測話§★☆★1分2敗、一次敗退★☆★

横目でテレビ観戦していた先週のキリンカップだけで勝手に
予想していた“久保落選、巻当選”が現実のものになるとは
思わなかった。

画面から感じられるゴールへの執念は、明らかに巻のほうが
優っていたように思えたからである。まあ、スコットランド
にあれだけガチガチのディフェンスをされたら、入るものも
入らなかったとは思うが……。

2002年のワールドカップが終わって、監督がトルシエからジ
ーコに代わった最初の代表戦で、トルシエの“呪縛”から解
き放たれたからか、のびのびとしたプレイを見せていた記憶
があるのだが、あれは何だったのだろう?

ジーコは「課題は見えてきた」を繰り返すばかりで、およそ
戦略的な動機づけをしていないように見える。未だに日本の
サッカー・プレイヤーの能力に懐疑的な身としては“トルシ
エ以降”も、もう一期啓蒙的な監督の起用のほうが効果的で
はなかったかと思ったりしている。

ワールドカップ初ゲームとなるオーストラリア戦まで1か月
を切ってしまった。この先神懸り的に得点力がアップするこ
とはほとんど期待できないだろう。

というわけでWM2006ドイツ大会の日本チームの成績予想……

★☆★1分2敗、一次リーグ敗退★☆★

……という厳しいものである。そりゃあ、2勝1敗みたいな
ケースもあってほしいとは思うが、前々大会も前大会の時も
自分で立てた予想が当たったので、その客観性には幾ばくか
の自信を持っている。この4年間の代表戦の勝敗など、何の
意味も持たないのだ。

6月23日になってこの予想がはずれることになるだろうか。

★ひだまりのお話★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック