酒話§立ち呑み“U”は1か月ぶり

天気も上向いてきそうなので久々“U”に行ってみた。

最後に行ったのが9月上旬だったので、本当に1か月以上の
ご無沙汰であった。店は相変わらずの盛況で、早い夕方であ
るにもかかわらず、瞬く間にテーブルは人で埋まった。

去年の10月は肉豆腐が出てたような気がして、昨日は肉豆腐
目当てに行ったのだが、まだ保冷ショーケースがあって枝豆、
笹蒲鉾、スパゲッティサラダが並んでいた。ちょっとがっか
りはしたが、気を取り直して今年のお名残とばかりにスパサ
ラを注文、それと生湯葉イクラ。

いつもどおりに黒ホッピーと中1を頼み、呑みきったところ
で中2を追加して残りで割る。この店は回転がいいせいか、
たまに出かける地元の居酒屋で注文する黒ホッピーよりも鮮
度がいいような気がする。地元の居酒屋で見回すとホッピー
の注文がほとんどないのに気づくのだが。

というわけで滞在40分、ご予算1100円で、ちょっと夏の
名残りの立ち呑みとなった。

★ひだまりのお話★

この記事へのコメント

IIZUKA T
2005年10月13日 13:21
実は昨夜“U”に行ったのですが,満員でした。まあ,1人なので無理すれば入れないこともなかったのですが。今日たまたま,勝谷誠彦『今宵もとことん、食う!呑む!叫ぶ! 一夜一殺、魂の食べ手 勝谷誠彦の行きつけの店』(ダイヤモンド社)を立ち読みしたら,“U”が出ていました。

この記事へのトラックバック