熱話§着々と鍋の季節に入っていく

気温の下降につれて、いよいよ鍋が恋しくなってきた。こと
さら季節にこだわるわけではないが、鍋といったら冬でしょ
う。

ここ数年の定番は、やはりキムチ鍋である。辛いのが好きだ
し、何より温まるし簡単だしで出番が多い。

作り方というほどではないが、キムチ、豚バラ、大根、長葱、
豆腐(厚揚げでもうまい)を薄めの味噌出汁で煮る。コクを出
すために納豆を入れるといい。ひき割り納豆を使えば叩く必
要もない。取り分けたところで揚げ玉を少しかけてやると、
ひと味加わる。味のしみこんだ豆腐や厚揚げがたまらなく美
味でビールもガンガン進む。そのままご飯に突入しても何の
問題もない。鍋がまんまおかずになるのである。

あっさりと食べたかったら“豆乳鍋”がいいかもしれない。
豆乳と出汁を同量鍋に入れて、弱火で豚バラや蟹脚肉、それ
にホウレン草や茸を煮る。火が通ったところを表面に張った
湯葉をからめながらポン酢で食べるのである。煮込むうちに
豆乳が小さく凝固してきて豆腐っぽくなるところもうまい。

そうそう、水菜と油揚げを薄味の出汁で煮た“ハリハリ鍋”
も忘れてはならない。これまた何も考えずに簡単に作れて、
あっさりとうまい。

いよいよ考えるのが面倒だったら湯豆腐で十分幸せである。

★ひだまりのお話★

この記事へのコメント

2005年11月01日 00:57
そうなんです。キムチ鍋には納豆です。なんでも韓国の味噌に納豆によく似たものがあるそうで、本当、コクが全然違ってきますよね。そうそう、トムヤンクンの素を使って魚介の鍋をやってもスコブルです。取り皿にナンプラーとレモン汁を用意。パクチー(香菜)を薬味にすればもう最高。鱈なんかでも美味しいですよ。

この記事へのトラックバック