涼話§八月納涼歌舞伎~歌舞伎座建替え~

タイトルを変換したら最初に出たのが“8月の雨量歌舞伎”
だった……。

ずうっと出演していた勘三郎が巡業でお休み。顔ぶれを見る
と少し弱いかなとも思うが、三津五郎の踊りが見たいので、
一部、二部と出かけることにした。合わせて故坂東吉弥の孫
小吉が初舞台ということもある。そう多く見た訳ではないが
渋い脇役で存在感のあった役者さんなので、亡くなった時は
もう少し見たいと思ったのだった。

ところで朝日新聞の特集記事の中で、新・歌舞伎座の完成が
2010年となっていた。来年中には解体工事が始まったりする
のだろうか。高層化とかするとなるとそれだけで工期は延び
ていきそうな気がする。

歌舞伎座が閉じられている間、演舞場とかの歌舞伎公演の比
率は高くなっていくのだろうが、あの小屋もキャパシティが
大きいわけではなので、さて他に松竹がどんな小屋を持って
いるのかと考えてみたがわからない。

歌舞伎好きとしては新しい小屋の完成も楽しみだが、その間
の観劇状況についても悩み深いものを持っている。

【去年の今日】 祭話§夏・京都・祇園祭・八坂神社

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック