悋話§『忍たま乱太郎』の“きりちゃん”

忍術学園で日々勉強する3人の主要な忍たま(忍者の卵)は、
どちらかといえば落ちこぼれ当落線上を渡り歩くドジなキャ
ラクターである。

忍たま乱太郎は主役のくせにさほど突出したキャラではなく
いつも鼻垂れのしんべヱは大喰らいが取り得なくらいだが、
もう一人がなかなかユニークで笑わせてくれる。彼の名は、
きり丸(通称:きりちゃん)で、何がおかしいといって“ケチ
でお金が好き”なのである。

道を歩いている時に“チャリン”と金属音が聞こえようもの
なら、両目が瞬時に寛永通宝と化して「小銭、こじぇに、コ
ジェニ!」
と叫びながらお金の行方を速攻で探し回るのであ
る。そのケチという性格の故、ある時宿敵である稗田八方斎
(ひえたはっぽうさい)が、いわれなく命を狙われた折の会話
「恨まれるようなおぼえはない“ただ!”」と言った、その
“ただ!”に反応して狂喜乱舞をし「きりちゃん・・・」と
乱太郎にたしなめられるのである。

とまあ他愛のないアニメが、ETV平日の夕方に放送されて
いる。もちろんリアルタイムで見れないので、馬鹿馬鹿しく
も録画したりするのだが。

そのきり丸に感化されてか、道を歩いている時の金属音に敏
感になった気がする。この間などターミナル駅の地下通路を
歩いていて前方で“チャリン”という音が聞こえた。その瞬
間我が身はきりちゃんとなり「小銭、こぜに、コジェニ~」
とつぶやきながら足元に視線を移すと、果たせるかなはるか
先から転がってきた50円玉を発見。さすがに持ち主を見つけ
出すこともままならない状況だと判断して、申し訳ないと思
いつつありがたくポケットに入れさせていただいた。

心当たりの方は遠慮なく申し出てください。

★ひだまりのお話★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック