悼話§吉村昭さん、鶴見和子さん

吉村氏の作品にはほとんど縁がなかったが、しっかりしたス
タンスで創作活動をされていたということは知っていた。

鶴見さんは、彼女が現役の大学教授だった頃にその大学……
地上に出た地下鉄の眼下にグラウンドがある……を受けて、
ものの見事に落とされたという接点である。のらくらした高
校生で、その当時彼女がどういった業績を創りだしていたか
そんなことすら知らなかった。

いずれにしても、よく知っていようがそれなりに知っていよ
うが、そういった年代の人達の訃報に接することがどんどん
増えてきてしまっている。それだけ自分自身の年齢も進んで
いるということなのだ。

【去年の今日】甘話§ケーキ、タルト、ガトゥ……3

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック