酒話§ちょいと、ふらりと、炭火焼き鳥

時間を持て余してしまった土曜日の夕方、ふらりと近所の焼
き鳥屋に行った。

鶏を塩で焼いてもらって、豚バラのねぎまにジャガバタなど
などを頼んで生ビールに日本酒をスルスルと呑む。いくらな
んでも野菜が足りないわなあと思って品書きを見ると“スナ
ップエンドウ”てのがあったので注文。

緑も鮮やかなエンドウさんが茹でられて皿にのって出てきた。
上に削り節とサイドにはマヨネーズが添えられている。ちょ
っと醤油を垂らして酒のアテにはちょうどいい。

王禄を二合頼んだが、調子がよくてサラリと空けてしまった。
おだてられてもう一合……枡酒なので脅して大量に皿にあふ
れさせた……呑みつつ、笹身山葵を頼んだ。

刻み海苔と多めに頼んだ山葵がのった白い鶏身はあっさりと
少し過ごした日本酒の邪魔をせずに、一緒に往生してくれた
のはありがたい。

締めには、醤油味が濃い目の焼おにぎりを熱い出汁に落とし
た“お茶漬け”がオプションで入れた梅干の酸っぱさ満点で
心残りはない。

劇話§十八代目中村勘三郎襲名披露…総括

新・勘三郎襲名公演からあっという間に一年が経ってしまっ
た。大きい襲名披露公演はほぼ一段落というところで、話題
は、歌舞伎座の建替えとかそういったところだろうが、それ
はもちろんのこと、中堅の飛躍を期待しているところである。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック