悼話§アン・バンクロフトさん(Mrs.ロビンソン)

アン・バンクロフトが亡くなった。『奇跡の人』のサリヴァ
ン先生や、『愛と喝采の日々』のベテラン・ダンサーなどが
記憶にあるが、何といっても『卒業』のミセス・ロビンソン
に尽きる。

倦怠期の中年夫人が大学卒業間近の近所のぼんぼん(ダステ
ィン・ホフマン)にちょっかいを出して誘惑する。ところが
ぼんぼんは彼女の娘に恋したもんだから……

言われてみれば、少し辛めのソープ・オペラということなの
だろうが、そのありがちな粗筋の映画を見事に格上げしたの
がデイブ・グルーシンの音楽であり、全編を通して使われた
サイモン&ガーファンクルの美しい歌の数々であった。

いつしか、映画は記憶から薄れはしたが、S&Gの歌声は、
その世代ならではのノスタルジーとしていまだに残っている。
彼らとビートルズと、どれだけ英語の助けになってくれたこ
とか。

★ひだまりのお話★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック