ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 敬話§敬う心というもの

<<   作成日時 : 2006/07/21 12:03   >>

トラックバック 2 / コメント 0

こういう類の人間を右翼視することは“真の右翼”からは、
間違いなく「あんな馬鹿と一緒にするな!」という声が聞こ
えてくることだろう。

九×九枡の盤面で小さな木の駒のやり取りをして勝負を決め
る団体の長はどこかの自治体の教育委員であるが、いつだっ
たかの園遊会の折に、天皇陛下に向かって滔々と愛国教育の
“徹底”を説いたところ、天皇から「それは個人に帰する」
といった“思ってもみなかった”言葉をいただいたのをうろ
たえて「おっしゃるとおりでございます」とか答えたらしい
が、その後天皇の言葉を正しく実践しているのだろうか。

もっとも名人戦の主催者を個人の裁量で勝手に動かそうとし
ているらしく、かの団体は大揺れの最中で、おまけに個人的
問題も抱えていて見苦しいことこのうえないのだ。

右であると左であるとかに関係なく、いつから彼のように心
根が卑しく見えるような人間が跋扈するようになったのだろ
うかと思う。

ここは日本であって、他国の人間を無理矢理拉致したり、好
き勝手にミサイルを乱発するような国でもないし、他国に軍
隊を出して民主主義を押しつけるような国とは違うのだ。

“ああいう国”にはなりたくないと思うのに“ああいう国”
が“首領様”をそうするように“無理矢理”国を敬わせよう
とするとは。

右翼の押し付けも左翼の身勝手も要らない。

昨日の靖國神社に関する天皇の発言メモを巡る反応を見てい
ると、彼のメッセージを理解する以前の姿勢に疑問を抱いて
しまう。常に“自分らの都合”である。

★ひだまりのお話★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
居酒屋 ZUIKU C/W YOTABANASHI
「居酒屋」(せきみつぎ著・文芸社刊)より、著者の承諾を得て、ZUIKU(随句)と酔っ払いのYOTABANASHI(与太話)を抜粋して掲載しています ZUIKU(随句)は俳句と川柳に似ています 店長オススメの一冊です ...続きを見る
居酒屋店長
2006/07/24 13:32
将棋名人戦朝日新聞へ?
朝日新聞が「名人戦」主催権“奪取” 棋士総会名人戦を毎日が続けるか、朝日に移すかでかなり揉めましたが、一応の形が出ましたね。しかし個人的には驚きました。羽生、森内の毎日支持の表明があってほぼ決まりかと思われたのですが鐔ワ愁鐔ァ&笋呂蟶眄&未埜靴靴い海箸&燭&隆&里房卒兇箸靴胴圓&呂い燭里任靴腓Δ&佑─&&&自称)800万部、毎日200万部という点からも朝日が良いと考えたのでしょう ...続きを見る
続・ささかま徒然ブログ
2006/08/01 20:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
敬話§敬う心というもの ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる