は気温も上がらず高曇り。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/27 11:38
週話§土日短信〜今日は歌舞伎だ〜
千秋楽の、しかも夜の部に行くというのは2度目、本当に珍しい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/26 09:25
劇話§刺青奇偶〜四月大歌舞伎〜
さらさらと訳もわからずに流れていってしまった『十種香』に、これ またやっぱり舞踊は苦手だなと思わせた『熊野』と、4月昼の部は行 かずもがなと思わないでもなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/15 12:01
芝話§歌舞伎鑑賞歴六年とちょっとで
歌舞伎を本格的に観始めたのは2002年。6年の間に歌舞伎座だけでも 60回近くは通ったことになるだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/11 12:02
週話§土日短信〜アルレッキーノ〜
1979年の新宿文化センター柿落としで上演されたカルロ・ゴルドーニ のコメディア・デラルテ『二人の主人を一度に持つと』が、NHKで 本当に久々に放送されていた。ジョルジョ・ストレーレルの演出で、 ミラノ・ピッコロ座のメンバーによる舞台。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/05 11:00
人話§歌舞伎役者伝〜まとめ〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/01 12:02
人話§歌舞伎役者伝[14]〜笹野高史〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/31 12:02
舞話§三月大歌舞伎夜の部〜藤十郎〜
ぽかぽか陽気の土曜日、歌舞伎座夜の部に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/18 12:01
人話§歌舞伎役者伝[13]〜坂東橘太郎〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/17 12:03
人話§歌舞伎役者伝[12]〜坂東彌十郎〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/29 12:03
人話§歌舞伎役者伝[11]〜市川團蔵〜
顔をすると本当に舞台栄えのする役者さんである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/25 12:03
寵話§映画『アマデウス』再見
先週の土曜日に、ディレクターズ・カット版の『アマデウス』が放送 された。3時間超の作品だったが、最初の1時間だけ観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/22 12:05
人話§歌舞伎役者伝[10]〜坂東秀調〜
ちょいとばかし品のいい顔立ちをした坂東秀調である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/20 12:02
人話§歌舞伎役者伝[9]〜市川亀治郎〜
“才気”が、顔をして衣装をつけて歩いているような存在である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/15 12:10
若話§歌舞伎の未来を観る
歌舞伎役者の舞台姿を二代半くらい観れればいいなあと思っている。 ではあるが、本格的に観始めた年齢が“遅かりし”なので、歌舞伎の 時間には乗り遅れた感がありありである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/05 12:01
人話§歌舞伎役者伝[8]〜市川左團次〜
このトピックスで“大名跡”を取り上げるつもりはなかったのだが、 この間の『助六』の意休を見て、彼もまた様々な意味で貴重な役者な のだと思い至り、書いてみることにする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/21 12:01
紫話§壽 初春大歌舞伎夜の部“河東節”
今年の歌舞伎初めである。演目は…… ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2008/01/06 12:59
人話§歌舞伎役者伝[7]〜中村小山三〜
中村屋最古参の中村小山三である。大正9年生まれで、同い年の雀右 衛門とは誕生日まで同じなのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/26 12:03
紫話§年明けは『助六』で壽初春大歌舞伎
御屠蘇気分も抜けない松の内に歌舞伎座に行ってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/17 12:03
人話§歌舞伎役者伝[6]〜夜の部番外編〜
十二月大歌舞伎夜の部に、このトピックスに書いた二人の役者が登場 した。片岡亀蔵と中村芝のぶである。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2007/12/13 12:04
人話§歌舞伎役者伝[5]〜山崎権一〜
ほどなく80歳の声が掛かる山崎権一翁であります。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/12 12:02
裏話§十二月大歌舞伎〜海老蔵と無声映画〜
十二月大歌舞伎夜の部に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/11 12:02
人話§歌舞伎役者伝[4]〜尾上右近〜
尾上右近である。父は七代目清元延寿太夫(元俳優の岡村菁太郎)で、 六代目尾上菊五郎は曽祖父にあたる。中村勘三郎の二人の息子、勘太 郎と七之助とは“はとこ”という関係。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/07 12:03
人話§歌舞伎役者伝[3]〜中村芝のぶ〜
主役とか脇役とかに関係なく、舞台姿を見て絶句したのが中村芝のぶ という役者である。国立劇場の養成所を経て中村芝翫に弟子入りして 名題昇進も果たしている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/04 12:02
人話§歌舞伎役者伝[2]〜中村吉之丞〜
『傾城反魂香』の北の方、お軽勘平のおかや、そして『牡丹燈籠』の お米・・・最近観た吉之丞の役である。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/26 12:01
人話§歌舞伎役者伝[1]〜片岡亀蔵〜
少し見知った歌舞伎の曲者、手錬れといった皆さんについて書いてみ ようと思う。いずれも主役を支えつつ、自分の存在も知らしめている 人々ぞろいである。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/19 12:02
櫓話§顔見世大歌舞伎は見送る
初代吉右衛門の頃から歌舞伎を観ている先達から「菊五郎の『土蜘』 は観ておくほうがいいよ」と親切なるアドバイスをいただきながら、 見送りである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/08 12:03
劇話§芸術祭十月大歌舞伎夜の部
『牡丹燈籠』の通しと三津五郎の『奴道成寺』を観た。10月に怪談と 道成寺で桜ってのは季節的に何だかなあとは思わないでもない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/16 12:02
悼話§望月朴清さん(小鼓奏者)
歌舞伎座の舞台後方に長唄が入った時、しばしば演奏する姿を見た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/27 12:01
劇話§九月大歌舞伎“秀山祭”は見送り
食指を動かしたのが、玉三郎の『阿古屋』しかなかった。一度は見て おかねばとは思うのだが、他の演目に食指が動かず9月の歌舞伎座は 見送ってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/21 12:22
劇話§“納涼大歌舞伎”第三部
『裏表先代萩』……勘三郎、政岡は初役だそうである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/29 12:02
劇話§“納涼大歌舞伎”第二部
暑さが和らいだとはいえ、一番気温の高い夏の午後に歌舞伎座まで行 くのはしんどい。それでも第二部のチケットは売り切れである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/28 12:01
劇話§さてと“納涼大歌舞伎”である
うだるような暑さが少しづつおとなしくなってきて、気がつけば盆も 過ぎ、既にして“納涼”という言葉がそぐわなくなってきそうだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/24 12:03
劇話§NINAGAWA『十二夜』歌舞伎座
既に自分の記憶力が信用できなくなっているのだが、これが一昨年に 観た舞台なのかと思った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/24 12:03
傷話§役者バカとバカ役者の境界
何が起こったのか、報道で知る以上の範囲は出ていない。風呂場でガ ラス戸を蹴破ったとか何とか……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/19 12:04
沙話§再演『十二夜』七月歌舞伎座
新作の再演には積極的に足を運んでやろうという思いがあるので、今 回も発売早々にチケットを購入した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/29 12:05
悼話§観世栄夫さん(能楽師)『実朝出帆』
自動車事故があって、気がついたらお亡くなりになってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/11 12:05
劇話§ネタバレ『三人吉三』コクーン歌舞伎
生きた犬は不要 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/11 12:01
劇話§六月大歌舞伎『妹背山』とか藤間齋
みっちりと重かった前半3時間『妹背山婦女庭訓』である。観終わっ た時は息も絶え絶えだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/05 12:01
劇話§六月歌舞伎見物二題〜税の小咄付き〜
何を思ったか、歌舞伎座の昼の部に行く。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/01 12:03
振話§“市川海老蔵”を考える
客席通路のほんの眼の先を“散歩”する与三郎に溜息をついて、芝居 に絶望する。海老蔵を観るといつもそんな繰り返しである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/16 12:02
劇話§五月大歌舞伎(昼の部)追加
今月の一本目は『泥棒と若殿』という山本周五郎の小説を劇化したも ので、初演時は病気休演の役者に代わって、まだ若手だった中村源左 衞門(当時助五郎?)が大抜擢で泥棒の役をやったという。若殿役は、 中村賀葎雄。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2007/05/10 12:04
劇話§五月大歌舞伎・新橋演舞場(夜の部)
吉右衛門の法界坊が観たくて新橋に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/08 12:05
劇話§五月大歌舞伎・團菊祭(昼の部)海老蔵
爽やかな5月の歌舞伎見物を台無しにしたのは市川海老蔵である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/07 12:02
劇話§四月大歌舞伎『魚屋宗五郎』勘三郎
終演予定21時15分のところが10分延びた。いい意味で延びたように思 う。延ばしたのは勘三郎。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/25 12:04
悼話§中村四郎五郎さん(歌舞伎役者)
飄々とした舞台姿が楽しい名脇役だった。最後に舞台姿を見たのは、 2月の歌舞伎座『忠臣蔵』三段目で「えへん! バッサリ!」をする 伴内の家来の頭。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/24 12:05
劇話§四月大歌舞伎『角力場』目障りな黒衣
子供の“黒衣”が芝居の邪魔をしていた。濡髪で出演している人間国 宝である中村富十郎の御曹司かと思われるが、そういうことは普段で も珍しくないことなのだろうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/24 12:03
劇話§四月大歌舞伎『実盛物語』太郎吉
仁左衛門の実盛が素晴らしかった。何というか本当に過不足なく、し かもきっちり表現していた。大向うの「当代一!」もむべなるかな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/24 12:01
悼話§青島幸男さん、岸田今日子さん
選挙の投票行為であれほど後悔したことはなかった。都知事選で青島 幸男に一票を投じて当選させたことである。もっともあの時は選択肢 がなかった。都市博だけに反応した我が身を愧じる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/21 12:03
悼話§永山武臣さん(松竹会長)
この人は、新しい歌舞伎座の完成を見届けるまでは死なないだろうと 思っていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/14 12:17
芝話§ミュージカル『ペテン師と詐欺師』
新聞の劇評が好意的だったので、久々に日本のミュージカルでもと思 って出かけてがっかりして帰ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/06 12:11
悼話§中村源左衞門さん(歌舞伎役者)
歌舞伎を観始めてほんの数年で、芯になる役者から主要な脇役まで、 本などを頼りに覚えてきた。その中の一人である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/23 12:15
劇話§十月大歌舞伎『髪結新三』
髪結新三……幸四郎の役ではないなあ、新三は。などと文句 をつける前に、六段目で興をを殺いだ家橘に比べて、白子屋 店先で吉之丞が演じたお内儀の様子の見事さに感心。完璧な 脇というものを見せつけられた。もちろん本人は“いつもの ように”演じているだけなのだろうが、彼我の差は比ぶべく もなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/16 12:04
劇話§十月大歌舞伎『五段目・六段目』
初心者状態は相変わらず続いているものの、それでも複数回 観た演目も次第に増えてきている。五段目&六段目も髪結新 三もどちらも3回目である。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/16 12:02
劇話§ほどなく十月大歌舞伎夜の部
『仮名手本忠臣蔵』の五段目、六段目を、仁左衛門が勘平を 演じるというので楽しみにしている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/13 12:18
悼話§吉田玉男さん(文楽人形遣い)
何しろ文楽の実演自体が、この数年で数回という出席率なの で、何がどうのこうのとは言えない。この人の実演に接した のは一回だけだった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/02 12:02
劇話§九月大歌舞伎“秀山祭”昼の部
いくぶんか涼しくなってきて、ようやく観劇するにもいい季 節になりつつある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/20 12:01
劇話§八月納涼歌舞伎〜福助・福助・福助〜
週末に行ってきた。観たのは第一部と第二部。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/21 12:41
劇話§秀山祭九月大歌舞伎
昼の部だけを購入した。本当に久々に高麗屋・松本幸四郎と 播磨屋・中村吉右衛門兄弟の顔合わせが実現することになる。 去年『床下』で“共演”しているというが……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/15 12:02
劇話§十二月大歌舞伎昼の部・勘太郎
週末、昼の部を観てきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/12/19 12:52
劇話§歌舞伎の“継承性”と坂田藤十郎
中村鴈治郎から坂田藤十郎の襲名には、どこか継承するもの に対する意味合いが欠如しているように感じる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/12/14 12:32
名話§中村鴈治郎改め坂田藤十郎?
というわけで、いくつかの説明を読んでも、なぜ中村鴈治郎 が坂田藤十郎を襲名するのか理解できないでいる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/12/13 12:21
劇話§十二月大歌舞伎夜の部
『恋女房染分手綱』『船辨慶』『松浦の太鼓』の三本立て。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2005/12/12 12:04
劇話§十一月顔見世大歌舞伎
今月は昼の部だけを観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/11/21 12:27
劇話§十月大歌舞伎『加賀見山旧錦絵』は……
先週末に観てきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/10/24 12:25
劇話§納涼歌舞伎『法界坊…隅田川続俤』
何年ぶりかで一等席での観劇。舞台が近くて芝居がよく見え るが、花道が人の頭で隠れて首をかなり回さないと出も見え ず。七三になってやっと足元まで見えるのは、雰囲気として は満点なのだが、もう少し舞台も花道全体を見たい。贅沢な わがままではある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/29 12:22
劇話§NINAGAWA『十二夜』歌舞伎座
蜷川はシェイクスピアに遠慮し、歌舞伎に遠慮した気がする。 残念ながら、シェクスピア的カタルシスも歌舞伎的カタルシ スも得ることができなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/01 12:20
劇話§歌舞伎・松島屋・初代・片岡千之助
去年の11月歌舞伎座顔見世興行で、初代片岡千之助を名乗っ 『お祭り』で初舞台をふんだウルトラマン好きのかわええ! まーくんについて書く。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/12 12:57
劇話§来月の歌舞伎座『十二夜』
通常の日程でない上に、昼夜同一演目なのでどうなることか と気をもんでいたら、チケットの売れ行きもそこそこの様子 でご同慶の至りである。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2005/06/30 12:32
劇話§今月の歌舞伎…盟三五大切と桜姫
今月の歌舞伎座は夜の部のみ、その代わりにコクーンで福助 の桜姫を観ることにしている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/06/10 12:04
劇話§歌舞伎……役者と観客の狭間
観客に見透かされる舞台ほど白々しいものはない。それは、 “予定調和”優先で演じられる歌舞伎からしたら、ずいぶん な物言いかもしれないが、それでは歌舞伎がこれすべて予定 調和だけで興行が成り立っているかといえば、そんなことは ない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/06/02 12:58
劇話§十八代目中村勘三郎襲名披露…五月
5月についてはけっこうしつこく書いたので、ここで繰り返 すつもりはない。せっかくなので、この3か月の三勝を勝手 に選んで見たいと思う。つまり殊勲、敢闘、技能であるが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/06/01 12:10
劇話§十八代目中村勘三郎襲名披露…四月
4月の勘三郎は、昼の部『京鹿子娘道成寺』の花子と『与話 情浮名横櫛』に金五郎で付き合い、仁左衛門の与三郎と客席 をお散歩。夜の部は口上と『籠釣瓶花街酔醒』に出演した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/31 12:56
劇話§十八代目中村勘三郎襲名披露…三月
口上を除けば、この月勘三郎が出演したのは『一條大蔵譚』 (昼)と『近江源氏先陣館・盛綱陣屋』『鰯賣戀曳網』(夜)だ った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/30 12:01
劇話§十八代目中村勘三郎襲名披露…総括
昨日で3か月に渡る歌舞伎座での披露公演が終了した。これ から大阪や名古屋、京都、さらに地方巡業も控えているので 先は長いが、とりあえずの一区切りで少しほっとしているこ とだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/28 09:17
劇話§歌舞伎の今日性『研辰の討たれ』再…4
オペラに限らず、西欧舞台芸術は舞台設定の読替えを恐れな い。これは20世紀に入った頃から既に始まっていたようで、 1930年代には燕尾服姿の俳優がシェイクスピアを演じたとい う記録もある。さすがに演出家主導が強かったこの流れも、 手詰まり感が強く、ゆるやかに転換期を迎えつつあるような 気がする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/26 12:29
劇話§歌舞伎の今日性『研辰の討たれ』再…1
歌舞伎が400年の間に培ってきた様式美をもって「これこ そ歌舞伎」と思っている人はおめでたい。そういう人は今月 の『研辰の討たれ』が理解できないだろう。歌舞伎という存 在を高みへと祭り上げてしまう硬直性が、歌舞伎を現代から 駆逐してしまうだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/23 12:21
劇話§五月歌舞伎座『髪結新三』勘三郎
昨日の歌舞伎座昼の部がはねて外に出ようとしたところに、 時ならぬ盛大な通り雨(雹も降ったらし)で、出るに出られぬ 人達を尻目に折畳傘を広げてさっさと東銀座の駅に入った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/16 12:08
劇話§感想『野田版・研辰の討たれ』の見方
感想を書くつもりが偉そうなことを書いてしまったので…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/10 12:56
劇話§中村勘三郎『研辰の討たれ』
伝統芸能と持て囃されてその上に胡坐をかいていると、あっ という間に客からそっぽを向かれてしまう。そのことを痛い ほど自覚している数少ない役者の一人が新・勘三郎である。 彼は「停滞は衰退」ということが分かっているのだ。中村座 やコクーン歌舞伎での試みを、歌舞伎座にまで持ち込む事も 厭わない。一歩でも二歩でも聴衆より先に進んでこそ、歌舞 伎が将来にわたって持ちこたえる存在にするべく奮闘してい るように思える。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/09 12:52
劇話§五月大歌舞伎・中村勘三郎
チケットが取れたので、五月大歌舞伎の勘三郎襲名公演に、 昼夜出かける黄金週間である。昼は『髪結新三』が楽しみ。 夜は、何といっても野田版『研辰の討たれ』再演である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/04/28 12:15
悼話§最後の越後瞽女……
「最後の越後瞽女」小林ハルさん死去(新潟・黒川村) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/04/25 12:41
劇話§勘三郎襲名『籠釣瓶花街酔醒』
昨日、4月16日は肌寒い土曜日だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/04/17 23:39

トップへ | みんなの「舞台」ブログ

  ビッグイシュー基金      
ひだまりのお話 舞台のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる