ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 都話§東京生活…11〜歩いてみると〜

<<   作成日時 : 2005/09/30 12:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昔々、財布はいつも寂しかった。だからではないが歩くこと
をいとわなかった。おかげで巨大な東京の街々のつながりを
把握できるようになった。

銀座から日比谷公園、桜田門、青山通りを歩いて渋谷までと
か、三田の慶應義塾から天源寺、恵比寿、渋谷まで。さらに
秋葉原から総武線沿いに新宿まで歩いてみた。もちろん皇居
一周などはさっさと済ませてしまった。

銀座から上野まで歩行者天国がつながっていた時は、2往復
くらいした記憶がある。上野から浅草、原宿から代々木とか
苦もなく歩いていたのである。

そうして街と街の関係、どこにどんな建物があるとか、歴史
的なポイントとかも頭に入っていった。

それより少し前、まだ地図の読み方が怪しかった頃のこと、
地下鉄の赤坂見附から目指す目標を見つけられずに、まった
く逆の方向を歩いていて、大火事で多くの犠牲者を出したホ
テル・ニュージャパン横の坂道をてくてく歩いて登ったら、
それが新坂で、通称・遅刻坂と呼ばれている坂だとわかった。
登りつめた右側に日比谷高校があったのだ。

中学生時代に、芥川賞を取った庄司薫の『赤頭巾ちゃん気を
つけて』
という小説を読んで、日比谷高校のあれやこれやを
知識として持っていたので「なるほど日本の中心に位置して
いる高校なんだ」ということを実感した。

★ひだまりのお話★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
都話§東京生活…11〜歩いてみると〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる