ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 旨話§マグロのおいしい憂鬱

<<   作成日時 : 2005/04/23 13:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

マグロが好きだ!

寿司屋に行って「お客さん、いいのが入ってますよ」などと
言われたら、喜び勇んで……酒のつまみに赤身づけ、握りで
赤身、中トロ、大トロ、巻いてもらうは赤身に葱トロ……と
マグロづくしで、マグロと心中しても本望である。

ああ、こんなにおいしいマグロなのに。それでもつまらない
大人の自制で何とかバリエーションをつけて「俺はマグロだ
けの人間じゃねえ」とかごまかしてみたりする。

幼少のみぎりの偏食が、この年齢になっていくらか改善され
たとはいえ、冷凍技術がまだ未熟だった時代の山間地育ちの
人間にとって寿司ネタにロクなものはなく、海老も茹でたも
のしかなく、初めて生の甘海老を口にした時には「世の中に
こんなうまいものが……」と溜息をついた記憶がある。当然
マグロも家で食うと買ったばかりで食卓にのぼらされたため
ガチガチの未解凍だったりして、悲しい思いも一度や二度で
はない。

まあとにかく赤身が好きで、深紅に黒がかった御本尊を見る
と理性を失いそうになるし、口に入れたら30秒は口がきけな
くなってしまう。ああ、なぜ? どうして? こんなにおい
しいの? と問うても御本尊は既に胃の腑に収まって胃液ま
みれになっているわけだが。

一つ不思議なのは、カツオの刺身(タタキもまたしかり)には
興味がないということである。なぜなのか理由はわかってい
るのだが、その話はまた後日。

★ひだまりのお話★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
旨話§マグロのおいしい憂鬱 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる