岩話§ビートルズがやって来た!

団塊の世代以降の年齢の判断材料として、以下のものが利用
される。

●東京オリンピック、東海道新幹線(1964年)
●ビートルズ最初で最後の来日公演(1966年)
●日米安保、大阪万博(1970年)
●札幌オリンピック(1972年)

こういった事項の記憶がどうであれ、同世代としの前後とい
う認識ができると思っている。これに1974年の長嶋茂雄の引
退まで加えてもいいだろうが、それ以上先に伸ばすのは意味
を持たないだろう。

こうして事項だけ眺めると、日本が経済成長を進めていて活
気のようなものが感じられた時代ではなかっただろうかと思
う。もちろん別の視点で見れば大学紛争や新左翼による一連
の事件……よど号ハイジャックだとか浅間山荘だとか……も
起きていたりして、万事OKとまでは言い切れるわけではな
い。それはどんな時代を切り取っても必ず光と陰が存在する
ということである。

というわけで、今年はビートルズが来日公演をして40年経っ
た年にあたる。彼らの存在を知ったのは、たぶん東京オリン
ピックの直前の頃。学校で年長の兄弟に吹き込まれたらしい
お調子者が「女みたいな髪の毛をしたガイジンがこんな歌を
歌ってるんだぜ」とか言って、でたらめな歌を歌ってみせた
のが最初である。それからほどなくして彼らの映像を見た。
少女達の嬌声から逃げ走りまわる姿だった。

それからしばらく彼らについての記憶は途絶える。ベンチャ
ーズの軽やかなサウンドに惹かれて、興味が移っていたのだ。
そして来日公演と一連の騒ぎで興味が再開する。

何年か前に1970年生まれの女性と世代とかの話をした。彼女
は「万博の影響なのか我々の知りあいに“博子”という名前
が多い」と言ったことに、即座に「そりゃあ“上の字”は使
えなかっただろうよ」といって苦笑をされた。  

★ひだまりのお話★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック