車話§初めてのレンタカー&左ハンドル…1

海外旅行で車を運転するのは“想定外”のことだった。

もう数年前のこと、旅行中の移動手段として車が必要な状況
を生じさせてしまった。目的地はその前年に行ったところと
ほぼ同じで、目的地に効率よく到達して快適な滞在生活を送
るためには自動車が必要だと結論づけた。そして準備開始。

やることは大きく三つあって自動車の予約、国外免許証の取
得、現地道路の把握である。

自動車の調達は、目的地最寄の空港構内にあるレンタカー会
社から一社を選びインターネットで予約。希望はあくまでも
オートマチック車である。これまでの旅行では車を使う必要
はなかったが、車を運転してみたいとは思っていた。ただし
欧州ではマニュアル車が主でオートマが少ないとかいう理由
で二の足を踏んだということもある。というわけで、事前に
念には念を入れてのダメ出しをした。

国外免許証は、運転免許試験場に行って申請すれば、簡単に
取得できる。一年期限というのが煩わしくて、一回旅行する
ごとに取得し直すのである。せめて3年有効とかにならない
ものか……。ともかく出発の2か月前には取得した。

次に道路であるが、ロードマップや現地の詳しい地図を購入
し、日頃からペラペラと眺めて頭の中にインプットしつつ、
シミュレーションも行った。

かくして実践となった。初めての左ハンドルに加えて無謀な
ことに成田から現地に飛んで、その日の午後6時からいきな
り運転を始める
というスケジュールになってしまった。日本
時間は翌日の午前1時である。日本の我が家で起床して20時
間が経っていた。

★ひだまりのお話★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック