ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 閉話§小川町の“鶴八”がどうやら店仕舞

<<   作成日時 : 2006/02/27 12:48   >>

トラックバック 0 / コメント 2

何回か店まで行ったり、電話を掛けてみたりもしたが、今年
になって、神田小川町“鶴八”が店仕舞いしたようである。

そう頻繁に使えるわけではないが、2か月に一度とかにふら
りとお酒を呑みに行っていた。突然の閉店でうろたえている
のである。なかなか“他にいい店はいくらでもある”などと
軽々に言えるような店ではなく、代わりとかはないのだ。

メインは店の中心に据えられた菊正宗と賀茂鶴の樽。ここか
ら片口に一度落として正一合の枡にきっちり入れる。枡酒も
いいが、いつも頼んでいたのは硝子のとっくりに二合半の樽
冷だった。

頼むものは季節ごとに大体似たようなもので、酒はまずヱビ
スの生、それから賀茂鶴の樽冷二合半と、興にのった時だけ
たまに菊正宗の一合枡。肴は夏だったらすくい豆腐、冬だと
湯葉つくねか海老芋煮おろし、それに加えて四季折々の白身
の刺身といったところ。

誰にも邪魔されずに地下のカウンターで静かに呑む時間は、
たとえ2時間足らずのものであっても、心も体もリラックス
して家路を辿れるのだった。

さて、本当に困った。どこかに静かでじっくりと酒の呑める
店を見つけなければならないが、これがまたそういう作業が
苦手なので……初めての店に入るのは本当に……当分の間は
使い勝手のいい店を探して彷徨うのだろう。

+今日の富士山……×

★ひだまりのお話★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
閉店、本当に残念。そして、本当に困っています。実は、明日知り合いと行くつもりだったのです。その人は初めてなので地図を送ろうと検索していて、このタイトルを見つけました。「そんなー!」と一応電話をしてみたら、やはり。この記事を読ませていただいて、助かりました。
 鶴八はそんなに頻繁には行かなかったけれど、ちょっとしまっておきたい一軒でした。先代(?)のおひげのご主人、最近はお店に出ていらっしゃいませんでしたね。最近といっても、もうずいぶん長くですが。注文と料理のこと以外で客と話すことはなかったけれど、言葉を交わすととても温かみのある方でしたね。
 ここに限らずですが、個人のいいお店がだんだん少なくなっているように思います。神保町界隈で料理がおいしくて、ゆったりしたお店、
探さなくては。
chokorin
2006/04/13 20:19
コメントをありがとうございます。

季節感に疎い人間にとっては、旬の
物とか季節の物とかを出してくれる
ありがたい店で勉強になりました。

いや、本当に困っています。冗談で
なくです。値段はそこそこ取られま
したが、酒や料理はもちろんそれに
加えて店の雰囲気で通っていたわけ
ですから“代わる店”などおいそれ
とは見つかりそうにありません。

さて、今日はどこに呑みに行こうか
と考え込んでしまいます。
HIDAMARI
2006/04/14 13:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
閉話§小川町の“鶴八”がどうやら店仕舞 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる