悼話§ショパン猪狩さん(コメディアン)

「レッドスネイク、カモン!」でおなじみ東京コミックショ
ーのショパン猪狩が亡くなった。76歳。

“偉大なるマンネリ”というのはまさに彼と相方である夫人
とのあの50年近くなっても変わらない、あの蛇コントのこと
を言うのである。初めて見たのがいつだったか、あまりに遠
い昔で記憶が定かではないが、当時NET(テレ朝)日曜正午
からの『大正テレビ寄席』で、牧伸二がウクレレを弾きなが
ら「日曜のお昼だよー」と言っていたあの番組である。

一発芸でも「残念!」のように、あっという間に忘れ去られ
てしまうものもある中で生き残る一発芸もある。もちろん、
昨今の消費されている若いお笑いのように、始終テレビに露
出しているわけではない。皮肉にもそのおかげかどうか、ご
くたまに(それこそ2、3年に一度とか)テレビで「レッドス
ネイク、カモン!」の勇姿に接することができると、はなは
だ大げさにも「日本人に生まれてよかった」と思うのである。

あの悠揚迫らぬテンポは、一度でも実演に接したかったと思
わせるものがある。

★ひだまりのお話★

この記事へのコメント

2005年11月29日 14:01
まことに残念なことです。ショパン猪狩の大ファンだという松任谷由実さまが、生のスネーク芸を見るというテレビ番組をもう大分前に見た記憶があります。確かに「生」に接したい芸でしたね。カメラの入らない生ではきっとエロいことなんか言っていたんでしょうね。

この記事へのトラックバック