遠話§今回のドライブと国境越え

現地到着後、空港のレンタカー・カウンターでチェックイン
し、車をピックアップした。

12時間のフライトの後にアウトバーンあり、国境越えあり、
山道ありの130kmほどを走破しなくては目的地に着かない。
長旅の疲れをごまかしながら順調にアウトバーンを走らせる
が、100km走った出口のところが300mほどの渋滞で、
なかなか進まない。そういえば、その出口に接した一般道は
国境検問所があって、それが渋滞を引き起こしているのだと
思った。はたして一般道とインターチェンジ上下4つ、それ
に検問所が加わり、おまけに信号がなく“融通”しあって車
がゆっくりと行き来しているのだった。

国境はパスポートを見せることもなく、顔パスだけで無事に
通過、コンテナトラックの行列を尻目に2か国目に入国。10
分ほどで、目指す山道にさしかかった。日本でギリギリまで
現地の天気をチェックしていて、フリースの上着を追加した
りしたが、標高1000mほどの峠道の左右には除雪された雪が
「雪だ!」とわかるくらい残っていたりして前途の多難さを
慮った。陽気は先週半ばには好転し、ワールドカップでは暑
さに苦しめられているのはテレビのとおりである。

2時間をオーバーした後ようやく目的地の宿にたどり着き、
1杯の白ビールをもらって眠りについた。

正味9日間の運転で1200km以上を走り、国境線を延べで4回
越えた。そのうちの2回はEU間の往来だったので検問所す
らなかった。

サークル“ビール純粋令”推奨協議会

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック