ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 再話§ドレスデン・フラウエン教会の再建

<<   作成日時 : 2005/10/31 12:26   >>

トラックバック 1 / コメント 1

画像

昨日、ドレスデンのフラウエン(聖母)教会が60年ぶりに再建
され記念行事が行われた。

1945年の2月、連合軍の無差別爆撃によってドレスデンは街
の大半が破壊された。街の象徴であったフラウエン教会も、
ほとんど原型をとどめずに破壊され、社会主義政権時代には
瓦礫が“象徴”として積み上げられていただけだった。

再建工事が始まったのは1996年。できるだけオリジナルを生
かしてはめ込むという巨大なジグソーパズルのような工程を
粘り強く続けて今日の再建となった。

再建のための寄付が募られ、世界中から寄付が寄せられた。
ドレスデンを訪ねるごとに再建工事現場に赴き、その都度い
くばくかの寄付をさせてもらった。

初めてドレスデンを訪れたのは1998年の冬。凍てつくエルベ
河畔を歩いて向かった先には、巨大な四角い箱覆いに包まれ
た教会の再建工事現場があり、その歩みはゆっくりとしたも
のだった。もちろんあるべき外観をイメージさせるものはな
く、おびただしい黒色の石が工事現場横の集積場で旧に復す
るのを待っていた。

最後に訪れたのは2003年、納められたばかりの鐘の鳴らし初
めの日だった。教会前の広場には3万人もの市民が新しい鐘
の音を聞くためだけに集まり、幾種類かの鐘が鳴らされるほ
んの30分ほどの間、身じろぎもせずに立っていたのだった。
そうした姿は一介の通りすがりの異邦人に深い印象を刻みこ
んだのだ。

それから2年、ジルバーマンオルガンの設置や内装工事を経
てようやく教会が完成した。ドレスデン市民の思いがどれほ
どのものか想像もつかない。

できるだけ早い時期にドレスデンを再訪し、再建なったフラ
ウエン教会に足を運ぼうと思う。

写真は2003年の時のもの。エルベの河原から眺めた風景で、
右から2つ目の塔は宮廷教会で、一番左の覆いがかかってい
るのがフラウエン教会である。

★ひだまりのお話★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
NYP ドレスデンのための子守歌
■Maazel Conducts Dvor&aacute;k's "New World" Symphony ...続きを見る
オペラキャスト
2005/12/08 17:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
私も2003年6月7日、ドレスデン聖母教会の前に立って、帰ってきた鐘が鳴らされるのを聞いていました。同じ場所にいた方の話を読めて、感慨があります。
下の私のHPの掲示板で、少し聖母教会のことも触れています。
http://homepage2.nifty.com/via_regia/mitteleuropa/
ベックメッサー
2005/12/08 22:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
再話§ドレスデン・フラウエン教会の再建 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる