劇話§すっかり息切れの歌舞伎見物

12月も歌舞伎座に昼夜と出かけるが、すっかり息切れしてし
まった。

昼の部は勘太郎の『三社祭』を、夜の部は玉三郎の『船辨慶』
を楽しみにしている。

特に、今年目覚しい成長を見せた勘太郎には期待したい。父
親の襲名でさらに自覚が出たのか、あるいはたまたま成長す
る時期にあたったのかはわからないが、彼の踊りのスピード
とリズム感は若手、ベテランの中でも比較する相手を見つけ
るのがなかなか難しい。

心配なのは七之助で、不祥事と合わせて足踏みが続いている
ように感じる。もちろん先は長く、成長は競争ではないので
あせる必要は何もない。

などと書きつつ、正月恒例の浅草歌舞伎も買ってしまった身
である。

★ひだまりのお話★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック