鉄話§長い座席は7人掛けです

電車の座席に座って向かいを観察しているとなかなかの悲喜
劇に出合うことがある。

最近の通勤電車の長い座席は大体7人掛けがデフォルトで、
始発駅とかでそれなりの乗客が乗るとバランスよく7人が座
れてめでたい状態であるのが、次第にというか、あまり考え
ない客(老若男女問わず)がどちらかに多目の隙間をつくって
“六人掛け状態”が成立することがある。

さあ、そうなった時には“ゆったり六人掛け”という天国状
態は長続きせず、多目の隙間にまず一人が座る。そして勇気
ある……大抵はおばさん(爆)……乗客がごく狭い隙間にお尻
をはめこもうとするのである。かくしてあまり考えずにゆっ
たり座ったつもりになっていた客の表情が徐々に曇ってくる
のである。それが大股開きの生意気な兄ちゃんだったりする
のが見ていておもしろい。たまに耐え切れずに席を蹴立てて
しまったりするも“あはれ”なり……。

座席を埋めているのが女性だけだったりすると、8人座るの
は意外とたやすいようにも見える。ただ、どう座っていよう
と無理矢理に席を広げさせようと試みる向きがいて、その時
はまあしかたがない。

昨日は、そこそこ込み合った電車で、そこに杖つきの老人が
ヨタヨタと視界にはいったので、脊椎反射的に立って譲って
しまった……もはや譲るほど若くはないのだが……。

★ひだまりのお話★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック