食話§幻のカレー屋“タカオカ”の記憶

タカオカが閉店してもう10年くらいになるのだろうか。今で
も懐かしく、そしてあのカレーをもう一度食べてみたいと、
思わせるものがあった。

“タカオカ”は店の前名を“VANカレー”と言っていたが
どうやら有名トラッドブランドと同名だったのを指摘された
らしく、タカオカになってしまった。

カレーはポーク、チキン、ビーフの3種類あって、¥400
~¥500だったと思う。どれもしっかりと煮込まれており
さほどのスパイシー感はなかったものの、コストパフォーマ
ンスも高く食べ応えのあるカレーだった。

カレーと同時に特筆されたものが食べ放題の“酢油キャベツ”
で、これとカレーとご飯のバランスが絶妙であった。昼食時
の行列は当然のことで、突然の閉店があまりに惜しかった。

タカオカがあったところには現在、すずらん通り側から入る
中華料理店のビルが建っている。

★ひだまりのお話★

この記事へのコメント

まr
2005年07月18日 14:10
はじめまして。
タカオカさんは,神保町から台東(秋葉原の先)へ移って営業しておられましたが,そちらも2001年6月の末に閉店されました。偶然最終日に伺ってカレーと酢キャベツをいただきました。

カレーも案外流行り廃りがあって,このところはタイカレーからスープカレー,次は何が出るのかなという流れですね。

この記事へのトラックバック

  • VAN カレー ――神保町'70s (1)

    Excerpt:  神保町付近で,かつて昼食にもっともよく行ったのは VAN カレーだった。1丁目 Weblog: IIZUKA T's racked: 2006-03-13 17:16