ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 天話§12月前半で既にこの豪雪

<<   作成日時 : 2005/12/16 12:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1週間で230cm、1日に30cm以上積もったということにな
ってしまう。ちょっと想像ができない。

そう思って、たまに巡回している環境庁の尾瀬沼にある、燧
ケ岳を望むライブ映像に飛んで、同じ日で連続5年の映像を
チェックしてみた。

結果はご覧のとおり歴然である。

確かにこの数年は暖冬傾向で、尾瀬あたりでも本格的な積雪
は年末から年明けにかけてで、去年など20日頃でも屋根の積
雪はほとんど認められず、雪ではなく雨だったのではないか
と想像される。

例年ニュースで日本海側の屋根の雪下ろし風景を見ていて、
それこそ画面越しに何とかならないものかと慮ってしまう。
おそらく誰でも、屋根にヒーター線をめぐらすとか、道路の
融雪装置よろしく温水を流すとか、そんなことは考えている
に違いないのだが、さて実際の話具体的な対策はどうなって
いるのだろう。

西高東低の天気図と衛星写真での日本海の細かい筋状の雪雲
を見ると、本格的な冬が早くもやってきてしまったと思わざ
るを得ない。

★ひだまりのお話★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
天話§12月前半で既にこの豪雪 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる